3713 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

愛し合う事の難しさ

Mr.Childrenの歌詞に綴られている答え

上手く愛し合う方法とは。

一度は誰もが考え、その度に中々結論が出ず頭を悩ませた事があるだろう。あるいは一つのそれらしき結論が生まれたと思いきや、やはり依然としてそれが答えだと主張出来るほど自信のある結論には辿り着けなかったりもする。
 
 

Mr.Childrenの楽曲「幸せのカテゴリー」という曲の歌詞にこんな文がある。
『誰かの忠告も聞かず
不吉な占いを 笑い飛ばしてた
まだ無防備だった頃
限りなく全てが
上手くいってるように思ってた
幸せってあまりに
もろく儚いものなんだね

日のあたる場所に続く道
違う誰かと歩き出せばいいさ
恋人同士ではなくなったら
君のいいとこばかり思い出すのかな?
当分はそうだろう
でも君といるのは懲り懲り』
 

僕はこの歌詞がまるで自分の事を歌っているのかと錯覚するほど共感してしまう。おそらくきっと、多くの人がそう思っているのだろう。
 

幸せは長続きしない。

恋をすると、まるで落雷に打たれたような、その瞬間から見える景色全てに彩りが加えられたような、そんな幻想に駆られる。
無敵のように感じ、永遠に寄り添っていられると本気で思ってしまう。別れが訪れるなんて、微塵も思っていない。この人の側に居られないなら、死んだほうがましと、。

だが、幸せはあまりに脆い。
徐々にすれ違いが生まれ、腹が立ち、亀裂が生じる。

別れを選んだけれど、当分は後悔し、君を想うだろう。でも君といるのはもう懲り懲りなんだ。そうこの歌詞には書いてある。

こんなに苦しいなら、初めから出会わなければ良かった。と、思ってしまう。

恋をすると盲目になる。そう思うと愛は幻想なのかもしれない。
何が正しい愛し方で、何がいけないのかなんて分からない、、

だが、この曲の最後の歌詞が一つの答えを提示してくれている。
 

『本当の自分なんて 何処にもいないような気がしてる
だからこそ僕らは その身代わりを探すんだね
恋の旅路は続くんだね

もう何も 望みはしないけど
最近はちょっぴり解りかけてるんだ
愛し方って もっと自由なもんだよ
君はいつしかその事に気付くのだろう
じゃあ その日まで
さよなら幸せの Category』

そう、桜井和寿さんは本当の自分の身代わりを探すため、恋をしていると言う。
2人で居れば、1人よりも上手くやっていける。本当の自分になれる。そんな恋を目指す為の長い旅路を続けているのかもしれない。
そして最後に桜井さんは愛し方はもっと自由な物だよ、と語っている。形にはまった愛だけじゃなくていい。どんなところに愛を見つけたっていい。

「愛し方は自由なもの」
これがMr.Childrenの歌詞に綴られている答えだった。

僕の人生の中でこれを知れたのは大きな宝物だ。

『』内はMr.Children(幸せのカテゴリー)より引用

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい