1445 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

男が惚れる男・女は惚れぬく男・エレファントカシマシ

宮本浩次 魅力を知ら無いやつは、まずはライブに行け‼︎‼︎

男たるもの男らしくいけ‼︎

草食系だ無欲世代だと時代のせいにして甘やかされ。その甘えにさえ麻痺した大人が、更に甘ったるい日本にする。
そんな時代に生きるストイックバンド
「エレファントカシマシ」
30周年の重み所か、宮本浩次の人生分51年の重み……はたまた彼の愛する文豪達や、それでも収まりきらない歴史の重みさえ感じる。

これはファンの贔屓目だろうか…。

だとしても良い。
ライブへ行く度に期待を裏切るハイパワーで圧倒させられる。これが盛り上がりにかけたライブだとしても抜群にカッコいい。
これは完全なるファン目線だろう。

「ついて行きます」「石君になりたい」「長生きしてください」と心底思う。

常々思っているんです。
宮本さんに会えたその時は、私の人生の「喜」「楽」を増やしてくれた事。
「悲」も「負」や「絶望」さえも支えてくれるような エレカシ の歌に。ライブに。
どれ程支えられているか感謝を伝えよう。

近頃あなたはライブで「お互い様だ」と。
「ありがとう」と言う。
とんでもない。あなたが歌う事が。エレカシが30年活動し続けている事が。そして、この先もエレカシがいる。
ライブチケットなんてsold outばかりで、取れやしない。やっと気付いたか世間の人。エレカシは最高に最高峰なロックバンドだ‼︎
全てに ありがとう。

42都道府県ツアー最終日 富山県。
圧巻。高揚おさまらぬ翌日。
「ありがとう」を言えた私の目の前には、たかがファン1人に向けられるには温か過ぎる宮本浩次の笑顔がありました。

完敗です。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい