3894 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

サカナクション主演のライブ映画を観た

SAKANAQUARIUM光 ONLINE

自粛期間中のインスタライブで一郎さんは配信ライブに否定的な意見を語っていた。
その数週間後、突如サカナクション初の配信ライブ、SAKANAQUARIUM 光 ONLINEの開催が発表された。これを聞いた自分は驚きを隠せなかった。一体、どんな配信になるのか想像ができないまま当日を迎えたのである。

 ライブ・ミュージックビデオと称されたこの配信は、「配信ライブ」の枠を超えた、
一本の映画を見ているような感覚にさせられる「作品」だった。
 冒頭、山口さんが会場入りする姿から配信がスタート。そこからライブが終了するまで一切休みなし。サカナクションならではの曲の繋ぎ、田中裕介監督やチームサカナクション渾身の演出の数々。カメラワークからライティング、舞台演出までその全てにこだわりに溢れていて見てる人を飽きさせない。音質も配信とは思えないほど良く、まるで会場でライブを味わっているかような感覚になった。ギター、ベース、ドラム、キーボード、ボーカル、それぞれの音が鮮明に聞こえる感動を味わえた。新宝島、夜の踊り子、ミュージックとサカナクションの楽曲の中でもインパクトを持って披露されてきた楽曲はMVもしくはライブで使用されている演出をほぼそのまま利用するという大胆な構成。多くのリスナーが自宅にいながらも心を踊らせたことだろう。

始まりから終わりまで完璧に計算されていた2時間は「生でのライブができないからこそ代わりにできる表現は何か?」を徹底的に追求した結果生まれた一つの形。密になった空間でなくてもここまで楽しめるのか。と驚きと発見に満ちた時間と体験を提供してくれたサカナクションへ心からの感謝を送りたい。
最近のサカナクションは世の中の空気に反して活発になっている印象を覚える。これからも変わらず僕らに新しい体験と空間を届けて欲しい。

オンラインでのライブでここまでの感動を味わえたのだから、
ライブ会場でオーディエンスと体感するサカナクションの音楽は楽しいに違いない。
いつの日か必ずワンマンに参戦し、一体感を味わえる日を夢見て。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい