3911 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

鳴り続けるあたしの青春

遂にメジャーデビューを果たしたマカロニえんぴつの魅力

私の憧れのバンドが遂にメジャーデビューを果たす。
ここで少し、マカロニえんぴつと出会った時のことを話したい。

私が彼らに出会ったのは今年の冬。
暇つぶしのためにYouTubeで色々な音楽を聴いている時、彼らの2ndミニアルバム「エイチビー」に収録されている1曲である「恋の中」に出会った。
聴いた瞬間、経験したことのない高揚感が私を襲った。
“一目惚れ”ならぬ“一聴き惚れ”だった。

あの頃の私は、ずっと自分は劣っているのだと感じていた。
劣っているから「自分は逃げてはいけない」と思っていた。
だからこそ、はっとりが綴った歌詞に衝撃を受けたのだ。

《形にならないこの気持ちの 逃げ場所はここにある》

「逃げてもいい」と大声で歌い、演奏する彼らから目が離せなかった。

私は幼稚園の頃からずっと音楽を続けている音楽が大好きな人間の一員である。
エレクトーン、合唱、吹奏楽、と形を変えながらもずっと音楽を続けてきた。
その中で色々なアーティストに出会ってきたが、特にマカロニえんぴつには影響を受けた気がしている。
「本当に音楽を愛しているんだろうな」
それが彼らと出会って思った第一印象だった。
そして、全国の音楽好きに向けて歌っているのだろうと思った。
ボーカルのはっとりは、自分のルーツはユニコーンや海外のロックだと話している。
確かにマカロニえんぴつの曲にはオマージュが散りばめられている。
彼らの演奏を聴くと何故か懐かしい感じがするのはそこかもしれない。
安心感、安定感、そして新しさ。
色々なものが詰まった曲ばかりなのだ。

彼らの1番大きな魅力の一つは、「不思議と近く感じさせられる歌詞と人柄」だろう。
辛いけれど死にたくはない。
一人でいたいけれど一人は寂しい。
誰もが心の中に隠している思いをボーカルのはっとりは言葉にしてくれるのだ。
そんな歌詞に心を動かされた人も多いのではないか。

そして、彼らはいつでも「目の前のあなたに歌う」ことを忘れない。
曲を聴いたことがある人やLIVEに行ったことがある人は分かると思うが、マカロニえんぴつには「あなた」という歌詞が出てくる曲が多いのだ。
人と話すことが苦手な私にとっては、「あなた」という一言が何よりも心に刺さった。
もちろん彼らの前には何万人、何十万人ものファンがいる。
でも、目の前にいる1人に向かって歌うのだ。
そんな考え方に私は心惹かれた。

そして、もう一つは「演奏力の高さ」だろう。
このバンドは神奈川県川崎市にある「洗足学園音楽大学」で結成されたバンドであり、メンバー全員が音大出身者なのだ。
ボーカルのはっとり、ギターの田辺、ベースの高野はロック&ポップすコース、キーボードの長谷川は電子オルガンコースを卒業しており、その演奏技術は群を抜いていると言っても過言ではない。
特にマカロニえんぴつの楽曲の特徴の一つでもある「遊び弾き」は、彼らの演奏技術が高いからこその面白さ、楽しさなのではないか。
例えば新曲の「溶けない」は、途中で次の曲が始まったかのように感じさせられる。
私はOsaka Music DAYSに行った際、生で聴くことが出来たのだが、あの演奏は1ヶ月ほど経つ今でも頭から離れない。
「ロック」という括りの中に、長谷川のキーボードが入ることによって、「マカロニえんぴつ」という別のジャンルが出来ている。
これが人々をトリコにしてしまう魅力なのだろう。

『“トレンドになって、去年通り”』
『“トレンドであって、お願い、ただ期待通り”』

そんな彼らの綴った歌詞が頭をよぎる。

先日彼らはメジャーデビューを発表し、その勢いは止まることを知らない。
止まらないマカロニえんぴつを、私はこれからも追いかけていきたい。
 

※《》内はマカロニえんぴつの楽曲「ハートロッカー」より引用
※『』内はマカロニえんぴつの楽曲「TREND」より引用

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい