3898 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

back numberの音楽が教えてくれたいろんなこと

私にとって特別な「NO MAGIC TOUR 2019」

これは、音楽に思い出を彩ってもらって、音楽を通じて素敵な友人たちの存在を再認識した、20代女のback numberのライブの記録。
 

2018年11月。

「オールドファッションのCD、もう買った?」

実家の母と、一人暮らしの私。
離れた別の場所から同じ某連続ドラマをともに観ていた私たち。放送中や放送後「いまめっちゃ泣いてる」「つらい」「ねー」と他愛もない文章のやり取りをよくしていた。
たまたま実家に帰って一緒にドラマを観ていた際、母の口から出てきたのが上記の言葉だ。

『まだ買ってない』
「買ってたら貸してって言ったのになぁ〜。そしたら買っちゃお」
『買ったら貸して』
「ほんじゃ代わりにいつかライブ連れてって」
『え!母本当に行くなら喜んでチケット取る!』

私が音楽を好きになったのも、幼い頃からいろんなコンサートやミュージカルに連れ出してくれた母の影響だった。
 

そんな会話をした数ヶ月後、母が天国へ旅立った。

憎き癌の存在は数年前からわかっていたが、元気だった母との突然のお別れは、言葉にできないほど悲しくて、悔しかった。
 

その約1ヶ月後、back number「NO MAGIC TOUR 2019」日本武道館。
7月下旬、暑い夏の日。
2013年、母の癌がわかって間もない頃、彼らのワンマンライブを観た場所。彼らを武道館で観るのは、それぶりだった。あのときも確か、ちょっと暑かった。

久々に会う2人の友人と合流し、写真を撮ったり、既に別公演を観ている2人からのネタバレを防いだり、他愛もない話をしながら会場に入り、開演時間を待つ。

決して「良席」とは言えない、ステージからは遠い席だった。が、そんなことどうでもよくなるほど、大好きなバンドのワンマンライブにわくわくしていた。
 

このときは、本編で大泣きしたり終演後にいろんなことを考えたりなんて、まったく考えていなかった。
 

周りが暗くなり、客席から歓声が上がる。
幻想的な演出。少し暗めな空間に、ステージ上に映るオーロラのような風景、優しい色の照明、ゆったりしたBGM。
異世界に来たような不思議な心地だった。

ステージにツアーのロゴが映った、と思うとバサッと幕が落ち、メンバーの姿が目に写る。同時に、ロック調のイントロと、先ほどよりも大きな歓声が会場全体に響き渡る。

数秒前のゆったりした空間から、バラードから始まるのかな、と勝手に予想していた私の考えは大外れだった。「大不正解」。
 

-補い合うのなんざご免なんだ
 さぁ好きに踊ろうぜ
 

きた!ライブに、きた!!!
久々の非日常さに、私の胸の高鳴りも一気に強くなっていった。いろんなことを忘れ、はしゃいでいた。

アップテンポな曲が続いた後に、始まったバラード。
音楽プレーヤーからだけではなく、毎週テレビからも聞こえてきたイントロだ。
 

-よく晴れた空に 雪が降るような
 ああそう 多分そんな感じだ
 

「オールドファッション」。
なんとなく、脳裏に浮かんだのは、観ていたドラマと、母だった。

「オールドファッションのCD、もう買った?」

母、好きだったなこの曲。
これ流れてくるタイミングで、ドラマの感想送ってたな。

ライブ、行きたいって言ってたな。
 

-花は風を待って
 月が夜を照らすのと同じように
 僕に君なんだ
 

気付いたら、自分でも驚くほどにぼろぼろ泣いていた。
この曲を違う場所から、一緒に聞いていたあの時期を思い出して、泣いた。実家で一緒に観た日もあったな。
心地よいメロディと、比喩がたくさん含まれた優しい歌詞。あぁ、確かに母、こんな感じの曲、昔から好きだった。

こんなにライブで泣いたのは、初めてだった。

その後バラードが続き、後に演奏されたのは「思い出せなくなるその日まで」。
 

-世界で1番大事な人が
 いなくなっても日々は続いてく
 

あれ?

今までは、この歌を「失恋の歌、大好きな恋人と別れた歌」だと思って聴いていた。

ここで、私がback numberを好きな理由をちょっとだけ挟む。
「大切な人への思い」を、綺麗に繊細に描いてくれ、歌詞の風景が、まるで目の前に広がるような不思議な感覚を持たせてくれる。私が彼らの音楽が大好きな理由のひとつだ。

ライブでは、更にそれを強く感じる。

その「大切な人」を、ずっと、恋人や好きな人に勝手に置き換えていた。

違った。

曲と向き合ってるときの状況やそのときの思いで、変わるんだな。そんな当たり前なことを、このときに初めて実感した。

彼らによって描かれる大切な人は、この日、私にとっては「母」だった。

力強く歌われ、演奏される彼らの曲。それを全身で感じる。生の音楽は、CDとは比べ物にならないくらい感情を揺さぶってくる。
いろんなことを考えてしまい、私の頭の中はぐちゃぐちゃだった。

曲が終わった後、揺さぶられて疲れたのか、全身の力が抜けて、無だった。

それから、いろんな曲が続いた。
大好きな「SISTER」「電車の窓から」「スーパースターになったら」などなど。本編終了まであっという間だった。
泣いたり笑ったり跳ねたり、ただただ感情のままに顔と体を動かした。楽しすぎて、良い意味で疲れた。
 

アンコール前、友人らがこっそり「なぁ、ちょっとネタバレしてもええ?」とスマホの画面を見せてくれた。

「最後の曲、手紙だけれど大丈夫?」

疲れて何も考えられかった私は、友人らが伝えたい意図を読み取れず『あ、そうなの?ありがとう』とだけ返していた。何故突然教えてくれたのかよくわからなかった。
 

アンコールが始まり、あっという間に最後の曲が始まって、先ほどのネタバレの意味をやっと理解した。
 

-嬉しい事があった時に 誰かに言いたくなるのは
 自分よりも喜んでくれる人に
 育ててもらったからなんだろな

「手紙」。もう、だめだった。
 

-あなたはずっと手を振って笑ってくれた
 帰り道迷わないように
 もし前を向けなくなった時も
 振り返ればいつも見えるように

それまで以上に母を思い出してしまい、嗚咽が止まらなくなるくらいに泣いてしまった。

-愛されている事に
 ちゃんと気付いている事 いつか歌にしよう

小さい頃からずっと可愛がってくれた母が、もういない。
私の予想以上に、私のことをたくさん考えて、心配して、愛してくれた母がもういない。
母と、もう会えない。もうこの世にいない。

いろんな思いが止まらなくて、ステージが見られないくらいに泣いた。
隣の友人が肩を支えてくれて、一緒に泣いてくれた。
寂しさと悲しさだけがただただ溢れてきて、優しいメロディに包まれながら、泣いた。
 

「他人行儀じゃなく、きちんと寄り添える曲をばかみたいに作っていきたい」「あなたと日本一深い場所で出会えるバンドでありたい」。

途中で、ボーカルの清水さんがこのようなことを言っていた。
少なくとも、私にはこの武道館という場所で、遠いステージからとても近くで寄り添ってくれているように感じた。とても、とても。
彼らのメロディだから、歌詞だから、こんなにいろんなことを感じさせてくれたのだろうな。

本当に、不思議なバンド。back number。
好きでよかった、行ってよかった。
 

ライブがすべて終わった後、一緒に観た2人の友人から「なんでこのタイミングでこのセトリなんって思った」「ちゃんと楽しめるか心配してた」ということ、
最後に「手紙」が演奏されることに、母を亡くしたばかりの私が耐えられるのか、事前に伝えた方がよいのかどうか、別の友人らにも相談していたと聞いた。

2人にとっては、念願だったback numberの武道館ライブ。それを私情で不思議な思いをさせてしまったことが、すごく申し訳なかった。

ただ、それ以上に、こうやって自分のことを思ってくれる友人たちがいることが、心から嬉しかった。
本当に、ありがとう。
 

音楽が、いろんな思い出を引き連れてくれて、描いてくれる。たまに、予想外な描き方をしてくれる。
音楽を通じて、一緒に楽しんだり悲しんだり、思ってくれる友達がいる。

そして、それを作り出して、寄り添ってくれるアーティストがいる。
 

それを再認識したライブだった。
もちろん、彼らの生で聴く音楽は本当に最高だった。ライブ後の幸福感とともに、不思議な感情が溢れていた。
 

この「音楽」という芸術に、そしてback numberに、きっと私は一生助けられていく。
だからこそ、これからも全力で楽しんでいかなければ。いろんな思いを繋いだり、残したりするために。
 

母、音楽と出会わせてくれて、ありがとう。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい