3894 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ストリーミング、CD、レコードのバームクーヘン

嫌いになれない、川谷絵音

indigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ等、いろんなバンドを掛け持ちしていて、ソロ活動もしているという川谷絵音。
昔、色々騒がれた事もあったが、彼の事を好きというより、嫌いになれない。どちらかというと、好き寄りだと思う。でも単純に、とても頭が良くて才能溢れるミュージシャンだと思う。

バンドによって、曲の雰囲気が違う。
といっても、ジェニーハイは、『ジェニーハイラプソディー』くらいしか聴いた事がない。それも友達から、
「聴いてみて!」
と、メッセージが来て、YouTubeで聴いた。
自虐的な歌詞で、苦笑いした。
indigo la Endは、なんとなく雨が似合うシティーポップな雰囲気がする。
ゲスの極み乙女。は、キーボードがいて、女性ボーカルも入り、自由度が高い曲が多い気がする。
ichikoroは、全く聴いた事がない。
感想がざっくりしていて、申し訳ないが、活動が多岐に渡っていて、欲張りな人だなとも思えた。
多分、世の中では、ゲスの極み乙女。が、一般的で、川谷絵音の活動のなかで一番有名なのかなと思う。

ゲスの極み乙女。の新しいアルバム『ストリーミング、CD、レコード』を聴いた。
なんと、賞味期限付きの形態として、バームクーヘンと歌詞カードのみで、CDは入っていないという盤を発売していて、曲は先行配信されていたので、私は、厚みはあるが、CDサイズのバームクーヘンを美味しくいただいた。CDが売れないと言われている現代の、斬新過ぎるアイディアだと思った。CD自体を売らないこの形態は、いったいどれくらい売れたんだろう?

その中で特に印象的だった曲は、『人生の針』。

(私、間違うことでしか人生の針を 正しくは使えないの
わかりあえるはずなのに
あなたは一歩も引かない )

このフレーズが、しばらく頭から離れなかった。
メロディーラインと、歌詞、川谷絵音のボーカルが絶妙だと感じた。

何も、予備知識がなかったので、『人生の針』とは、何の針の事なのか?時計の針の事なのか?、あるいは、レコードの針の事なのか?悩んだ。
どちらとも取れるような歌詞だった。
MVは、逆回転しているし、時計が映されているけれど、針を落とすという歌詞からは、レコードの針なのかもしれないと思った。
抽象的で、言葉遊びのような、韻を踏む歌詞が続く。
ああ、この雰囲気が、ゲスの極み乙女。の世界だったなと思った。

そして最近、YouTubeに、ゲスの極み乙女。の英詞バージョンの曲が3曲upされた。
『人生の針』は、『The Record of Life』
歌っているのは、川谷絵音ではなく、女性ボーカルだった。
ゲスの極み乙女。は、『Lowest Lowest Girl』と訳している。
これもまた、自虐的。もっといい英訳はなかったのかと心配になる。

たまにTwitterの呟きでだけれど、そんなに卑下する事ないのにと本当に思う。
彼がどんな人なのか?わからないけれど、励ましたい気持ちになる。そう思っている方は、いらっしゃいませんか?
まさか、これも頭のいい、川谷絵音の計算に入ってるのかもしれないと、勝手に深読みしてしまっている自分もいる。

彼がこれからどんな活動を展開するのか、どんな曲を発表するのか、アンテナをはって楽しみたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい