3911 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

赤いテレキャスターを買った日 TOUR2020 HYPE

幼い頃の米津玄師と私

Twitterである文章を読み感化されたので
書いてみようと思います。

まだ世間の話題がコロナで塗りつぶされていなかった、
2月のライブ。
 

人生初めてのライブ。

ただ全て受け止めよう。
そう胸の内で思いながら焼き切れるように
湧き上がって溢れる感情を押さえ込んで
米津さんをただ見つめていた。

席は右側2階席の二列目だった。

音楽を通して私達に渡される思いを全て受け止めたい。
その一心だった。

今思えば周りからは棒立ちで浮いて見えたのかもしれない。
 
 
 

照明が落ち、イントロが流れる。

周りは歓声を上げながら積極的に飛び跳ねている。
アリーナの一人一人が思いを持って叫んでいるように見える。
私は会場満杯に渦巻く真っ赤な熱狂と歓声にどこか居心地の悪さを感じ、
 

何故か酷く恥ずかしくなった。
 
 
 
 
 

ライブ中盤

気がつくと私はアリーナを見つめていた。
慌ててステージに目線をもどした。

ふと気づいた時
また、アリーナを見ていた。

みんな変わらず笑顔で手を挙げていて楽しそうだ。
わたしはここに居ていいのだろうか。
熱狂と歓声に押し潰されてしまう。
 

まるで私にだけライトが当たらず取り残された様だった。
怖くて申し訳なくて、

ついにステージを見ることが出来なくなった。
 

泣きそうだ。

必死に、一縷の望みで手に入れたチケットなのに、米津さんの音楽をちゃんと受け止めたかったのに。
考えるほど辛くなりもう帰りたいと思った。

米津さんに、謝りたくて仕方なかった。
 
 
 
 
 
 
 

MCが始るまでは。
 

米津さんがゆっくり、話し出した。

いつも言葉選びが丁寧で綺麗で大好きだ。
紡ぐ言葉には、ファンへの愛情を沢山感じる。

(断片的な記憶なのでほぼ主観です。)

「子供の頃能動的な感情が溢れるライブに居心地の悪さを感じていた。」

「でも楽しんだ者勝ち、気にしなくていい。」

「自分の中の能動的なものを信じれはいい。そういうやつに届く音楽を作りたい。」
 

救われた

居てもいいんだ。
 

私にちゃんと届いたよ、

ありがとう、

そう叫びたくて仕方なかった。
 

米津さんの言葉は余りにも優しく「そういう奴ら」を肯定した。

同時に私たちを通して幼い頃の自信を肯定しているように思えた。

私は米津さんのこう言う人間臭さが大好きだ。
 
 
 

瞬間、

米津さんを照らしていた照明がこちらを向いた。

何千人と居るこの会場で照明は少年の頃の米津さんを、私たちを照らした。
 
 

どうしようもなく嬉しかった。
思わず飛び跳ねたくなった。
 

まるで米津さんに手を差し伸べられ大切に包まれているようで全身の血がぶわっと流れる感覚がした。
涙が勝手に零れた。

その後の演奏はしっかりステージを見つめてライブを楽しむことが出来た。凄く楽しかった。
楽しそうなアリーナも愛おしいと思えた。

すっきりとした思いで会場を後にした。
 
 
 
 

ライブが終わり日付が変わろうとする頃、私はまだ全身の血が冷めず1人布団で震えていた。

凄く楽しかった。

あれは最早ライブではなくありのまま米津玄師そのものを突きつけられた時間だった。
かけがえのない大切な時間だった。
嬉しくてどうにかなりそうだ。

米津さんが言った通り、
私は感動を深夜に一人思う人間なので、心の底から湧き上がる感動が溢れて止まずワクワクしていた。
 

この気持ちを形にしたい。
ふと確かなものが湧き上がった。
 
 

曲を作りたい。
 
 

私もそういう奴らに届く音楽が作りたい。
その日はそう思いながら気絶するよう眠りについた。

次の日からは普通の日々

日常に戻った。
 

何をする時もあの思いは胸の内でじっと毎日を睨んでいた。
 
 
 

数ヶ月たった今日、

私は楽器屋に駆け寄り定員さんに携帯の画面を見せた。

「このテレキャスください。」

私が見せたのは米津さんと同じテレキャス。
どうせならと好きな人が使うものをぱっと買って始めてしまえと思ったのだか、それがまるで恋をしているみたいで面白くなった。
 
 
 
 

私は「そういう奴ら」に届く音楽をつくれるだろうか。
 

分からないけれど人々の心の底に眠る能動的なものに焚き付けるような音楽をつくりたい。
 
 
 

誰かを助ける音楽を作りたい
 
 

米津さんが私に重なったように感じた。
 
 

奴らを見つけ出して救えるように、
祈りにも似たそれが誰かの救いになることを願って。
 
 

私は音楽をつづけます。
 
 

(拙い文にも関わらずここまで読んで下さりありがとうございました。)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい