3911 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

誰かにとっての最高は、誰かにとっての最悪かもしれない。

back number「水平線」を通して見えたもの

好きなアーティストからのお知らせのタイトルにある、「中止」「延期」「払い戻し」に飽き飽きし、絶望し、外出することもはばかられるので怠惰な毎日を送っていた、そんなある日。
2020年8月18日。
私の最愛のアーティストであるback numberからの通知は、見慣れたそれらと毛色が違った。

『新曲「水平線」MV公開』

水平線?なんでこんなタイトル? なんて思った。
しかし、自分の愛するバンドの新曲である。再生ボタンを押さずにはいられなかった。

MVに映る女子高校生。
曲が進むに連れ、身につけている服を、荷物を、どんどんと捨てていく彼女。たくさんの苛立ちを投げ捨てているようだった。最後には海に向かって叫んでいた。

曲を聴き終えた私は、知らぬ間に空いてしまっていた心の隙間にすとん、と何かが落ちる音を聞いた気がした。

ちゃんと曲の概要をみると、この楽曲はback numberのボーカル、清水依与吏が今年彼の生まれ育った群馬県で開催予定だったインターハイが中止になったことをきっかけに作られた曲とあった。
 

“正しさを別の正しさで 失くす悲しみにも出会うけれど” (back number 「水平線」より)
 

感染症の影響で、私たちは「新しい生活様式」を余儀なくされている。
それは、きっとこれから生きていく上で「正しい」ことなのだろう。
でも、それじゃあ私たちの生きがいだと思っていた、これしかないと思ってきたたくさんのものは一体どうなってしまうのだ。

今年二十歳になって、ライブ後のごった返すドリンクカウンターでアルコール飲料に交換するのが小さな夢だった。各地から集まった、顔見知りの同じアーティストを愛する人と話すことが好きだった。
ライブが終わった後の、高揚感とどこか寂しさが混ざった気持ちを抱えほてった体を冷ましながら歩く帰り道が好きだった。

私が「これだ!」と思ってた信念というか、そういったものは一体どこにやればいいんだろう。

私だけじゃなくて一体どれだけの人が、それぞれが思う「正しさ」を、他の『正しさ』で「しょうがない」と片付けられたのだろう。

どうしようもないやるせなさで、どれだけの人が心を大きく揺らされたのだろう。

私たちはずっと感情を殺していかなきゃいけないのか?
聖人君子よろしく、どんなことも仕方ないのだと受け入れて心優しくいなければならないのか?

back numberがこの曲で伝えてくれている限り、答えはNOだと思う。

水平線の冒頭の歌詞で
『出来るだけ』嘘は無いように どんな時も優しく『あれる』ように
とある。

「どんな時も優しくしよう」「絶対に正直でいよう」
そういう押し付けはない。
 

私は、何度も足を運んだことのあるback numberのライブで、度々ボーカルの清水依与吏が言葉にしていたことを思い出した。

「一生の最悪な日に寄り添えるバンドでいたい。
ずっと俺らのことを追いかけていてくれなくても、楽曲を四六時中聴くわけじゃなくても、本当に辛い時寄り添えるバンドでありたい。」

まさにこの「水平線」は、その思いにふさわしい曲だと思った。
 

一見なんてことなさそうな人が、本当はどこにも行き場のない大きな思いを抱えていたりする。
他人からしたら大したことではないと思われることが、当の本人には何よりもかけがえのないことかもしれない。

たくさんの泣き叫びたい思いが集まってできるそれは、側から見たらキラキラしているのかもしれない。
 

今の私たちが抱えるこの感情も、時が経って遠い未来では穏やかに見えるのかもしれない。
 

まっすぐに見える水平線が、いつだって揺らいでいる波でできているのと似ていて。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい