3575 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ペク・チヨン『美しき韓国歌謡』

~見送った先にあるもの~

素敵な音楽は人を癒し潤してくれる。

『しばらく経って』
*屋根部屋のプリンス*というパク・ユチョンとハン・ジミン主演の韓国ドラマに流れていた曲。
初めて耳にしたこの曲を聴いた時、
その美しさにたちまち涙が溢れた―…。
 

あなたには忘れられない人はいますか?
 

と、聞かれて思い浮かぶ顔。

記憶の中の住人の顔はいつも、
一番良かった頃のあの無邪気な笑顔で止まっていた。

切ない気持ちを秘かにしまって、
何事もなかったかの様に今日も街を歩く。

あの頃、そんな自分がいた。

“向かい合って交わした話
私たちだけが知っていた話
忘れられないみたい
この道を通れば好きだった記憶が
何度も思い浮かんで歩みを止める”

曲のこのフレーズが頭から離れなかった。

“思い出も星のように降り注ぐのに
涙が出る”

なんてピュアなんだろう。。

とてもほっとする。

近頃はなぜかアンモラルな恋が蔓延していて、
時々その相談話を聞いていると、
自分の見ている景色が根本からひっくり返されそうになることも少なくない。

正統ぶるわけではないけれど、
よこしまな事が私はあまり消化出来ない体質なんだろう。

真剣に聞けば聞くほどに、
私生活を汚された気持ちになる時もたまにあったりなんかする。

経験上、
人に胸を張って言えない状況の恋は一方的に信じることしかできないし、
その真実さえ幻と幻想に支配されてしまっているかもしれない。

それでも気にせず愛す場合もあるかもしれない。

盲目の恋はのぼせやすく、
理想とは違うあべこべの世界に不思議と人は堕ちてゆく。

美化しても真実は事実として
目の当たりにする日がいつかやって来るのに。

知った時に後悔しなければそれはそれで良いと感じるけれども…

色香を武器にした奸佞邪智の枕言葉は信じる以前の戯れ言なのでここで言うまでもないだろう。

恋人接客にのぼせ上がる自惚れもそれに値するが、
一時の幻に身を寄せたい時もあるだろう。
そこに何か歪んだ寂しさを感じるのは私だけだろうか。

手間暇惜しまず正面からぶつかることを恐れていては心底から満たされる事はないだろうから。

一度脱線してぼやけてしまった感覚は横着になって軌道修正するのは簡単にはいかないし厄介だ。

憂鬱な話題に嫌気がさした時、
そんな時にペク・チヨンさんの歌声が助けてくれる。

ピュアな恋愛を望む気持ちを高めてくれる良薬になる。

彼女の歌声は癒されて心が落ち着くし、
哀愁があるから好きになった。

韓国は“国民総歌手”と言われるくらい美声と音感の優れた方が多いと言われている。
当たり前だけれどその中から歌手が選出されているからペク・チヨンさんは議論の余地なく凄い歌手ということがわかる。

素晴らしい歌唱力を予感させるかの様に、
イントロは上質な心地良いピアノから始まってゆく。

ピアノから始まるイントロは何故こんなに引き込まれるのかわからないけれど、
好きな曲はピアノイントロの場合が多い。

共感してもらえるだろうか?、

Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」「Sign」「365日」などもピアノのイントロからすぐに気持ちが傾く。
ピアノの音色はピュアで透き通っているからだろう。

透き通った心で、
歳を重ねたとしても愛する人にはいつまでも恋をし続けてゆきたい。

お金・うしろめたさ・嘘偽りなど。
そんなものは要らない。
愛はお金で買えるわけでもないはずで。

できることなら濁り無いPure loveを求め続けて努力したいと思う。

一度きりの限られた時間を大切にして、
優しい心地のイントロが似合う様に・・・

綺麗な瞳に真っ直ぐ愛する人を映していたい。

ペク・チヨン『しばらく経って』
“ここであなたを待っていたら
会えるかな?
その時は言えるかな?
こんな私の気持ちを
会いたくて もっと会いたくなって
今日も歩みはこの場所が恋しくて
前に進む事が出来なくて 呼んでみる”

詞と重なっていたあの頃の自分が今となってはすごく遠い昔のことの様に思う。

あれからどれだけの月日が流れたのだろう。苦しかった。

すごく懐かしい気分で耳を傾けた。

このイントロは壮大で何か良いことを予感させてくれる広がりがある。

背中を押してくれているみたいに。

歌も恋の始まりもどこか似てる。

心境によってイメージが一新するイントロなのだと思う。

人が人から離れる時は、
もう相手から学ぶことが無くなったからだとどこかで聞いたことがあった。

また、去る時の態度はその人の本当の姿だと聞いた。

あの時、自分はどんな風に相手に映っていたのだろう?。。

しばらく経って、、、

あなたには忘れられない人はいますか?

と、聞かれて思い浮かぶ顔。

“一時も忘れず思い浮かぶ顔は毎日あなたです”

にっこり笑顔で微笑み合う。

あなたの為に私は今ここにいる―…

私の心は歩き出せた。

貴方に出逢えてよかったと、
そう心から言える日々を今は送っている。

大切な人を思い浮かべる時、
人は微笑み優しくなれる。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい