1384 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

BLUE ENCOUNT

音楽で私を強くするスーパーヒーロー

朝、目が覚める。また月曜日がきた。つらい1週間が始まる。学校に行かなきゃ。行きたくない。重い体に鞭を打って起き上がる。机の上のiPodに手を伸ばし、画面上に彼らの名前を探した。
 

BLUE ENCOUNT
 

頑張りたいとき、頑張らなければいけないとき、私はいつもBLUE ENCOUNTの音楽を聴いている。
私にとってBLUE ENCOUNTは、自分を強くしてくれる、背中を押してくれる、スーパーヒーローだ。
 
 

BLUE ENCOUNTというバンドを知ったのは、あるラジオがきっかけだ。私が好きだったラジオのパーソナリティーが、その名前を口にしていた。
ある日、ふとその名前をスマホで検索すると、「号泣バンド」という言葉とともに、BLUE ENCOUNTのことを書いた記事が出てきた。

Vo.田邊駿一のMCがアツく、客はみんな涙してしまう。それが彼らの最大の特長である、と。

正直、このときはBLUE ENCOUNTというバンドに惹かれなかった。ライブにも行ったことがなければ、彼らの曲も聴いたことがない段階で、こんなことを思ってしまったことを今でも後悔しているのだが、”アツいMC” “泣けるMC” で売っている感じがして、なんだか気に入らなかったのだ。
このとき、すぐにBLUE ENCOUNTの曲を聴いていれば、もっと早く彼らの音楽に出会えていたのかと思うと、後悔が募る。
 
 

彼らのことを知れば知るほど思うのだが、彼らの最大の特長はMCじゃない。

彼らの “音楽” だ。

私はそう思っている。

最初にそう感じたのは、「もっと光を」という曲を聴いたとき。

〈もっと光を / もっと光を / もっと光を君に届けたくなったよ / もっと光を / もっと光を / もっと光が君に届くように〉

真っ直ぐすぎるくらい、真っ直ぐな歌詞、真っ直ぐな音。圧倒された。再生ボタンの向こう側に、音楽を通して全力でぶつかってくる彼らの姿が見えた気がした。

それからしばらくして、私は初めてBLUE ENCOUNTのライブに行くことになる。

「HEART」という曲から始まったこの日のライブ。
一音目から鳥肌が立った。楽器のことなんてど素人な私にでも分かる。この人たちの演奏はすごい。
“一音入魂” とはよく言ったものだ。彼らの演奏はまさにそれだった。ひとつひとつの音に、彼らの思いが溢れんばかりに詰め込まれていた。

それから、この日もうひとつ印象的だったことがある。メンバーの表情だ。
2時間弱のライブ中、本当にいろんな顔を見た。きっと、どの顔も彼らのありのままの気持ちを表していた。そして、あの会場にいた誰よりも、メンバーが楽しそうにライブをしていた。
そんな彼らを見ていると、日頃の悩みや、得体の知れない不安なんて忘れて、自分も自然と素になっていた。

完全に魅せられた。

ライブ前は、いろんな不安に押しつぶされそうになっていた私。ライブが終わったときには、少しだけ強くなれた気がした。

この日から、私にとって彼らは、唯一無二のスーパーヒーローになった。
 
 

先日、人生で3度目のBLUE ENCOUNTのライブに行ってきた。
あの日と変わらず、彼らはステージの上でもありのままで、真っ直ぐにぶつかってくる。
それに応える私達も、いろんなものを脱ぎ捨てて、素にならなければ、彼らの勢いに振り落とされてしまいそうだ。

「振り落とされる」なんて言葉を使ったが、決して横暴ということではない。
彼らのライブには、音楽には、温かさがある。不器用だけれど、だからこそ、等身大の、親しみのある熱をくれる。
そして、その少し高めの心地良い熱は、私にまとわりつく悩みや不安を包み込み、私の体は少しだけ軽くなる。
また明日から頑張ろう、まだ頑張れる、そうやって私はまた、彼らの音楽救われるのだ。

この日のライブで、Vo.田邊駿一はこう言った。
「もし、バンドマンに対して疑問に思うことがあったら、納得するまでライブに来てください。全部ぶつけてこい。音楽で返します。」
簡単な言葉になってしまうが、胸がアツくなった。涙が出た。
先ほど私は、彼らのライブのMCについて批判的な言葉を書いた。しかし、彼らは「音楽で返す」と言った。ちゃんと音楽で闘っている。
「かっこいい」
心の底からそう思った。

初めてのライブで、「最高。なんていいバンドなんだろう。」と思った気持ちの何倍もの思いを、2度目のライブでは感じた。2度目のライブの何十倍もの思いを3度目のライブでは感じた。
彼らは毎回記録を更新してくる。
そして、私は毎回悔しくなる。次に会いに行くときには、私ももっとかっこよくなってやる、もっと強くなってやると、自分と約束する。

私は今日もBLUE ENCOUNTの音楽を聴いている。
少しでも強くなった自分で、また、大好きなスーパーヒーローに会いに行くために。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい