563 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年11月2日

みな (21歳)
68
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

My Hair is Badで駆け抜ける

Zepp Tokyoワンマン、そしてF.A.D yokohamaにて

月に一度は必ず行く、My Hair is Badのライブ。

どうしてこんなにも飽きずに大好きで、熱中してしまうのか。最近のZepp TokyoワンマンとF.A.D yokohama対バンより伝えたい。

マイヘアがZepp Tokyoでワンマンライブを迎えた当日。ワクワクした気持ちを抑え、私はスーツをバッチリ着こなす。すぐさまZeppとは真逆方面の企業説明会に向かった。真っ黒のカバンの中には、鮮やかな色のマイヘアTシャツとラババン、タオルがしっかりと入っていた。企業説明会には、真っ黒い集団と内々定の美味しい話で持ちきり。その途中、メモを必死に取りながら、今日がライブだということを思い出した。

そうだ、マイヘアのワンマンライブだ!!

気が付いたところで説明会が終了、すぐさま電車に飛び乗る。

着替えを済ませ、少し軽くなったかばんをロッカーへしまう。雨の中Zepp Tokyoは、人が溢れていてキャパ越えしていた。それでも、整理番号が2408番だったので一番後ろだった。友達と私は、驚きが隠せないくらい後列だったことに絶句する。事実、ステージが観えないくらいだった。「いつもは3列目くらいで観れたのに。。」と思わず本音が漏れた。

フロアが暗転、お馴染みのオープニング曲で3人がステージへ。ガンガンの盛り上がりをみせる"アフターアワー"から”真赤”までが本当にあっという間だった。
今までのアルバムをしっかり織り交ぜて、いつものマイヘアでZepp Tokyoの会場を唸らせる。

ああ、こんなにも彼らは遠くなって。もっとかっこよくなっていく。マイヘアだけのお客さんがこの超満員のZepp Tokyoにいる。

でも、マイヘアの音楽は変わらずに自分に響いていた。

それから数日後、F.A.D yokohamaにてTHE BAWDIESとの対バン。
この日も雨、濡れたまま会場へ。
前から3列目、すぐそこに迫る開演を待つ。始まってすぐ、さすがTHE BAWDIES、とんでもないくらいの白熱っぷりだった。

「心を裸にしましょう!!」

Vo.ROYが叫ぶのと同時に、会場の熱気は増し、盛り上がりが止まらない。

それからMy Hair is Badのステージへ。
前者とは違ったマイヘアの盛り上がりをしっかりとみせてくれる。

Vo.椎木のこのセリフが、たまらなく忘れられない。

「何回裸になっても、何万回チューしても分かんないことあんだよ!!心までは分かんないんだよ!逆にね、それがいいんだけどね。」

ライブだからこそ伝わって、マイヘアの音楽だからこそストレートに伝わることがある。
そう確信させるのは新曲だった。
11月22日にリリースされる『mothers』に収録されている一曲。”いつか結婚しても”をどちらのライブでも披露してくれた。

「大好きで 大切で 大事なきみには 愛してるなんて言わないぜ」

こんなにも素直で直球だから、何度もマイヘアの眩しい音楽に浸りたくなる。今私の生きる20代も、同じくらい眩しいのだろうか。誰に響いて、誰に響かないか分からないけど、椎木知仁は”告白”の最後にあるように「いつか死んでしまうんだ」とハッキリ真実を語る。そして、それでも曖昧すぎる人の心に寄り添う。まだまだ人生の指針は決まらないけど、残り一年の学生と今を、マイヘアを聴きながら駆け抜けたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい