3911 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「主演の女」へ

椎名林檎が教えてくれた女性の生き方

私は人生で、常に誰かと比較して生きてきた。誰よりも勉強ができるか、陸上のタイムは誰よりも速いか、誰よりも良い大学へ行ったか、誰よりもクリエイティブな質問をしているか、誰よりも早く就職活動を始めているか、誰よりもインターンシップに行っているか、誰よりも目立っているか、など。同時に、自他の努力の量を比較し、私は誰よりも努力しているのに報われないと嘆く。私自身が超弩級の不器用なので、私より努力していないのに成功する、要領の良い人間を恨んで生きてきた。

大変お恥ずかしいことに、以前までは「常に誰かと比較して生きてきた」ことさえも気づいていなかった。それを気づかせてくれた女性は他でもない椎名林檎である。

高校時代までの経験や大学でフェミニズムを学んでいることで、女性は男性に比べ生きづらさを感じることが多いように考えていた。そんな時に、私は椎名林檎に出会ったのだ。

彼女は私に、他でもない私という一人の女性として生きること、物事を深く考えることを受け入れ、誇るべきだと教えてくれた。あおぞらを聴いて「本当の自分に正直で飾らないあたしで良い」と知った。ありあまる富を聴いて「言葉は嘘を孕んでいる」こと、「価値は生命に従って付いている」ことを知った。歌舞伎町の女王を聴いて「女に成ったあたしが売るのは自分だけで 同情を欲したときに全てを失う」ことを知った。小さな木の実を聴いて「広いこの世界 お前のもの」だと知った。一人の「あたし」という女性として生きることに、生きづらいなんてない、むしろまっすぐに生きるように歌う彼女の歌詞に、私はひたすら救われた。

中でも主演の女には、とても影響を受けた。この曲によって、比較ばかりする自分に気づき、考えられるようになった。

「追い付けない」なんて云うのね、知ったこっちゃあないわ
追い付こうと思っているから恰好が悪いの

私はこれが、自分に言われているように感じられたのだ。誰かに追いつこう、誰かに負けたくない、そうやって常にベクトルが「自分」から「他者」に向かっている自分に。そう解釈した瞬間、胸に痛みが走った。

ヤりかた次第で必ず楽しめるのよ
何故ならほら人生の主役はあたし
最優秀賞受賞!

私の人生には多数の登場人物が出演している。しかし主役は一律なんて訳はない。主役は誰が何と言おうと「私」だ。異性を含め他者と比較することは、同時に自分という一人の女性に自信がないこと。まず自分が一番。自分に自信を持とう。それによって比較をしなくなる。そう考えられるようになった。まだまだ他者と比較することは多いが、自分としっかり向き合い、自信をつけたい。そしていつか、他者と比較しない「主演の女」になりたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい