563 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年10月23日

しょうこ (21歳)
61
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

イダンセ街に立ったわたし

仙台のバンド、アンテナとわたしの話。

2015年2月、その日の仙台の夜はいつも以上に冷え込んでいた。
わたしは、家から出たくない気持ちを抑えて、白い息を吐きながら、いつものスタジオへ、サークルのバンド練習に向かった。

扉を開けると、暖かい空気。
いつものように、「お疲れさまです」と、店員さんに声をかけて中に入った。

珍しく、休憩スペースのソファには誰も座っていなかった。
今日は煙草が煙たくなくていいな、なんて皮肉交じりの気持ちで、ソファに座ってぼーっとメンバーを待っていた。

そんな気持ちをかき消していく、柔らかくて、でもどこか寂しい、不思議な音楽。
そして、どんどん吸い込まれていくような声に、惹かれた。一瞬で夢中だった。

ここからわたしが、アンテナに夢中になって、染まっていくのは早かった。

アンテナのCDを買う喜びは格別だったし、
ライブの前の日は楽しみで眠れなかった。
 
 

そして月日は流れ、2017年10月18日。

アンテナが、「モーンガータ」で、メジャーデビュー。自分のことのように嬉しかった。

いつもよりわくわくしながら、透明なテープを剥がす。
コンポにCDを入れて聴こえてきた1曲目、
“イダンセ街”を聴いて、あることに気づいた。

聴いている時に頭に浮かべたのは、

横断歩道を歩いている時、電車に乗る時、家に帰った時、電気を消す時、布団に入った時、部屋の時計の音が気になって眠れない夜

何一つ変わらない日常の風景。

日常の音にしっかり耳を傾けたことで、
わたしの変わらない毎日に、いつもアンテナの音楽が側にあったことに気づいた。

毎日のように側にいてくれて、見守ってくれていた。
いつの間にか当たり前になっていて、気づけなかったけれど、自分に必要不可欠な存在になっていたのだ。

近くにある大切なものには気づかない、というよく聞く言葉がこのことなのか、と、
そのとき解った気がした。

たくさんたくさん、アンテナに救われて、今のわたしがあることに、歌詞のない1曲目が気づかせてくれるとは、想像もしていなかった。
 

アンテナは、ぐいぐい背中を押して、走らせてくれるバンドではない。

いつも隣に並んで歩いてくれる。
わたしが走ろうとしたときは、少し後ろから声をかけて応援してくれる。
そんな優しさがアンテナの魅力だと、わたしは思う。

不安で寂しくて、眠れない夜には、
頭を撫でて、そっと抱きしめてくれたり、
泣いても泣いても、ずっと最後まで寄り添ってくれる。疲れ切っても、一緒にぼやけた朝日を待ってくれる。
そんな優しさをもった音楽は、わたしはアンテナしかないと思う。
 

これから、どんどんたくさんの人を優しさで包み込んで、頭のてっぺんから、つま先まで、全部、アンテナに染めてください。

また不安な夜がきたら、ピザでも取るから、わたしの夜にも寄り添ってください。

大好きです、アンテナ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい