1326 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

エレファントカシマシのチカラ

47都道府県ツアーを終えて〜

思い起こせば今年の初め、延々と手帳とにらめっこしながら、3月の大阪城ホール記念コンサートを皮切りに9ヶ月に及ぶ47都道府県ツアー参戦への年間計画を練ったのが遥か遠い事のようだ。日帰り圏内と前後半の最終日、合わせて計11箇所という過去にない数のチケットを用意し各地へ出向いた私の旅もようやく終わった。
故に今年はエレファントカシマシを軸に過ごしたと言っても過言ではない。そして、自分の生き方をこれほど振り返った年もそうないだろう。
それ程にエレカシのライブは他とは異質で、単純に楽しかったという感想だけでは終われない何かがあるのだ。勿論ライブは至福の時で今すぐ何処かへ飛んでいけるかの感覚に包まれるのだが、ひとたび会場から外へ踏み出せば当然の事ながら現実が待ち受けているわけで、時にはその落差に行ったことを後悔したくなる日もあった。

一体何故これほどの衝撃をうけるのだろう。おそらくは全身全霊 その時々の持てる力を惜しむ事なく剝きだす姿を目の当たりにして、普段の自分の在り方を見つめ直さずにはいられなくなるからだろう。
私の日常は様々な制約と調和しながら如何に自分の信念や思いを遂げられるのかという理想と現実の狭間で揺れ動く葛藤の連続だ。仰々しく言い過ぎたが、実のところ、まぁいいかと妥協を重ねるうちにいつしか自分の感覚さえ信じる事ができなくなってしまうのだ。
そんな私に「そんな君で良いのか」と問われた気がしてハッとする。その度に自問自答を繰り返し「自分を信じよう、最善を尽くそう、人生を楽しもう」と思い改めリスタートを決意させてくれる。
それがエレファントカシマシの持つ特別なチカラだと思っている。
さらに思い起こせばエレファントカシマシと出会って20年あまり経つが、これほど魅力的で奇天烈(褒め言葉です)な集合体は今後私の前には現れないだろう。
初めて行ったライブは、MCなど殆どなく最後はマイクを投げ捨て振り返りもせずステージを後にする、メンバーもにこりともせず後に続くというなんとも硬派なものだった。
何年か前のライブでは宮本さんが「俺の完全勝利だぜ」と言ったのが忘れられない。ライブは演者と観客の戦いの場だったのか?!と心底驚いた。
こうして硬派ロックバンドという印象を植え付けられた私は音楽以外の活動やライブの変貌ぶり、さらに今回の紅白出場への意欲には正直驚いた。あのステージを知る者としては紅白なんて一番不似合いに見えたから。
しかし、大真面目に「紅白が夢でした。白組の勝利に貢献したい」と語る宮本さんをTVで見てそんな風に感じてしまった自分を恥じた。偽りなく本気で生きている人の姿がここにある、私はこの本気な男に憧れ続けてきたんじゃないの?と。

今、夢を叶えた宮本さんを心から祝福したいと思う。
そして47都道府県ツアーを一本も欠かす事なくベストを尽くして走り切ったエレファントカシマシに感謝と賛辞を贈らずにはいられない。
ありがとうございました。
そして、おめでとうございます。

私はきっとこれからも、何度も驚かされながらもエレファントカシマシを追いかけるだろう。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい