3561 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

くるりと出会って めぐり会った音楽のパズル

世界の京都音楽博覧会

2007年くるりを強烈に好きになった。
きっかけは アルバム【Tanz Walzer】
今まで聞いていた くるりの音楽とは別世界のアルバム
その中の1曲 【ジュビリー】
一気に くるりの世界に溺れた。
オーケストラの美しい音が輝く名曲である。

京都音楽博覧会
毎年秋に開催している くるりのフェス
この出演者が錚々たるメンバーで、このフェスの参加により、私の音楽の幅がすごく広がった。
奥田民生・アジカン・Mr.Children・斉藤和義・小田和正・木村カエラ・ハンバート ハンバート・10-FEET、石川さゆり・八代亜紀・マイア・ヒラサワetc…

邦楽から世界の音楽、演歌まで、沢山の音楽が、京都梅小路公園に広がる。
この場所から、汽笛、小鳥の声、水が流れる音などが聞こえる中で、幅広い色んな音楽が聴けるとても贅沢な時間。
まるで、世界旅行に行っているみたいな一日を過ごせる。

くるりの魅力は色んな音楽のパズルを組み合わせ、彼らのピースひとつずつはめ合せていく音楽。
昔見たサーカスのような、おもちゃ箱をひっくり返したような、わくわく、ドキドキ 懐かしさがある。
次はどんなピースをはめていく音楽だろう。

くるり最新アルバム【thaw】
心のなかの悪魔・鍋の中のつみれ
曲名を見ただけでは、どんな音楽なのかわからない。
そこが、わくわくする1つの理由。
聞くと、あ、やっぱり くるりが好きだと実感してしまった。
新旧揃った 素晴らしいアルバム。くるりを知らない人に、ぜひおすすめしたい。

2020年になって、名曲【東京】を聞いてもまったく古さを感じない。
さすが、くるりである。
早くライブハウスで、新しい彼らの音楽破片を集めてパズルを完成させたい、

くるりのライブを見る日々が来るのを今は待とう。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい