3894 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

なにがあっても、どうせ君が好き。

UNISON SQUARE GARDEN「USG2020 LIVE(in the)HOUSE」を観て

ライブ前の胸の高鳴りは、いつも通りだった。
 

2020年7月15日、UNISON SQUARE GARDEN生配信ライブ「USG2020“LIVE(in the)HOUSE”」。暗い4畳半に閉じこもり、私はひたすらパソコンの画面に熱い視線を注いでいた。
 

ライブ開始を知らせるカウントダウン画面が消え、イズミカワソラの「絵の具」が流れたかと思えば、このむさ苦しい4畳半は一気にライブハウスと化してしまった。混み合ったライブハウスで人に揉まれながらぎゅっとタオルを握りしめ、唇を軽く噛みステージを見上げる。彼らが奏でる第一音を今か今かと待つその瞬間、最高に幸せな瞬間が、ここに、私の部屋にあった。

胸の高鳴りが最高潮まで達したその瞬間、なんと私の「いつも通りのライブ」への期待が早くも裏切られてしまう。しかしそれはとてつもなく良い意味で。まさかと目を疑ったが、間違いなく私のパソコンには舞台袖からステージに向かうメンバーの姿が映っていた。なんだこれ、こんなの反則じゃないか。「こんな時期にチケットを買ってくれた物好きに、少しばかりのご褒美を」そんな言葉が聞こえた気がした。UNISON SQUARE GARDENの優しさは、いつだって不意打ちだ。
静まり返るステージに斎藤宏介(Vo.Gt)・田淵智也(Ba.Cho)・鈴木貴雄(Dr.Cho)の3人の姿が現れる。その緊張感は、いつも通り、いやいつも以上だった。初の「生配信ライブ」という挑戦に踏み切ったUNISON SQUARE GARDENの覚悟と好奇心、そして高揚感がその姿から滲み出ているように感じた。
 

「昨日の理想が今日砕けちゃっても 机の奥に入れてstill trust in my heart」

サビから始まる印象的なアレンジで「USG2020“LIVE(in the)HOUSE”」の幕開けを飾ったのは1曲目「mix juiceのいうとおり」。待ちに待ったライブ、期待の第一音は想像以上に胸に突き刺さった。私のヒーローは健在だ。自然と口角が上がってしまう。久しくライブというものに触れていなかった私は、画面越しだということを忘れてしまうくらい、彼らの音楽にのめり込んでしまっていた。この上ない幸福感。ポップでキャッチーな大名曲に酔いしれた後は、2曲目「オトノバ中間試験」だ。なんて華麗な言葉回しだろう、斎藤の口元から目が離せない。田淵節全開の歌詞とメロディー、尋常ではない手数を軽快にこなす鈴木。ああ、UNISON SQUARE GARDENってこうだったな。複雑に絡み合った3人の音や旋律がぴったりと重なって1つの壮大な音楽へと化す。この安心感が特上なのだ。勢いはそのままに、3曲目へと突入する。

「All quartets lead, lead to …? say la-la-la…」

桜色に染まったステージ、晴れやかに演奏する3人の姿が印象的だ。3曲目「桜のあと(all quartets lead to the?)」。新型コロナウイルス感染症の流行により数々の公演が中止となり、彼らのファンとしては非常に消化不良な日々が続いていたが、そのくすぶっていた感情が一気に晴れていくのが分かった。

「愛が世界救うだなんて僕は信じてないけどね」

程よいスピード感と媚びない歌詞が心地良い。そして鈴木の爽快な笑顔が、久しぶりの演奏に胸を躍らせるファンやメンバーの鏡となっているように感じた。変わらない、でも少し新鮮な3人の音楽に恍惚としていると曲終わりに斎藤が口を開いた。

「MCなし、UNISON SQUARE GARDENです!」

聞いた瞬間、ふっと笑ってしまった。今思えば、安心からくる笑いだったのかもしれない。この生配信という新形態でのライブを初めて開催するにも関わらず、MCなしだなんて。このロックバンド、どこまでも格好良すぎて付いていけない。そんな風に思考を巡らせている間に始まったのは4曲目「きみのもとへ」。なんだ、MCなしと言っておきながらキュンとするセットリストだなぁとニヤけていると、続いて始まったのは「君の瞳に恋してない」。なんて痛快、弄ばれるこの感覚がたまらない。この底抜けに明るいメロディーがなんとも
愛らしくていじわるだ。自宅にいてもまんまとユニゾン節に乗せられてしまっている私だが、次の曲のイントロでまたもやうっとりさせられてしまった、6曲目「オリオンをなぞる」。まずは曲間のセッションのクオリティに脱帽。「オリオンをなぞる」のメロディーやコードを散りばめながら着実にイントロに繋げていくこの過程を聴くのがこの上なく心地良い。高まる胸をなだめながら曲の始まりを待つ時間ほど幸せな時間はあるだろうか。そしてこの曲は私にとって夢とロマンが詰まった一曲。

「僕がいて あなたがいて それだけで 十分かな」

この歌詞を初めて聞いた時のときめきはきっと一生忘れられない。田淵智也がUNISON SQUARE GARDENで綴る文章はいつも私のときめきポイントにぴったりなのだ。3人の緻密な演奏技術と大好きなメロディー。なんて満たされた時間なのだろう。そしてその勢いのまま7曲目「I wanna believe、夜を行く」へと繋がっていく。個人的にカップリングの中でかなり好きな一曲だ。昨年のカップリングツアーで初めて聴けて大興奮した曲でもあったので、昨年のライブの様子を思い出しては少し切ない気分になったりもした。

そんなこんなで感情の大渋滞に巻き込まれている間に、私が今回の生配信ライブで最大のハイライトだったと自信を持って言える8曲目「スカースデイル」に突入。なんと曲の半分を斎藤の弾き語りで構成するという思い切った演出だ。とんでもないご褒美だった。斎藤は一音ずつゆっくりと噛みしめるように歌い、その表情は観る者を虜にする何かを孕んでいたように見えた。どことなく切ないメロディーが涙腺をくすぐってくる。そしてそんな瞬間に、溶け込むような自然な流れでバンドが合流。降参だ、こんなの泣いてしまうに決まっている。UNISON SQUARE GARDENのもう一つの顔を垣間見ることが出来る貴重な時間だった。

その余韻を残したまま9曲目「静謐甘美秋暮抒情」、10曲目「mouth to mouse(sent you)」と続き、華麗なドラムソロからセッションが始まる。UNISON SQUARE GARDENのライブの醍醐味である。MCよりも、このセッションが聴けることの方が幸せだと感じてしまうのだから彼らを追うことを辞められない。そうしているといつの間にかセッションが終わり、ここで昨年10月にリリースされたばかりのシングル「Phantom Joke」が登場する。この曲は凄まじい。何がと言われたら全てなのだが、まず未熟なバンドでは到底演奏できないレベルの高度な演奏技術が求められることは間違いないだろう。複雑にもほどがある、これも長年3人で演奏してきたからこそ出来る曲なのかな、なんて考えてしまう。こんなことを言っても彼らはきっと「自主練したからかな」とやら答えるのだろう。私たちファンの望む回答は得られない、そんな彼らを好きになって良かった、純粋にそう思うばかりだ。

そして13曲目「to the CIDER ROAD」、14曲目「場違いハミングバード」、15曲目「シュガーソングとビターステップ」と爽やか尽くしの3連続。ライブにピッタリな曲たち。いつものように縦横無尽に動き回る田淵、それを全く気に留めずに清々しく歌う斎藤、その2人を見守るような優しい表情を浮かべながらも時折カメラにサービスしてくれる鈴木の姿は自粛期間前と何ひとつ変わっていない。やはりこのロックバンドは裏切らない。私の胸が、安心感とこれからへの期待感に満ち溢れていくのが分かる。

ライブもそろそろ終盤、ここでまさかの「箱庭ロック・ショー」。不意打ちで懐かしの名曲を仕掛けてきた。スクリーンには大きくバンドロゴが映し出され、それを背負って音を奏でる彼らの姿はとても信頼できるものだった。

「僕の絵の具じゃちょっと足りないからさ、向こうへ」

ずっと前から、彼らの音楽はそれを聴く私たちがいてこそ彩られていくものなのかもしれないな、なんて都合のいいように解釈しては画面に映る彼らの姿を満足げに見つめている私がいた。半ば夢見心地で曲に酔いしれていると、続いて始まったのは「フルカラープログラム」。このセトリはズルすぎる、「箱庭ロック・ショー」の答え合わせが出来るようになっているではないか。ライブのクライマックスということで3人の熱気も最高潮だ。こんなに笑顔で楽しそうに演奏されてしまったら、こちらも自然と笑顔になってしまうではないか。まさに「完全無欠のロックンロール」だ。どんな時でも、彼らの音は信頼できる。ああ、彼らを好きになって良かった、UNISON SQUARE GARDENの音を、言葉を大切に噛み締めた。

曲が終わり、やり切ったと言わんばかりの表情を浮かべる彼らはとても幸せそうだった。音を出すことで息をしている彼らにとっては、久々のライブが心の底から楽しかったのだろう、そう感じた。なぜなら、彼らの姿は観客が目の前にいたあの頃のライブと何ら変わりがなかったからだ。そして驚くべきことに、観ている私もそこまで大きな違いはなかった。彼らが同じなら、私だって同じでいられるのだ。やっぱりUNISON SQUARE GARDENは格好いいロックバンドだ。

「今のでライブはおしまいです」斎藤はそう一言。ここで一度区切って話し出すらしい。斎藤は声の調子が悪かった…など、様々話していたが、その様子があまりにもラフすぎて、いつもの彼らのラジオを聴いているような錯覚を起こしてしまいそうだった。そしてその調子のまま、新作のアルバム「Patric Vegee」のリリース日を発表したと思えば、その中から一曲披露するという大サービスまでさらりと切り出した。混乱、そして期待。

「弥生町ロンリープラネット」

彼らの背後に大きく曲名が映し出され、未知の音楽が始まる。この瞬間の胸騒ぎは何にも代えられないほど尊いものだ。そうして始まった新曲は、どこまでも優しかった。どこか懐かしく、同時にとても儚くて脆い。薄れてしまったあの頃の思い出を水彩絵の具で描いていくような切なさが、そこにはあった。

「僕らは孤独な星だから」

少ない音で彩られる確かな旋律を聴いていると、UNISON SQUARE GARDENの真髄を見ているような気分になった。

「そして僕らの春が来る」

聴きなじみのあるフレーズを孕んだ歌詞が丁寧に歌われたかと思えば、それと同時に「春が来てぼくら」が始まる。なんてサプライズだ。鮮やかに彩られていくステージ、3人の晴れやかな表情がパッと花が咲くように広がっていく。この2曲を含め、他にも「Phantom Joke」や「Catch up, latency」が収録される新アルバム「Patric Vegee」は、間違いなく化け物だろう、期待しかない。UNISON SQUARE GARDENは、かっこいいなぁ。まさか19曲も聴けるなんて思ってもいなかった。いつもと何ら変わりないじゃないか。

このご時世、何をするにも以前よりも不便な世の中にはなってしまったが、UNISON SQUARE GARDENのライブや音楽は変わらないのだ、このライブを通してそう宣言された気がした。久々のライブだからってMCをする訳でもなければあからさまなファンサービスもなし。それが彼らだし、そんな彼らだから、好きなのだ。ありがとう。これからも彼らの紡いでいく音を追いかけられたらいいな、そう願うばかりだ。私はどんな世界でも、何があろうとも、UNISON SQUARE GARDENというロックバンドが、好きなのだから。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい