262 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年3月15日

奥田夏音 (25歳)

最果てに見る光

ユビキタス・走り抜けた5ヶ月の先に

この日、ユビキタスの第1章が終わった。そんな風に思えるライヴだった。

青白い光に包まれた渋谷WWWのステージに、ヒロキ(Dr.)の姿はなかった。直前に体調を崩し、ギリギリまで粘ったものの、このステージに立つことは見送られることとなったのだった。完全な三角形ではない形でのライヴで、第1章が終わったなんて、そんな言葉は似合わないかもしれない。彼らは不服とするかもしれない。それでも、そう感じさせたのだ。このツアーは彼らを大きく変えた。最後の最後に音楽の女神がいたずらを仕掛けたかのような壁に阻まれ、それでもなんとか走りきった。ヒロキが帰ってくるまで、その壁を越えたことにはならないだろう。だとしても、このツアーは彼らにとって、一つの集大成となったように思われる。
 

ヤスキ(Vo./Gt)の歌声が、しんと静まったフロアを裂いた。まっすぐに心に突き刺さるようなその鋭さと透明感は、彼がシンガーとして、ヴォーカリストとして、そして表現者として力をつける中で、さらに強くなり続けている。その第一声で空気が変わる。その伸びやかで力強い歌声で、耳も目も心も、ステージに惹きつけられ、釘付けになる。何度その声を耳にしても、何度その瞬間を味わおうとも、決して慣れることはない。その場にいる全員を飲み込み、巻き込んでいく空間を彼は一瞬で作ってしまうようになった。

「ジレンマ」、「君の居場所」、「R」と最新アルバム「ジレンマとカタルシス」から新曲の数々をドロップしながらも、彼らの楽曲の中では一番古い名曲「僕の証明」、鋭くも重いニケのベースが光る「アマノジャク」、軽やかで煌めくような「パラレルワード」といった過去の作品も見事なバランスで織り交ぜ、そこに集まったすべてのファンを、彼らの描く色鮮やかなワンダーランドへと誘った。シリアスに胸を突くような鋭い言葉を、息つく間もなく並べたかと思えば、心にじわりと流れ込むような暖かいバラードをゆったりと聴かせ、さらには思わずクラップをしたくなる、心が浮き立つようなハッピーな音を降らせる。ジェットコースターのようにめまぐるしい選曲に、フロアの熱はとどまるところを知らずただ上がり続ける。急遽サポートが決まった2人のドラマー、reading noteの平郡智章、元Applicat Spectraのナルハシタイチも、たった2、3日でそこまでと思うほどの、メンバー2人との完成度の高いユニゾンを見せ、演奏面において言えば、正規のドラマーの不在を少しも感じさせはしなかった。ユビキタスの4年をダイジェストにしたかのようなそのセットリストは、もしかすると、ヒロキがいればもっと違ったものになっていたかもしれない。しかし、この、新旧問わず織り込んだセットリストだったからこそ、ツアーファイナルを飾るにふさわしいものになったと言える。

ライヴ終盤、MCはやはりヒロキの話題となった。「湿っぽくしたくなかったから」と笑いながらも、やっぱり3人で立ちたかったと、ヤスキもニケも言葉を詰まらせた。そして、誰よりもヒロキが悔しいはずだと、涙を浮かべながら、想いを一つずつ言葉にした。振り返れば、3人でステージに登らなかったことはなかった。風邪をひいても、体調が悪くても、ちゃんとその日になれば、彼らは光射すステージの上にいた。それがまさかツアーファイナルなんて、ワンマンなんて、そんな大きなステージで叶わないなど、本当に誰も思いつかなかったはずだ。時々自分自身を茶化しながらも、悔しさを隠しきれずに涙をあふれさせるヤスキとニケの姿は、胸が痛くなるほどに切なかった。「次は絶対ヒロキも連れてくるから」と歯をくいしばるようにしながらこぼした言葉には、絶対という言葉を裏付けるような意思の強さと、バンドを想い、メンバーを想う切実な愛情を感じた。この結束力の強い、3人の正三角形はプリズムのように光を取り込んで、七色に変えて放つのだと、皮肉にも一人不在の中で思い知らされたのだ。

この日の本編最後の曲「カタルシス」。すべてを許し、包みこむような大きさと、光を降らせるような開放感のある演奏は、この日を、そしてさらに言えば、このツアーを締めくくるにこれ以上ないほど素晴らしいものだった。曲の最後、《君の選ぶ道を/僕は認めてるよ》というフレーズを、マイクも通さずに叫んだヤスキの姿に、今のユビキタスの芯を見た。誰しもが、先の見えぬ道に迷い、ジレンマの中で自分を見失いそうにさえなる。そんな中で、欲しい言葉はただ、絶対的な肯定ではないだろうか。「君なら大丈夫、わかってる。」そんな風に彼らの音は心のすぐそばで鳴る。彼らの音楽は、紡ぎ出す言葉は、聴く者の心に寄り添い、ただ全力で肯定して背中を押してくれる。かつてそんな音楽を鳴らしたいんだと願った彼らの心は、ちゃんと音に乗り、言葉に乗り、彼らを愛する人たちに届きはじめている。今少しずつ、形になろうとしているのだ。鳴らしたいものを見つけた今のユビキタスは強い。眩しくもあたたかく、鮮烈でまっすぐな光を、音にして降らせている。
 

冒頭、彼らの第1章が終わったと書いた。しかしそれはただの区切りにすぎない。物語は途切れず、彼らの創り出す世界は続く。これまでの4年の上に、これからのユビキタスがある。3人の結束力と、彼らが手にした、ヤスキに言わせるところの「武器」である楽曲の数々、そして彼らが見つけた鳴らしたいと願うもの。これまではそれが揃うための第1章だったのだ。それが揃った今、彼らは次のフェーズへと駆け上がろうとしている。そして今回彼らが味わった、いるべき人がいないステージ、そのためにと日々を積み重ねてきた目標のステージに立てなかった悔しさは、今後彼らが音を鳴らし続ける中で重要な核となるだろう。悔しさこそが、人を焚きつけ、さらなる高みを渇望させるのだから。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
音楽について書きたい、読みたい