262 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年3月9日

茶色いねこ (20歳)

TOTALFATが好きな人を好きだったはず

いつのまにか 私が好きな音楽に

私は音楽が大好きだ。だけど、音楽を好きになる動機は不純でしかなかったと思う。高校の時に好きだった先輩が、まだ駆け出しのインディーズバンドが好きだったから、無理して何がいいかわからないバンドを聞いていた。気づいたら、音楽プレーヤーをつけると真っ先に指がそのバンドのアルバムを選んでいた。好きになり理由なんて、そんなもんだ。今も、これからもきっとそうだ。
高校2年生の夏、大好きな人と二人で花火大会に行った。その人はずっと 「〜〜ステーブーハー」と歌っていた。おんなじところを、ずっと。私の方なんて見てなくてずっとその歌を歌っていた。曲名を聞いた、TOTALFATのStable Heartだった。
TOTALFATはフェスのセットリストに必ず入るような曲だけは知っていたが、あまり聞いたことがなかったし、正直歌詞に英語が多いバンドを毛嫌いしていた時期だった。
でも、好きな人が好きな曲だったら、どんな曲か、とにかく気になって 花火大会が終わると、二人の時間の余韻に浸るようにStable Heartを聞いた。
気づけば今でも、無意識にTOTALFATを、Stable Heartを聞いて、上を向いている。
エモい、エモすぎる。
疾走感があり、爽やかに情熱的であり、
一曲が風のように頭を過ぎ去って行くが
その印象をしっかりと焼きつけて行く。

2016年のロッキンジャパンフェス、TOTALFATのステージに惹きつけられるかのように向かった。最前列だった。
演奏が始まる。
語りつくせないほどの熱と、疾走感と、爽やかなエモさ。
PARTY PARTYは王道のメロディーのようにも感じるが、オーディエンスを一つにしてくれる。聞き手のグルーヴを高める最高の曲だ。
私はTOTALFATをきくとどうしてもあの人を思い出してしまう。あの人があの時Stable Heartを歌っていなかったらこのステージに私は来なかった。
そんなことを考えていると、知らないうちにあげていた手をさげてしまっていたようだ。
ホセがオーディエンスに向かって煽るように手を挙げた。
ハッとした
私は、TOTALFATをすきなあの人が好きだったおかげで
いまTOTALFATが大好きなんだ。
同じステージに来ているオーディエンスと一体になれているのだ。

音楽を、バンドを、曲を好きになる理由なんてそんなもんだ。
今でもTOTALFATをきくと思い出すが
昔と違って あの人を思い出すためにTOTALFATをきくのではない。
TOTALFATが聞きたいから聞いている。思い出すのはそのおまけ。

そんなことを考えながら今は夏フェスに心を寄せながら
Summer Frequence を聞いている。

私はTOTALFATが大好きだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
音楽について書きたい、読みたい