3898 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

the pillows 30周年記念映画「王様になれ」によせて

それは奇跡か、必然か。

こんな映画にはきっと二度と出会えまい。
ロックバンド発案のオリジナルストーリー映画。
バンドの歴史を紐解くドキュメンタリーでもなければ、ライブフィルムでもない。
誰も見たことがないことだけは確かの、前代未聞のオリジナル企画。
一体、どんな映画になるのか。果たして、それはどんな結末を迎えるのか。
結果、それは不安を一掃しても尚余りある、定石からはみ出した奇跡の、本気の、途方もなく素晴らしい作品だった。

ただ今にして思うのは、こうなることは、奇跡のようでいて、きっと必然だった。
この映画はthe pillowsというバンドがたった一人の「キミ」を裏切らず、信じた道を貫いてきたという事実が呼び寄せた奇跡に見える必然であり、彼らの輝きを増し続ける歴史が生んだ類まれなる作品である。

そもそもこの映画はthe pillows 山中さわおがバンドの30周年を記念して、何かこれまでの日本バンド史に類を見ないことを、そしてthe pillowsがどんな人に愛されたバンドだったのかを後世に残すための作品をと、発案作成された。
その内情はカメラマンを志す青年が主人公のれっきとしたオリジナル映画だ。
主人公がthe pillowsファンのヒロインに出会い、the pillowsの魅力に引き込まれていくというオリジナルストーリーに絡めて、作中にはthe pillows本人はもちろん、ゆかりのあるミュージシャンが多数出演する。随所にこだわりと熱量が詰まった正に“全てのチャンスボールにフルスイング”した作品である。

主人公の祐介が目標に近づくためにもがく様は気迫迫るものがあり、選び取った大好きなものが自分の日常に徐々に馴染んでいく様は恐らく誰しも覚えがある感覚で、共感を抱くとともに改めて自分が選び取ってきたものを誇らしく思い返す機会をくれる。
実際のミュージシャンがライブシーンや、それ以外の様々な場面で入れ替わり立ち替わりスクリーンに出演してくるのも、非常に楽しく愉快だ。
何より作中に絶妙なタイミングで流れるthe pillowsの楽曲が素晴らしく、改めて輝きと説得力を持って胸に迫る。
この映画が「the pillowsがどんな人に愛されたバンドだったかを描く」というテーマを飛び越えて、音楽ファンや映画ファンを中心に、強く心に響く映画になっていることは間違いない。

ただ、一つ誤解を恐れずに言えば、バスターズ(the pillowsファンの呼称)なんていう曖昧模糊とした存在を、よくもまあ、チーム一丸となって信じたなと。
そもそも公開前の段階から、SNSで情報を発信する際にthe pillowsの歌詞を盛り込んだ宣伝を打ったり、HPのメニューコンテンツに「バスターズ」の文字を紛れ込ませてみたりと、始まりからこの映画は公開を待ち望んでいるであろうバスターズに向けてひっそりと、確かにメッセージを発信し続けてくれていた。
この度、発売になったブルーレイ・DVDの特典映像は本編を越える220分のボリュームという一点を見ても、この作品がいかに熱量高く大切に作られた作品かおのずと知れるものである。
もちろんthe pillowsの映画なのだから、上記のことは当然とも言えるのかもしれないが、作中のみならず、それ以外の部分でも、終始どれだけthe pillowsに宿る精神を落とし込んだ映画か、それをチーム一丸となって目指しているかが伝わってくる映画だった。

そのくせ、作中に流れる楽曲のタイミングや選曲、登場人物たちのセリフ一つ一つ、どこを取っても決して押しつけがましいところがなく、the pillowsというバンドの魅力や、楽曲の素晴らしさは楽曲がおのずと語っている。
原案はもちろんバンド発信、山中さわお発信だが、その事実を差し引いても、ストーリーと楽曲の親和性があまりにも絶妙なのだ。
それはきっと、バンド側だけでなく、映画製作チーム全体がthe pillowsの意志を汲み、その魅力を感じ取った上で作品に反映させようと苦心したからに違いないと、手放しにそう思えて余りある、奇跡のような作品だった。
正に映画は音楽のためにあり、音楽は映画のためにある。
映画と音楽、この二つが絶対的に同じ大きさの両輪となってこの作品を動かしている。
そしてその状況を生み出したのは紛れもなく、これまで30年間の間歌い続けられてきたthe pillowsの楽曲であり、彼らの歴史そのものなのだ。

そもそもthe pillowsは万人に広く愛されるバンドではない。
むしろ一部の人に熱狂的に愛され、支持され続けるバンドである。
そんな彼らの長い歴史の中で、どの時代の名曲も現在の彼らの姿と少しも乖離しない。
むしろ彼らが転がり続けることによって、彼らの名曲はより説得力を増し、輝きを持って迫ってくる。

― 昨日まで選ばれなかった僕らでも 明日を持ってる ―

映画のポスターでも一面を飾った「ハイブリッド レインボウ」の一節。
このフレーズに振り向いた人たちだけに、支持されるバンドであり続けた。
だからこそ、the pillowsというバンド自身も、the pillowsの名曲たちもいつも今が一番輝かしい。
独自の歩みの中で、the pillowsは彼らを信じるファンとの間に強固な絆を築き、宝物のような名曲を生み出し続けてきた。そして信じたものの価値を疑わず、自分たちだけが辿り着ける頂点に到達する瞬間を幾度となく示してきた。それがthe pillowsなのだ。

そんな類まれなる歴史を持つコアなバンドだったからこその、この映画だった。

― 拍手は一人分でいいのさ それは君の事だよ ―

彼らの歴史を決定づけた重要曲「ストレンジ カメレオン」の一節と寸分違わず、いつもたった一人の理解者たる「キミ」を裏切らないでここまできた。転がり続けて尚、今が一番輝かしいバンドであるからこそ、これほどまでに強固な世界観を作ることができたのだと思う。

この映画が作られたということそのものが、まるでthe pillowsの歴史みたいだと思うのだ。
もっとわかりやすく誰にでも開けた映画にもできただろうし、the pillowsをよく知らない人にも楽しんでもらえる映画として思い切った舵きりをすることもできたと思うが、この映画は「the pillowsファンに刺さる映画」という一点のテーマを恐ろしいほど譲らないまま、「みっともなくても諦めずもがく人に刺さる映画」として、心に迫るエンターテインメント作品に昇華している。
譲らないで自分の信じるものを歌うというthe pillowsの楽曲に宿るDNAのようなものがこの映画にも確かに宿っている。
きっと、the pillowsが譲らずに持ち続けた精神と映画の主人公がリンクして、その意志はそのままこの映画そのものの意志として息づいたのではないか。
だからこそ、バスターズという一見、曖昧模糊とも思われる概念をこんなに信じ切って、受け取る人の存在を信じて、凄まじい熱量を持ってして、映画と音楽の親和性が凄まじく高い作品に仕上がったのではないか。
だからこそ、単にファンに刺さる映画の域を越えて、前代未聞の過程を経ながら、刺さった人には一生の宝物になるような素晴らしい熱量の籠った映画になったのではないか。

これは商業要素や、損得勘定などを脇に置いて、気持ちが積み重なってできた映画だ。
断ったら映画の話自体なくなるというプレッシャーがありながら、監督を引き受けたオクイシュージ監督。
主人公と同じように、the pillowsの魅力に引き込まれながら撮影に臨んだという主演の岡山天音さん。
魅力的なヒロインを演じた後東ようこさんが元からthe pillowsを好きな人であったからこそ、成立したであろう幾多の名シーン。
多数のミュージシャンがこぞって出演を快諾していることにも、the pillowsというバンドの求心力の高さを感じさせる。
色んな前提や固定概念を取っ払って、熱意や気持ちがどんどん乗っかって生まれていった映画だったから、こんなにもあらゆる奇跡を感じさせる映画になっているのだと心底思う。
他ならぬthe pillowsだから、この境地に辿り着けたのであり、そんなthe pillowsの歴史に共鳴を覚える人たちが集まることによって生まれた奇跡。
このどちらがなくても、この映画はきっとこんな境地には到達しなかった。

― 揺るぎない情熱は 未開地を進んで 昨日まで知らなかった 花に見惚れる 
夢うつつ手懐けて 自由自在 気分次第 脳細胞の支配下で世界を創れ 王様になれ ―

まるで、映画タイトルにもなっている「王様になれ」そのもののような映画だ。
揺るぎない情熱によって、この映画は正に未開地を切り開いたのである。
一介のロックバンドの記念映画が、それも前代未聞のオリジナルストーリーかつ、バンドのファンに視点を置くという類を見ない切り口の作品が、確実にファンの胸を打ちながらも、それだけにとどまらずエンターテインメントに昇華し、途方もない熱量と気迫を感じさせる素晴らしい作品になったという事実。
この映画がそれだけ素晴らしいものとして作られ、バスターズの元に届いたという事実。
同時に、この映画を一生忘れない、宝物にする、そんなふうに刺さった人には一生の指針になるような素晴らしい作品として届けられたという事実。
その事実こそが、the pillowsの歩んだ歴史が間違いなかったことを、その歩みの独自性と素晴らしさを同時に証明している気がするのだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい