616 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年11月24日

あすか (16歳)
32
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

赤色のグリッターに救われた日々

これからも これまでも いつまでも

2017/11/22

たった今、『赤色のグリッター “セツナ”autumn tour final』が幕を閉じた。
たった今、赤色のグリッターが解散した。
ステージに立った4人は強く見えた。
最初から最後まで、全部が強くて力強くて、でも優しさに包まれたそんなライブだった。
MCはほとんど無かったが、その分沢山の曲を届け伝えてくれた。
『アンコールはありません
もう一回はありません
これが最後の曲です』

そう言ったVo.佐藤リョウスケ。
今まで観てきたどのライブよりも どのバンドよりも格好がよかった。
たくさんの言葉で飾るより、お涙頂戴ライブをするより、素敵だった。

ライブ後、ファンはフロアを離れず、終わりのBGMが流れてもそれでもフロアを離れなかった。
たくさんの人が泣いていた。
愛を感じた。

ライブ前から降っていた雨は少し強くなってまだ降っていた。神様も泣いているんだな。そう思った。
それぞれ色んな曲に色んな時に赤グリに助けられながら赤グリを好きになって このライブを見終えたのだな、と感じた。
私もそうだ。
学校へ行きたくなくて、少し休んでしまった時期があった。
そんなときに『神様の涙』に出会って何度も聴いて助けられた。
私はいつだって後悔ばかり。
最後まで1度も感謝の気持ちを渡せずに終わってしまった。
以前渡そうとしたお手紙もやっぱり紙切れなんかでは伝えられないと思って持って帰って来てしまった。
書こうとして思いが溢れて結局書けなかった。
この気持ちは文字にはできなかった。

そんなことを帰りの電車に揺られながら思う。
でも
それでも
このライブに行けたこと 赤色のグリッターに出会えたことには後悔なんかしていない。感謝している。
多分これが赤グリにありがとうを伝える最初で最後の機会だから、後悔なんかしないように、最後だけここから下を貸してください。お願いします。

赤色のグリッターの皆さんへ

たくさん助けられてきた赤グリには、最後まで感謝しかありません。
ライブでは、リョウスケさん、陸生さん、明日香さん、クラカズさんの魂が踊っているようで、音楽が生きていて、そんな赤グリが大好きでした。
言ってしまえば変わってしまうことは解散してしまうことだけで、これからも これまでも好きなことも曲に助けられていくことも変わりません。

とは言ってももう赤色のグリッターとしてのライブも観れることは無いし、新しい曲も聴けることは無いことは寂しいです。
でも赤グリだから、だから、解散が悲しいものではなくて前向きに捉えられるんです。

本当はもっともっとこれからを見たかった。
でもこれは本当の現実だから、仕方のないことで、本当に出会えたことが奇跡のように感じるし、ありがとうを伝えたいです。

文字にすると嘘のように、言葉も軽くて安いものに感じてしまうのが悔しいけど本当に大好きです。

出会ってくれてありがとう。こちらこそ。それ以上のありがとうを伝えたい。

ありがとう、赤色のグリッター。
また今度、赤色のグリッター。

どこかで会えること、「また」は無いのは分かっているけど、いつかまた何処かで見つけられたら。
皆さん頑張ってください。応援しています。

あのとき救ってくれてありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

さよならじゃなくて ありがとうの言葉を。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい