3894 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

生きづらい世の中、苦しんでいる人を救うことば

BUMP OF CHICKENに救われて

コロナ禍の現在、頑張っても頑張りとは関係ない事態で、
色々なことを諦めなくてはいけない人が少なからずいるはずだ。私もその中のひとりである。私はこの春から予定していた留学が白紙となってしまったからだ。

―――『諦めなければきっとって 
どこかで聞いた通りに
続けていたら やめなきゃいけない時がきた

頑張ってどうにかしようとして 
頑張りの関係ない事態で
ふと呼吸鼓動の 意味を考えた』(firefly)

留学のために必死でバイトをして、自分で留学資金を用意した。4月からは新しい環境で学ぶことを心から楽しみにしていた。しかし、留学が中止となり、周りが社会人になって働いている中、私だけ何も出来ない状況となり、悔しさと虚しさで胸がいっぱいであった。
そんなときにふと聴いた大好きなBUMP OF CHICKENの曲たち。

―――『一人だけの痛みに耐えて 
壊れてもちゃんと立って
諦めた事 黄金の覚悟
まだ胸は苦しくて 体だけで精一杯
それほど綺麗な 光に会えた』(firefly)
 

藤くんは「諦めた事」を「黄金の覚悟」と唄っている。
「諦めてもいいんだよ」「諦めることも素晴らしい覚悟なんだよ」と諦めたことすらも認めてくれるようだ。
 
 

―――『与えられた居場所が 苦しかったら‬
‪そんなの疑ったって かまわないんだ‬』(望遠のマーチ)
 

―――『あの日のように 笑えなくていい‬
‪だって ずっと その体で生きてきたんでしょう』(ゼロ)
 
 

「頑張れ」「諦めるな」そんな背中を押す、励ましの言葉で救われる人もいる。
しかし、その一方で「逃げてもいいんだよ」「諦めていいんだよ」「笑えなくてもいいんだよ」そんな言葉で心が救われる人もいるはずだ。

こんな世の中だからこそ、生きづらい世の中だからこそ、苦しんでる人には後者のような言葉が届いてほしい。

大好きなBUMP OF CHICKENの曲たちが、私にそっと寄り添ってくれた。今の自分を肯定してくれる言葉に、今の私は救われた。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい