890 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「この場所で歌うのが、大好きな曲です」と吉井和哉は言った

THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017 SPECIAL

THE YELLOW MONKEYの東京ドーム2Daysを見た。

THE YELLOW MONKEYにとって東京ドームは終息の地であった。活動休止前の最後のライヴ、そして最後に演奏をした場所である。メンバーにとっても、古くからのファンにとっても、大切な場所であり、ある種、因縁とも呼べる場所だろう。

解散前のイエモンを僕は知らない。知ってる内容はあくまでも話として聞いたり、映像を見たりといった間接的に知り得たものばかりである。だがそんな自分でも、東京ドームでイエモンがライヴを行う、その重みがひしひしと感じられるものであった。

もはや恒例となった開演へのカウントダウンと共にライヴは始まった。ステージ中央に設けられたバルーンが割れ「大きな犬小屋へようこそ!WELCOME! 」の声と共に”WELCOME TO MY DOGHOUSE”が始まった。活動休止前の東京ドーム公演で最後に演奏された曲である。約17年の時を経て今に繋がったのだ。アリーナ中央に伸びた花道で演奏するメンバー。全方位から見えるその場所は全てをさらけ出すという覚悟でもあるように見えた。

そこからのライヴはまさに怒涛という言葉が相応しいほど濃いものであった。シングル曲を中心に出し惜しみなく次々に曲を披露し会場をヒートアップさせていく。

中盤では最新曲”Stars”が披露された。星になってしまったデヴィッド・ボウイへのリスペクト溢れるこのナンバーである。
東京ドームで初めて見たロックコンサートはデヴィッド・ボウイであったという。見ながら「こんなデカイところでは自分たちは無理だと思った」と思っていたそうだ。そんな舞台に立ち、歌う《DEAR MY ROCKSTAR/またあなたに呼ばれた》。これを運命と例えるのは陳腐だろうか。

“ALRIGHT”の間奏ではメンバー紹介が挟まれた。菊地英二、サポートメンバーの鶴谷崇、菊地英昭、廣瀬洋一、そして吉井和哉。次々名前が叫ばれていく、そして最後に「and Everybody!」と観客に向けての賛辞が叫ばれる。それに続く歌詞は、

《何よりもここでこうしてることが奇跡と思うんだ》

再集結のアリーナツアーから演奏され続けてきた”ALRIGHT”であるが、東京ドームのド真ん中で、誇らしげに歌い上げる姿に胸が熱くなる。

本編の最後となったのは”JAM”だ。この曲に入る前「東京ドームでやることがとても感慨深い曲」と語っていた。2004年12月のイベントで、再集結までの間で最後に演奏された唯一の曲である。そしてその舞台こそが東京ドームであった。

僕は当時を知らない。だがあの5万人の中に、あの日の”JAM”を聴いていた人がいたとしたら、その胸中を計り知ることはできないだろう。それはメンバーも同じはずだ。「感慨深い」という言葉に言葉にの持つ意味以上の感情が垣間見えた。

演奏された”JAM”は「トラウマ」とまで言った過去を全て振り払うように、いや過去も今も、未来さえも肯定するように、5万人の観客1人ひとりに手渡されるように響いていった。

ライヴ2日目。初日と同じく盛り上がったライヴ本編、最後に演奏されたのは、やはり”JAM”である。曲前に同じくMCが入ったが、その言葉は前日のものとは異なっていた。

「この場所で歌うのが、大好きな曲です」

1990年に東京ドームでデヴィッド・ボウイを見ながら「こんなデカイところでは自分たちは無理だと思った」と語っていた男は、歌い終わりに天を仰いだ。そんな”JAM”の歌詞は、

《また明日を待ってる》

という言葉で終わる。
過去と向き合うためであったライヴは、いつしか未来を見据えるライヴに変わっていた。あの日のかさぶたはもう、そこにはない。

“JAM”の前、吉井和哉はこうも語っていた「今までの日本にいなかったバンドになりたい」。時代錯誤のようなギラギラとした衣装を身に纏い、ロックスターに憧れた男達、東京ドームを完全に自分たちの遊び場にしてしまったTHE YELLOW MONKEY。

こんな最高のバンド、後にも先にもいるわけがないじゃないか。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい