3561 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

米津玄師ニューアルバム「STRAY SHEEP」

「STRAY SHEEP」といえば、米津玄師と夏目漱石。二人の共通点とは?

 米津玄師さんのニューアルバムの題名が発表されました。
 その題名は『STRAY SHEEP』。
 ストレイシープ、迷える仔羊というと、聖書のマタイ伝ー一匹のいなくなった羊を探すために、残りの九十九匹の羊を野原に残して探しに行くーを思い出される方も多いかと思います。
 私は、夏目漱石の『三四郎』を思い出すので、この発表があった時は驚きました。
 なぜかというと、私は米津さんの考察をよくしているのですが、つい最近、「米津さんって、夏目漱石みたいじゃん。」と思ったことがあったからです。 
 米津さんの作品っていろんな人が考察していますが、いろんな角度からの考察に耐え得るんですよね。
 自分で考察していて、ちょっと鳥肌がたったのが“TEENAGE RIOT”。思春期をテーマにしたこの曲。思春期は心理学者の河合隼雄さんによると「子どもの自分が死に、大人の自分が生まれる時」だそうです。
 “TEENAGE RIOT”は「潮溜まりで野垂れ死ぬんだ」(死)で始まり、「歌えるさ カスみたいな だけど確かな バースデイソング」(誕生)で終わるのです。
 思春期=子どもである自分の死、ということを知っていたのか、感覚的に掴んだのか、あるいは両方なのかは分かりませんが、米津さんの作品は心理学的にも考察可能なんですよね。
 それで、夏目漱石ですが、内容とか精神性に米津さんとの共通点があるということが言いたいのではありません。
 私が学生の頃、それまで作家の生い立ちを研究するのが主だった文学研究が様々な手法で文学評論が行われるようになりました。女性をテーマにした「フェミニズム批評」、フロイトやユングの分析を用いた「精神分析批評」、変わったところでは、作品中の住居に着目したものもありました。
 その様々な方法の評論に耐え得る作家が夏目漱石だったのです。
 米津玄師も夏目漱石も、様々な方法の評論に絶え得るというのは、多層的、重層的に作品を作っているという共通点があると思います。
 ちなみに作品の内容や精神性で米津さんと共通点があるなぁと思ったのは、三島由紀夫です。それについては、また、いつか。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい