563 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年10月・月間賞 入賞 | 2017年9月12日

あい (33歳)
122
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

私の味方、挫・人間。

除霊の先に見えたもの

『弱者の味方 下川です』

ハッとするような、ボーカル・下川リヲの宣言で始まる、挫・人間の除霊ソング【下川最強伝説】
YouTubeがしつこく勧めてくるので、何とは無しに押した再生ボタン。初めて聴いた時から、下川くん、挫・人間は私の味方になってしまった。

さらっと書きましたが知らない人に説明すると、挫・人間はライブでこの【下川最強伝説】を演奏しながら除霊をするんです。…イメージできますか?できませんよね?当たり前だと思います。それでいいです。
一応誤解を解いておきたいのですが、挫・人間は、決して怪しい宗教団体ではなく、れっきとした、ばっきばっきのロックバンドです。(アイドルの時もある)

ボーカルの下川くんの叶わなかった初恋と、ライブに来ているぼく、わたしたちの叶わなかった初恋をこの曲で拳を突き上げる事によって成仏させるのが、挫・人間のライブでいう所の除霊。決してロックバンドにありがちな予定調和な行為ではなく、あくまで除霊なのです。あくまで。

『愛の前では社会常識なんて無力だーっ!』と突き上げる拳。この曲を聴きながら、みなそれぞれ誰かを頭に浮かべては、様々な思いを抱くのだと思う。側から見たら異常な、その盲目的な行為は初恋そのものに少し似ている。曲間で「ぼくが君の幸せを願えないのは君を愛しているからあーー!!」って、喉がはち切れそうに叫ぶ下川くんを初めて見た時の衝撃は忘れられない。愛しているならその人の幸せを願うべきだ、っていう観念を信じて疑わずにこれまで生きてきた私にとって、みっともないほどに醜態さらして愛を叫ぶ下川くんは、あまりにキラキラ眩しく、美しかった。彼はいつだって真っ直ぐでピュアで、瞬間湯沸かし器みたいな熱を持っている。いつもそのノンフィルターで私の耳に飛び込んでくる彼の内なる叫びに圧倒されてライブを後にする。

帰り道、除霊してなんとなくすっきりしながら、一体これはなんなのだろうか。私にとってそもそも除霊は必要なのか?ってぼんやり思うことがある。初恋がなんだったのか大して思い出せないくらいには遠くに来てしまっている。白状してしまえば私は既婚者だし、恋愛においてはもう引きずる思いも特にはない。別に除霊だけが目的で挫・人間のライブへ向かうわけではないのだけど、それでも除霊するたび熱くなるこの気持ちの正体。ようやく日の目をみたような、私の中に何年と置き去りにされてきた気持ち。どうやら蓋をあけてしまったみたい。

『直視しよう はじめまして』(下川 VS 世間)

ずいぶんといい子、他人にこう見られたい私、として生きてきすぎてしまった気がする。泣き喚くほど手に入れたいものがこれまでの人生にあっただろうか。全てを投げ捨てて守ったものが私の人生にあっただろうか。挫・人間のライブは私のありのままを受け入れてくれる場所だ。情けなくたってみじめだっていいじゃないか、私はもう少し自分のドロ臭さ、生臭さが見てみたい。自分の愚かささえも愛してみたい。

誰にでも経験があるだろう。一方的に抱いた誰かや何かへの思い。報われなかった気持ち。気づかないふりして飲み込んだ言葉。差し出されることのないたまっていく手紙…。そもそも勝手に一方的に思いを抱いておいて報いてくれなんて随分勝手な話なのだけど。それでも下川くんの前でなら突き上げた右手は救われる気がする。ライブで、「俺がお前らの人生を肯定する!!」って彼は叫ぶ。もう自分で自分の人生肯定するくらいの強さは必要な年齢の私だけど、それでも、彼のまっすぐな熱と強さと、そのピュアさに毎度ぶん殴られるような気持ちだ。いつも背中を押されている。その人がその人を全うして生きることの美しさをこれでもかと見せつけられる。いつだって彼らの無垢なほんとうを見たくて、何度でもライブへ向かってしまう。
 

『天国は地獄なの 清潔は不潔なの』
『永遠 とか 一瞬』
(☆君☆と☆メ☆タ☆モ☆る☆)

彼らは最大限にふざけているように見えて、生きることの真理をさらりと曲に落とし込むのがうまい。そうだ、物事の片面だけ見ていてはいつだって足元すくわれるのだ。
もうお祭りの前にはしゃぐだけの無邪気さなんて持ち合わせていないけれど、それでもその寂しい帰り道、ほんの数ミリの明日への希望を持てるオトナでありたいと願う。
楽しい時間も、あの人への思いも、繋いだ手も、必ずいつかは終わってしまう。確かに見えるもの、確かに触れるもののあっけなさ。これからもずっとその不確かさに泣いたり絶望して生きていくのだと思う。
生きるって悲劇だよ、って誰かが言ってたな。それでもそこに一瞬の喜劇を見たいと願う、どうせなら。

終わりがきたっていい。いつか挫・人間が除霊しなくなっても、私に除霊の必要性がなくなっても、世の中愛さなくなるまで愛してるの連続だとしても、それならせめて、こんなに夢中な今、この時間は、全力で最大の敬意を払って挫・人間を愛して味わいたいと思う。ただただ彼らがいてくれて、まるで事故のように私の人生に現れてくれたこと、本当にありがとう。それしかない。いつか消えてしまう日がくるのなら、せめてカタチで残したい。誰かが挫・人間を聴きたくなるような音楽文を書くつもりが、これじゃただの気持ち悪い恋文だ。でもこれが私だ、仕方がない。

今日もヘッドホンから挫・人間が聴こえる。

『それでも君に本当を伝えたいんだ アイラブユー』(セルアウト禅問答)

挫・人間が肯定してくれた私の人生。かっこ悪くていい、みっともなくていい、恥さらしでいい。私は私の人生を愛すのだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい