1376 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ザ・クロマニヨンズが教えてくれた。

イカすぜ!ロックンロール!

ザ・クロマニヨンズに憧れました。
僕がクロマニヨンズを聴いたのは一年前。
ナオト・インティライミなどを聴いていた僕はロッキングオンジャパンでクロマニヨンズを知りました。メンバーの甲本ヒロト(以下ヒロト)と真島昌利(以下マーシー)がインタビューに応じていたのですが、そのインタビューが驚くほどグダグタで爆笑しました。そして何故か、そんなグダグタインタビューが何度も読みたくなりました。それぐらいヒロトとマーシーには魅力があったのですね。そしてそんな彼らの音楽が聴いてみたくなりました。そしてその年に出た彼らのCDを買い、聴いたのです。驚きました。彼らがこんなにカッコいい音楽を鳴らしていたなんて! 衝撃でした。もともとロックが好きでしたが、これが本当の意味での初期衝動だったと思います。そしてクロマニヨンズがみるみる好きになりました。クロマニヨンズに自分のロマンを感じたのだとおもいます。クロマニヨンズを聴いた時、別の時代の流れを感じました。自分が今生きている時代の流れとまた違う、何年も前の流れを感じたのです。そんな時代に流されない、自分たちの音を出す彼らはとてもカッコいいです。これがクロマニヨンズの魅力だと思っています。そして僕はThe Beatlesを聴き始め、ロックンロールにのめり込みました。もちろんクロマニヨンズも今も大好きです。僕がThe Beatlesを好きになったのはクロマニヨンズがThe Beatlesの素晴らしさを教えてくれたのだと、気づきました。凄い話だなあ!と感じました。クロマニヨンズはきっとロックンロールの衝撃を伝えたかったのだと感じました。
ある時、ヒロトはこんなことを言ってました。
「月は自分で輝いてないよね?太陽の光を反射しているよね。ロックもこれと一緒だと思うのよ。大昔のロックンロールをみんな反射させて音楽をしている。だからみんなも反射させてみんなに伝えてください。」 まさしくこのことだと思います。僕はクロマニヨンズという月の反射光の元を辿ってThe Beatlesを聴いたのだと思います。凄い話ですね。クロマニヨンズはきっとこれを伝えていたのだと思います。クロマニヨンズが伝えてくれたのですね!
これからも僕はロックを聴き続けていくと思います。クロマニヨンズのおかげで本当に良い音楽を見つけられたなぁと感じます。ありがとう!ザ・クロマニヨンズ!
ロックンロール!!

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい