3911 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

BUMP OF CHICKENと私の「新世界」

過去と未来と僕と君

“ 君と会った時 僕の今日までが意味を貰ったよ ” (「新世界」)
 
 
 

BUMP OF CHICKENの「新世界」という曲の冒頭である。
この曲を聴いた時、サビに“ベイビーアイラブユーだぜ”という歌詞にもあるように、恋のドキドキやワクワクが伝わってくる、そんな曲だと思った。

私はこれまで巷で人気の恋愛ソングを好んで聴くことはほとんどなかったが、この「新世界」という曲が初めて聴いた時から大好きだ。それは理屈がどうこうというより、直感的なものだ。とはいえ、理屈はないといっても、何回も曲を聴いているとやはり感じるものがある。そして聴けば聴くほど、この曲は私にとって特別な〈ラブソング〉となった。
 
 
 

まず「新世界」という曲は、そのポップなメロディーに思わず足取りも軽やかに口ずさみたくなるような曲、という印象がある。
だが、注目するのはそのメロディーだけではない。
 

“ 頭良くないけれど 天才なのかもしれないよ
世界がなんでこんなにも 美しいのか分かったから ”  (「新世界」)
 

“ ハズレくじばかりでも 君といる僕が一等賞
僕はこれが良いんだ 何と比べても負けないんだ ”  (「新世界」)
 

頭は良くない、ハズレくじばかりだ、と少しネガティブなところが垣間見えつつも、一方で、どれほど君がこんな僕にとって特別で、大切なのか伝わってくる歌詞や、
 

“ 泣いていても怒っていても 一番近くにいたいよ
なんだよそんな汚れくらい 丸ごと抱きしめるよ ”  (「新世界」)
 

楽しい時だけでなく、泣いている時も怒っている時も、汚れていても、そばにいたい、抱きしめるよ、というBUMP OF CHICKENらしい歌詞が、私は大好きなのだ。
 
 

そして冒頭でも触れた、この曲を聴いていると耳に飛び込んでくる特徴的な歌詞。
 

“ ベイビーアイラブユーだぜ ベイビーアイラブユーだ ”  (「新世界」)
 
 

 BUMP OF CHICKENの楽曲にある歌詞ではあまり見かけなかった、ストレートな表現である。

“アイラブユー”でもなく、“愛してる”でもなく、“ベイビーアイラブユーだぜ”という言葉。それぞれが独立した意味ではなく、この“ベイビーアイラブユーだぜ”という1つの表現がなんとも愛くるしく、そしてなぜだかストンと私の中に入ってくる。

この“ベイビーアイラブユーだぜ”という藤原基央の放つ言葉が、恋人だけでなく、人によっては我が子や飼い猫、自分の親友など、普遍的な対象を思い起こさせるように感じる。“愛”はそもそも普遍的なものだ。そういった意味でこの「新世界」という曲はあらゆる人に向けた、広い意味でのラブソングだと思う。
 
 
 
 
 

こんなふうに歌詞をじっくり見ているとふと今度は視線が歌詞から移る。

「新世界」というタイトルである。「新世界」はその文字のとおり新しい世界を意味する。つまり今までとは違う、未来を予感させるような言葉だ。
しかし、改めて歌詞を見てみると
 

“ 君と会った時 僕の今日までが意味を貰ったよ ”

この歌詞は〈 君と会った時から僕の世界は変わったよ 〉といった、君と出会った後の僕のことではなく、むしろ今日までの、君と会う前の過去の僕を表現している歌詞である。
 

また、
 

 “ 昨日が愛しくなったのは そこにいたからなんだよ ”  (「新世界」)

これも未来ではなく、過去である昨日を振り返る僕が描かれている。
 
 
 

それに対して、曲の終盤では
 

“ 明日がまた訪れるのは 君と生きるためなんだよ ”  (「新世界」)
 

とある。この部分はこれまで挙げてきた歌詞とは異なり、未来を思わせる表現である。その中でも、明日が「また」訪れる、という表現に注目したい。ただ明日が訪れるのではない、「また」明日が訪れるのだ。これまで繰り返されてきた明日が「また」訪れるのだ。
 

今日は昨日の明日だった。そして今日が終わればまた、明日は訪れる。これまでと変わらない日常だ。でもこれまでとはなにかが違う。そう、また訪れる明日には、一緒に生きる君がいるのだ。
 

また、先程触れた過去の僕の描写がある歌詞を見て欲しい。君の存在が、そこにはある。
 

私達は過去から未来へと地続きに生きている。君が僕にもたらしてくれる意味は、未来だけのものではない。これまで生きてきた、君のいない今日までの過去の自分にさえ、意味をもたらしてくれるのだ。
そして、君と僕の「新世界」は君と会った後だけのことでない。二人の「新世界」は昨日までの過去と、また訪れる明日からの未来まで繋がっているのだ。
 

そんなことを考えていた時、ふいにBUMP OF CHICKENの他の曲の歌詞が思い浮かぶ。
 
 
 
 

“ あの日のように 笑えなくていい だって ずっと その体で生きてきたんでしょう ”  (「ゼロ」)
 
 
 
 
 

“ 君の昨日と君の明日を とても眩しく思う ”  (「You were here」)
 
 
 
 

藤原基央の書く歌詞は、その人の1つの部分ではなく、その人のこれまで生きてきた過去やこれから迎える未来をも包含している。それは今まで生きてきた、そしてこれからも生きていくその人まるごと受け入れてくれるような、そんな歌詞だと思う。
 

私は中学を卒業する頃からBUMP OF CHICKENのことが大好きになり、その時から5年ほど経つ今も彼らのことが大好きだ。そして当時から聴いていた曲が今になって私にいっそう響くようになったり、あるいは曲を聴くことで過去の私に思いを馳せるようになったり、そんな機会が増えたように思う。それととともに、曲に対する捉え方や気持ちの変化も生まれてくる。

例えばR.I.P.を聴けば、ランドセルを背負っていたあの頃やあの日の友だちを思い出すし、(please)forgiveを聴けば、成人を迎え、その自由と責任と一緒に、より多くの選択を迫られる私にとって、これまでより歌詞が切実に、そして一層胸に迫るように感じる。
 
 

彼らのことを知り、そしてその曲を聴くタイミングは様々だ。しかし、どの時期に彼らを好きになっていたとしても、これまで生きてきた過去の私にも、これから生きていく未来の私にもBUMP OF CHICKENの曲が傍にいてくれる。BUMP OF CHICKENは私にとっての「新世界」だ。
 
 
 
 
 

“ 僕の今日までが意味を貰ったよ ”  (「新世界」)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい