262 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

第1回 最優秀賞 | 2016年2月26日

岩出拓也 (20歳)

ASIAN KUNG-FU GENERATION
「転がる岩、君に朝が降る」に見る創作物と時代の在り方

「出来れば世界を僕は塗り変えたい 戦争をなくすような大逸れたことじゃない だけどちょっと それもあるよな」
“転がる岩、君に朝が降る”の歌い出しのフレーズである。冷たい冬の朝を連想させるような、美しいギターのイントロ。その直後にこの言葉は綴られる。そして、こう続く。
「俳優や映画スターには成れない それどころか 君の前でさえも上手に笑えない そんな僕に術はないよな 嗚呼…」
 とても切実で、どこか照れているようなこの言葉に、私は親しみを感じずにはいられない。薄暗い方向へ突き進む時代のイメージが脳に刷り込まれ、朝方のニュースを見て「これじゃいけないよな。何かを変えなきゃな」と思う。しかし現実には、身近な「君」という存在の前ですら上手く振る舞えない無力な自分がいる。凄く懐かしい感覚というか、少年期独特のやるせないモノが歌詞の中に充満している。
 この曲で表現されているのは、そんな何気ない無力感や、純真性の喪失であると個人的な感想を持った。切ないくらいのリアリティだ。そして、「凍てつく地面を転がるように走り出した」という最後の歌詞には、現実と向き合って、それでも生きようといった、前向きな覚悟が表れている。それはきっとリスナーへのメッセージなのだろう。まるで、2000年代の閉じた意識から、一歩外へ連れて行ってくれるような優しい曲である。
 思えば2000年代というのは、想像もつかないような大きなスケールの激変が勃発していた。「事件」「危機」、これらの単語が何度新聞の一面に掲載されただろうか。海の向こうで起きる悲劇と、その余波によって生じる近くの惨状。個人ではどうすることも出来ない圧倒的な現実は、あまりにも大きな影響を及ぼした。無力感と絶望が、無意識の内に人々の胸へ突き刺さる。
 その結果、まだ社会へ出ていない学生や子供たちでさえ夢を抱けない、そんな時代になってしまった。社会は、隙あらば若者たちの持つ純真性を奪おうとするのである。そうした風潮の中、日本のサブカルチャー界隈で生まれた創作の新たなジャンルが「セカイ系」だ。
 君と僕と世界を具体性無く繋いだものだとか、男の子の自意識内の葛藤を描いたものだとか……「セカイ系」とはこんな風な曖昧な定義の言葉である。調べるとやたら多くの説明が出てくるが、その共通点としては“閉鎖的”であることが挙げられる。
 言うまでもないことであるが、創作物は時代を反映する側面がある。同時に、創作物は鑑賞者への救済の装置として作動することも多い。「セカイ系」はある意味で、暗さに溢れた2000年代を象徴するものであろう。残酷な様相を呈する外の世界、そこから遮断された自意識の閉鎖空間に、若者たちは希望や夢を見出そうとしていたのである。言い方を変えるならば、自らの純真性を奪おうとする世界から、自意識を守る盾が「セカイ系」だったのだ。
 そんな「セカイ系」が完全に定着しようとしていた2008年、ASIAN KUNG-FU GENERATION、通称アジカンは“転がる岩、君に朝が降る”を発表する。その内容は、「セカイ系」のように君と僕を登場人物としていながら、決して閉鎖していない。喪失感に苛まれながらも、現実と向き合っているものであった。その姿勢はまるで、「塞ぎ込んでないで、前に進もうよ」と語りかけてくるようである。
 時代を映し、救いの装置となるのが創作物である。そして、新しい時代を指し示すのも創作物による表現だ。アジカンが「セカイ系」で凝り固まった場所に、新たな一歩をうながしたように。
 現代は、何かを言えばすぐさま批判が飛んでくるような世知辛い時代だ。それでも、新たなヴィジョンをもって歌う(これは音楽に限らず広義な意味で)べきである。「世界」を変えるなんておおげさなことではなく、誰かにとっての「セカイ」から抜け出す、大切な一歩目を応援することが、表現には出来るはずだ。それは明確にデータとして数値化されるものではない。しかし、どんな時代だろうが、どんな状況だろうが、それは、胸ポケットの下、皮膚の奥に隠れて存在する不定形の「何か」を突き動かしてきた。
転がる岩、英語にすればロックンロールといったところだろう。岩は、現代という凍てつく地面を転がっていく。夜の時代には、優しく差し込む朝日のような創作物が必要だ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
音楽について書きたい、読みたい