4024 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

世界を語る渋谷すばるの魅力

フェス初出演 氣志團万博で魅せる魂の歌

先日の氣志團万博2020に渋谷すばるが初出演を果たした。毎年出演する常連組の面々がそろう中、初出演に選ばれた。ソロとしてデビューし、初の音楽フェス。彼はステージで何を見せるのだろうか、と胸を昂らせ私はその生配信をみた。
 

時刻になると紹介映像が流れた。その中で主催者である氣志團の綾小路翔がこう渋谷を紹介する。

『もともと彼の歌唱力とかパフォーマンス能力とかお墨付きじゃないですか。ジャニーズの中でもトップクラス。あれだけの凄い人たちの中でも一際輝きを放つ才能の持ち主。まさにその名の通り「一等星」がやってきますよ。(中略)関ジャニ∞を脱退してあれだけ多くのものを持っていた人がその全てを手放してたった一人で自分の道を切り拓く、余程の覚悟がないと出来ない事。覚悟のある男は違うなって。「氣志團万博に賛同します」とにかくみんなの前で歌わせてもらえる事がまず今幸せで「この時期に僕が出来る事を全力でやりたい」っていうお言葉をいただいて、かっけえな。ソロシンガーとなった渋谷すばるを知らないみんなは今日慄くと思う。想像を絶するステージ。』

このように紹介されステージは始まった。綾小路翔のこの紹介を聴き私は感動した。ジャニーズでの経歴も踏まえ、その上で渋谷に期待を寄せ、今回キャスティングしたことが分かる。私の期待はこの時点で最高潮へと駆け上った。
 

ステージに現れた渋谷とそのバンドメンバー。先日リリースが発表されたセカンドアルバム「NEED」の文字を背中に抱いたTシャツにジーパン、スニーカーという渋谷らしい飾り気のない衣装。全く着飾る気のない、そのいで立ちからは、渋谷すばるという人間が画面越しにもひしひしと感じられた。
 

そしてライブは始まった。
軽いセッションで、ゆったりとした渋谷のハープの音色が会場を覆う。
一曲目は「たかぶる」新アルバムに収録される新曲だ。
「俺にはわかるぜ」と何度も繰り返される歌詞が印象的だった。なんとも渋谷らしいと何年も彼の歌を聴いてきた私は思った。まっすぐで嘘偽りのない、その歌詞に魅了された。初めて聴いた楽曲だったが思わず口ずさんでしまうほど。疾走感あふれる一曲で突き刺してくる歌詞、ロックなメロディー、ロックンローラー渋谷を一曲目からぶっ放していた。
 

二曲目は昨年リリースしたファーストアルバムの「二歳」から「ワレワレハニンゲンダ」
ハープの音色と渋谷の力強い歌声に画面越しの観客とステージが一体化したような感じである。そして、バンドメンバーと渋谷のステージを心から楽しむ姿が見受けられた。ハープのアンプの赤いコードを首にかけ、目を見開いて歌う姿に引き込まれる。その姿は“渋谷すばる“そのものだ。
曲間の暗転時に入っている渋谷の息遣いが全力で歌っていることを示していた。
彼は常に全力で私たちファンを魅了する。
 

三曲目も「二歳」から「来ないで」
個人的にとても好きな曲のために思わず画面越しに叫んだ。
イントロから鳴るハープの音色。この曲は曲の最後になると“パクチー”について詩が書かれていることが分かる。しかし、それに至るまでの歌詞が私は好きだ。嫌いなパクチーと自分の姿を重ねるその歌詞からは、ただパクチーが嫌という事だけではない何かを歌詞から感じる。
生配信で歌われたそれは、よりその歌詞が私に突き刺さってきた。気持ちが歌詞になって、音に感情があるかのように、一つ一つの歌詞を大事に歌い上げていた。まるで、気持ちや情熱を吐き出しているかのような歌声だった。
 

四曲目は新アルバム「NEED」に収録される新曲「風のうた」
前半2曲に歌われた疾走感あふれるロックサウンドとは異なり流れるような音楽だった。
曲名の通り、風のようなメロディーに乗せられた歌詞が印象的。思わず体を横に揺らすような楽曲だった。優しく包まれる音で風に吹かれるような感覚を私は覚えた。
このコロナ禍の中で、季節をあまり感じることなくあっという間に過ぎ去った季節を彷彿とさせるようだった。まるで春の暖かな柔らかい香りが飛んできそうである。
「僕の夢と君の夢がぶつかりながら溶けて重なる」これはこの曲を聴いて印象的だった歌詞だ。印象的であり、好きな歌詞。この表現が、言い方が好きだ。
この爽やかな曲とともに自分も流されていくような気がした。
渋谷が歌うこのステージは渋谷すばるという空気に変えただけでなく、匂いさえも渋谷すばるに変えたのだ。そしてその空気と香りは画面越しにいる私たちまで確かに届いていた。
 

ラスト一曲を残しメンバー紹介と短いMCが行われた。
MCでは今伝えたいことを素直にまっすぐに紡がれた。その言葉に嘘は一つもない。取り繕うものはなく心むき出しの言葉を私たちに届けてくれた。
 

そしてラスト一曲は新アルバムに収録される「素晴らしい世界に」
「昨日までの景色が今は変わった 明日が見辛い 答えはどこ」
「今 世界は素晴らしい」
コロナ禍で制作された楽曲なのだろう。コロナ禍の中で渋谷が感じ思ったことを歌詞に紡いだのだろう。その歌詞一言一言が刺さる。現実を憂いつつも、馬鹿正直なほど世界の素晴らしさを伝えるその歌詞は歪むことなく彼の声にのって心の奥底にやってきた。
その歌詞一文ずつに注目し始めたら語り切れないほどの想いが溢れてくる。魂を削り出し、世界の素晴らしさを歌に乗せて叫ぶ姿に私は目が離せなくなっていた。
地に足を付けステージで歌う彼の目の前にどんな世界が広がっているのか。どんな素晴らしい景色を見ているのだろうか。
 
 
 

ソロシンガーとなり、バンドで歌い、ステージに立つその姿には覚悟と誇りが伺える。音楽、エンターテインメントを愛し、その力を信じ続けている彼のその体から溢れ出るものは並大抵の言葉では語り尽くせないだろう。少なくとも私には。
彼がステージに立っている間、全てが渋谷すばるという世界に変わっていた。叫び歌う姿には、魂を感じる。その身を削り感情を剥き出しに歌う姿に、私の心は揺さぶられた。
私は私情によりソロデビュー初のライブツアー、二歳のツアーに参加することが出来なかった。DVDも購入したが、まだ見ていない。初めて見る彼のライブパフォーマンスは生で感じたかった。今回、生というのは叶わなかったが、素晴らしい世界を見せてくれた。
彼の今後の活躍を心から願う。彼の世界が素晴らしいものであり続けるように。
 

渋谷すばるとして、男として、人間として、彼の姿は世界を語っていた。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい