563 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年10月16日

青い金魚 (16歳)
148
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

エロスと人間臭さ

クリープハイプの透明感と生々しさ

私はこれからクリープハイプのエロティックな部分とリアルな人間臭さについて語っていこうと思う。

まずエロティックな部分についてだが、クリープハイプの曲は歌詞が女性目線で書かれていることが多い。
まず、『ラブホテル』に関しては

〈夏のせい/夏のせい/夏のせいにすればいいからさ/冷たい位がちょうどいい〉

この歌詞で私はとても切ない思いに駆られた。ひと夏の関係は自分のせいでも相手のせいでもなくて、夏のせいにしてしまおう。
熱くなってしまったら、離れなれなくなってしまうから冷たいくらいがちょうどいい。と解釈できるこの歌は、女性の性欲や独占欲を叫んでいる。

〈私は君とは違うからね/『最後まで読んでくれてありがとう。』/とか文末に書く煩わしさが大事なの〉

この女性は君とは違う 私は常識的な考えを持ってるの、というふうに言い聞かせているようでもあるが

〈何もしないから少し休もうか〉

この一言でラブホテルに入ってしまうのだ。私はまだ高校生で、このような言葉をかけられたことは全く無いが、上手い言葉だなぁと感じた。何もしないから と女性に責任を押し付けず、一緒に入るなら了解を得たという暗黙の了解がある。なんて汚い手口だとも思うが、感心してしまう。

この『ラブホテル』から感じたのはやはり肉体関係だけでは終われない、と言うことだ。男性は恋愛感情がない女性とでも性行為をしたいと半分以上の人が思っているらしいが、それに対して女性は3割程度だという。
肉体関係と恋愛感情を切り離すというのは女性にとっては非常に困難な事であるのだと思う。

私はこの曲を陽炎が立つような真夏に田舎の道を歩きながら聞くのが好きだ。視界の端に見えるラブホテルで、このような男女の物語があると思うとロマンスを感じる。

もう1つ、『エロ』という曲を紹介したいと思う。これは男性目線の曲である。

〈日付無くて間に合わないな/気づけなくて噛み合わないな/嫌になって今日の隅っこに 赤いバツつけた
君は本当にうまいよなぁ/全く歯が立たないよ
君は本当に狭いよなぁ/全く間が持たないよ〉

やはり、男性目線と女性目線では考え方が違うことがわかる。気持ちというよりその時の気持ちよさを優先的にしている気がする。

〈だってだってだってだってそれなら
どうせ最後はそうなるんだから
すぐ出来る事をしよう/もうアレしかないし
ずっとずっとずっとずっとこのまま
とかそんな馬鹿な事言って/一瞬で終わる夏〉

相手の気持ちや自分の気持ちなんてどうでもいいし、どうせ最後にはそこに行き着くんだからいいじゃん。どうせひと夏で終わるんだから さっさとしようよ。という男性目線の素直な性欲が描かれている。

ここで私が注目したいのが、この『ラブホテル』と『エロ』から透き通っているような繊細な綺麗さを感じさせるところである。これは尾崎世界観の才能であると思うのだが、歌詞から不思議といやらしさや下品さを思わせない。ある意味、純粋な愛の欲求とも言えるのではないか。
その素直な人間らしさに惹かれていってしまう。
またどこか切なさや寂しさや不満足さを感じさせる部分がとても好きで、私はそこに魅了されてクリープハイプにどんどんハマっていくのだろう。

次に人間らしさについて掘り下げていく。
『百八円の恋』という曲を主に考えていくと、

〈もうすぐこの映画も終わる/こんなあたしの事は忘れてね/これから始まる毎日は/映画になんかならなくても/普通の毎日で良いから〉

この冒頭の普通の毎日でいいから という部分にとても惹かれる。映画ほどの幸せじゃなくていいから そこそこの幸せを求めているというところに人間らしさを感じた。
私は特にこの部分に人間らしさを感じた。

〈もう見ての通り立ってるだけでやっとで
思い通りにならない事ばかりで
ぼやけた視界に微かに見えるのは
取って付けたみたいなやっと見つけた居場所〉

自分の居場所というものを求めるのはとても人間らしい欲求ではないだろうか。自分を誰かに認めて自分だけの場所といえものを誰しもが求めるであろう。
 

これらのエロティックな部分や人間らしさをとても繊細に表現して心に染み渡るような歌を作っているクリープハイプを私はこれからも愛してやまないだろう。
これを最後まで読んでくれた方がいたとしたら、クリープハイプの人間らしさを感じながら聴いてほしい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい