3898 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

愛してくれと叫べ

愛し愛されたいと願う、私とサンボマスター

人生はままならない。

私が精一杯頑張って手に入れたものを、手慰みのお遊びで超えていく人がいる。

私が欲しくて欲しくてたまらなかったものを、当たり前みたいに持っている人がいる。

それなのに、「羨ましい」と叫ぶことは、いけないことだと人は言う。はしたないことだと人は言う。

じゃあ、一体、この気持ちはどうすればいい?
胸の奥に押し込めようとしたって、ちっとも大人しくなってくれやしない。諦めて見ないふりをしようとしたって、「こっちを見てよ!」と喚き散らす、この気持ちをどうすればいい?

叫べばいい!

なんの躊躇いもなくそう言ってくれるのは、いつだってロックンロールだった。

私が飲み込んだ言葉を、代わりに叫んでくれるのは、いつだってロックンロールだった。

サンボマスターの音楽は、私にとってそういうものだ。

私は、彼ら以上にストレートに愛を歌い、愛を乞うバンドを他に知らない。

「愛してる愛して欲しい」ー『愛してる愛して欲しい』
「アイ ラブ ユー 君」「ユー ラブ ミー 僕」ー『I Love You』

彼らの楽曲を聴いていると、人間には愛が必要なのだという当たり前のことを思い出す。
そうして、愛が必要なら、欲しいと言えばいいのだということも。

愛することは簡単だ。愛する主体は自分だから。だから、「愛してくれ」と言うよりも、「愛してる」と言うことの方が簡単なのだ。

だけど、私は、私たちは、誰だって愛されたい生き物なのだ。

ならば、求めればいいのだ。だって、私たちには愛が必要なのだから。
愛が欲しいと叫べばいい。真っ暗な世界を変えるために、愛が欲しいと叫べばいい。サンボマスターのように。

馬鹿みたいに卑屈な私は、一方でこうも思う。

叫んでどうなる。
私が叫んだところで、世界は変わらない。

そう、ロックンロールで世界は変わらない。変わりやしないのだ。

だけど。だけど、だけど!
悲しくて泣いた日、評価されなくて泣いた日、愛されたくて泣いた日、音楽を知らなかった私は、ひとりぼっちだった。
だけど今は、ロックンロールがそばにいてくれる。
それが全てなのだ。

だから人よ、叫べ。
愛してると叫べ。そして愛を乞え。

愛してくれと叫べ!

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい