1326 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

バンドが持つ魅力を教えてくれたバンド、ユニコーン

デビュー30周年記念リマスター盤を聴きながら

ユニコーンのデビュー30周年を記念して、ABEDONによリマスタリングされた全作品が発表された。久しぶりに全作品を聴き直して、改めて色んなことを思い出した。
なお、この記念盤で、特に初期の3枚のアルバムは蘇ったという感覚に近くて、マスタリングというマニアックな技術を習得し、膨大な時間をかけて完成させてくれた自称オタクのABEDONには感謝しかない。

ユニコーンは、いわゆる「幼馴染バンド」ではない。
最年長の川西さんが、デビューできるバンドをめざして広島で活躍していたバンドマン達に声をかけ、結成された。
ユニコーンというバンド名も、当時、奥田民生は「こんな変なバンド名、いつか誰かが変えようと言い出すと思ってたらそのままデビューしたから、驚いた」という趣旨のことを話していた。
バンド名については、最近のラジオでも民生は似たような話をしてたから、よほど気に入ってなかったのだろう。

ユニコーンを初めて聴いた時のことは、覚えていない。
多分、2枚目の「PANIC ATTACK」前後と思うけど、
とにかくデビューしてすぐに人気に火がついたバンドなので、
当時、既にホールツアーを回っていたし、音楽雑誌の巻頭特集は目白押しだったし、ライブでは耳をつんざくような黄色い声援がすさまじかった。
写真週刊誌の餌食にもなった。

ただ、当時のバンドブームは少し異常で、メジャーデビューすれば大概、黄色い声援を浴びていたので、そんな声援に簡単に溺れるミュージシャンは沢山いたと思う。
でも、彼らはそんな黄色い声援に溺れることなく、むしろ、アイドル的人気の払拭を目指すような、新機軸となる「服部」を発表する。
テッシーが最近のインタビューで、前キーボーディスト脱退後のツアーにサポートで帯同していた笹路さんが進むべき道を指し示してくれた、と話していた。すごくいい話だと思った。きっと、しっかりした人を近くに置いてくれるあたり、事務所にも大事にされたバンドだったんだろう。

その後もユニコーンの変化は止まらない。次の「ケダモノの嵐」では、民生が唄い方を変え、絞るような高音シャウトを封印し、ABEDONも真面目に歌い、川西さんも初めてメインで歌い、大人びた雰囲気となったユニコーンは絶頂期を迎える。

ユニコーンはまた、この時期に前後して、新機軸を打ち出す。
初期曲、つまりアルバム「BOOM」と「PANICK ATTACK」を封印、特に初期の代表曲「Maybe Blue」を完全に封印したのだ。
まだ多感な10代だった私にとって、これはあまりに衝撃的な出来事だった。自分達が作った曲なのに否定するの?自分達がやってきた事を否定するの?到底、受け入れることは出来なかった。
私は自分でユニコーンのライブを封印した。
(ちなみに、2009年の再結成時に某音楽番組でファンを自称する某芸人が一番好きな曲として本人達の前で「Maybe Blue」と言った時にはヒヤヒヤした。なお、2011年のツアーで「Maybe Blue」は演奏された)

それでも、新譜は必ずチェックしていた。2枚のミニアルバムの後、発表された「ヒゲとボイン」では、テッシーがメインで歌う曲があって、あのシャイなテッシーがライブで歌うの?と気になったけど、やっぱりライブには行かなかった。
制作途中で川西さんが脱退した「SPRINGMAN」は全体的に寂しさが漂うけど、それが「すばらしい日々」をさらに名曲にしてる気がした。

ユニコーンを知った時のことは覚えていないが、解散を知った時のことはよく覚えている。
当時、好きな人とのデートでウキウキして入ったCDショップで「ユニコーン解散」という文字を見つけ、崩れ落ちそうになったのである。
川西さんの脱退あたりから、おかしいとは思っていたけど、まさか…まさか…まさか…
そして解散ライブがないという残酷すぎるお知らせ…その時に胸に去就したとてつもない後悔…何て…何てバカなことをしたんだろう…何でライブに行くのをやめたんだろう…声にならない嗚咽で息が止まりそうだった。
バンドの解散でこれ程の大きな喪失感を味わったのは、ユニコーンだけだ。

そして、16年の時を経て、再結成を果たす。
かつてのバンド達がかつての通りに再結成する中、ユニコーンは再結成時にも変化していた。
ABEDONがメインボーカルのシングルを発表したのだ。
再デビュー的なお祝いシングルは、お商売的に、一番有名な民生がメインがいいんじゃないの?とかいう安直な発想はしない。
でも、これは再結成後のユニコーンを象徴していて、再結成後は多方面でABEDONの役割が大きくなった。目立ちたがり屋で、お調子者だけど、どこか繊細な雰囲気もあったABEDONは、解散している間のプロデューサー業を経て貫禄がつき、とても頼もしくなった。

再結成後は、ライブ会場に男性ファンがとても増えた。特にアリーナ会場で(キャーではなく)うぉーという歓声があがった時、これだけの男性ファンを民生が開拓したのかと思うと感慨深かった。

再結成後も、ユニコーンは変化を止めない。最新作「ゅ 13-14」では今度は共作がなくなった。
最近のインタビューでABEDONは、今も昔も変わらないのは、まともに音楽にぶつかっていること、と語っていた。
そう、彼らは、常に音楽に対して飽くなき探求をやめない、だから、常にバンドが変化していくのだ。
シャイな彼らは、昔は‘おふざけ’で、今は‘ゆるく’、音楽やってますよ、とアピールするけど、いつだって音楽に対して真摯だ。ゆるく音楽するなら、沢山の昔の名曲達の上であぐらをかけばいい。でも、再結成後も沢山の名曲を生み出し続けている。

解散している間、ユニコーンの話をすると、必ず「奥田民生がいたバンドね?」と言われるのが何とも歯がゆかった。彼だけのバンドじゃないのに、といつも思っていた。
だって、ユニコーンは、5人全員が曲を作り、歌い、演奏する楽器もひとつに留まらない。
奥田民生という、才能の塊で、モンスター級のボーカリスト兼プレイヤーを擁しながらも、決してボーカル面でも演奏面でも、彼だけが目立つことにはならない、
ユニコーンというバンドのすごさ、面白さ。

バンドはフロントマンだけのものじゃない。
メンバーの数だけ可能性があって、その相乗効果でその可能性は無限に広がって、
でも、だからこそ、その時々で奏でる音楽は変わっていき、
だからこそ、その一瞬一瞬が、儚くて尊い。
そんなバンドというものが持つ魅力を、ユニコーンは教えくれた。

ミーハーな私は好きなアーティストが沢山いて、いつの時代もその一番がユニコーンという訳ではなかった。
でも、いつも、私の真ん中にはユニコーンがいた、永遠のスタンダードとして、バンドの理想型として。
多分、この先もきっと変わらない、
命果てるまで。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい