3911 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

その時、夏の名残の風が吹いた

Hata Motohiro Live at F.A.D YOKOHAMA 2020

ファンの落胆を和らげる為だったのかも知れない。Hata Motohiro Live at F.A.D YOKOHAMA 2020――秦 基博の1日限りの配信ライブのお知らせは、最新アルバムを引っさげたライブツアーコペルニクス全公演中止の前に発表された。
2020年8月27日20時、彼の原点であるライブハウス、F.A.D YOKOHAMAの前に視聴者は立っていた。公演を告知するボードを確認し、ドアの中へ。狭い通路を通り抜けた先に、真っ暗なフロアとシンプルな照明だけのステージが見える。ほどなくして白いTシャツにギターを携えた秦基博が現れた。
《立ち止まる君の影 大きな雲の影に飲みこまれた
 秦 基博 シンクロより》
透明感とハリのある声が響き渡り、ギターの音色がそれに重なる。心が繋がり合う瞬間を繊細に描いたデビュー曲『シンクロ』でライブはスタートした。続いて、変わって行く事ばかりの中、変わらない大切な人の存在の温かさを歌った『フォーエバーソング』、
《見たこともない その景色の向こうまで行こう 
 秦 基博 色彩より》と誘う『色彩』。MCで微笑みながら、F.A.Dでの初めてのライブを振り返り、当時も演奏していた『恋の奴隷』へ。《本当の愛なんてきっと 都合のいい幻想だろうから 
 秦 基博 恋の奴隷より》爽やかな声で赤裸々に生々しく歌う姿が印象的だった。
その後は最新アルバムからの曲が続く。失われた夏を美しいファルセットを交えて歌う『Lost』、大切な人への切ない気持ちを綴った『在る』、『Raspberry Lover』は思わせぶりな彼女と片思いの主人公のヒリヒリする恋の歌。男の妄想が曲が進むと共に熱を帯び、加速していく。もう一つ運ばれてきたマイクはコーラスに使われた。
アルバムツアー配信予定を明かすMCの後、初めての弾き語りとなった『9inch Space Ship』を経て、軽快で踊り出したくなるような『スミレ』では声が甘く優しさに満ちていた。4つ目のMCの後もライブの定番曲が続き、いつ聞いても心を温かく包み込んでくれる『ひまわりの約束』、『鱗(うろこ)』では魚に例えられた主人公が愛する人を失いたくない一心で、少し迷いながらも泳いで行く姿を。
「いつかライブで会えたら嬉しい」
最後に歌ったのは『朝が来る前に』
《信じてるよ 離ればなれでも つながってるんだ
 秦 基博 朝が来る前により》
オーディエンスへの祈りにも似たメッセージが送られた。
MCでも言っていた様に中止になったツアーは、後日配信ライブが行われる予定だ。今回のLive at F.A.Dはアーティストにとっても、聞き手にとっても無観客ライブの感覚を知る良い機会だったように思う。奇しくも、彼のF.A.Dでのデビューライブにおいて観客がほぼ共演者で、無観客に近い状態だったと言うエピソードも、偶然で面白い。コロナの閉塞感を感じながらも、やれることをやっていく中で、今回のライブの様に生まれる物もある。歌とギターと言うシンプルな構成でどこまで出来るか、アコースティックライブは原点でありながら挑戦でもあるように思う。そして一音一音をじっくりと聞かせてもらえる、聞き手にとっては大変贅沢な時間だった。
最後の歌が終わって秦さんが、狭いステージから去って行くときに同時に夏が終わったような、その空間で夏の名残の風が吹いたような気がした。
《夏の風が 君をどこか 遠くへと 奪っていく 
 秦 基博 鱗より》
そう、『鱗』の歌詞通り、私の心もどこか遠くへと行っていた。それは横浜の海風吹く町の一角だろうか、秦さんが紡ぐ音楽の中だろうか、場所は何処でもよいのだ。画面越しだが距離の近い、体温や匂いまで感じる音楽。その時間が、何か欠けていた自分の心にスッとはまったような気がした。
F.A.Dの扉を開けて、狭い通路の先にあるフロアにはいつでも行ける。多分私がその場所を見失わない限りは。そこにはいつも秦さんが、ギターを抱えて音を鳴らしていてくれる気がするから。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい