1240 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

オメでたい頭でなにより

人生の楽しさを思い出させてくれたバンド

人に歴史あり。
満員電車の隣の人も、ライブハウスでモッシュしてる人も、すれ違った人も。
過去がない人はいない。
大多数がそれを語らないだけで、誰だって数十年生きれば小説になるだろう物語を持っている。今現在もいずれ過去になる。

過去を踏まえてその時の「今」を支えてくれた音楽やバンドは沢山あった。
あの音楽があったから、あのバンドがいてくれたから今生きている。

でも「オメでた」は違う。

2017年のROCK IN JAPAN。
彼はほんの数分だけBUZZSTAGEに現れた。
さくらんぼのカバー曲を披露。
女性のような声に驚いたが、それよりも「手拍子ください。」といったときの可愛さ、からの「歌えロッキン!」の煽りに心の底からゾクゾクした。楽しさが湧き上がってきた。「続きはYouTubeで!」と言って去った彼こそバンド「オメでたい頭でなにより」のボーカル赤飯だった。
ゲストというにはあまりにもインパクトが強かった。さくらんぼでヘドバン、可愛さと激しさの融合。そして何よりバンド名が衝撃的だった。

「オメでたい頭でなにより」

それは二十代前半まで自分の代名詞だった。
人生が楽しかった。何をしてもどこにいても楽しかった。物事全てプラスで受け止められていた。それゆえ人からは「おめでたい頭でなにより。」と言われていた。
しかし歳を重ねるごとに手放しで「人生が楽しい。」とは言えなくなっていた。
仕事、恋愛、人間関係、未読、既読スルーのメッセージ。20代がタイムリミットであるかのように人が集まるところでは結婚についてをとやかく言われる。悩みは底を尽きない。

縁のようなものを感じてYouTubeで検索し「オメでた」が五人組のバンドだということを知った。
「SHOW-GUTS」のMVを見て、直近でいけるライブの情報を探した。
11月のワンマンなら参戦できると思い友達数人に声をかけたが、軒並み予定が合わず、ぼっち参戦で行くか、諦めるかの選択を迫られた。普段の私なら諦めていただろう。
だがその時はどうしてもこのバンドをライブで見たかった。
フェスの余韻も後押ししてチケットを購入した。
選択枚数1枚。いつも以上にドキドキした。
そこからは毎日のようにYouTubeでオメでたを見ていた。
どんどんのめり込むように好きになった。

ワンマン当日。

ぼっち参戦も川崎CLUB CITTA’もオメでたライブも全てが初めてで。
心細さからチケットをとったことを後悔したりもした。
YouTubeで何度も見た「VIVA!ハピバ」の「”初めて見るよ”とか”ライブ不慣れ”だとかなにも構うもんか」「”ぼっち参戦”だとかなにも構うもんか」という歌詞をチケットと一緒に握りしめるような気分で開演をまった。

開演してからはただただ楽しかった。
人生で経験したどんなフェスやライブよりも楽しかった。
暴れずに見たい人のための「デリケートゾーン」通称「デリゾ」。
曲中にメンバーがサイリウムを売りだす曲中物販。
メンバーがフロアに降りて来て一緒に騒いだり。
「思いやりのぶつけ合い」を掲げてるバンドだけあってフロアの人たちも優しかった。
ライブ中、転んでしまう人がいたら手を貸し、ぶつかったり足を踏んだら、謝る。
昨今日常生活ですらなかなかこの光景は無い。
おまけに曲中物販を買えずにいたら見ず知らずの人が「使っていいよ!」とくれた。
物販だけでなく曲中で名刺交換があったりダルマさん転んだをしたり。
ライブが終わった時私はチケットを取ったあの日の自分に「ありがとう」を言いたかった。

川崎CLUB CITTA’を出た時私は清々しい気分だった。
どこまでも見通せそうな、全てが晴れたようなそんな気分。
仕事、恋愛、人間関係、未読、既読スルーのメッセージ。人が決めた結婚の適齢期も。
先ほどまで悩んでいたことが綺麗さっぱりどうでもよくなって頭の中には次のオメでたのことしかなかった。
とても前向きな「どうでもいい」がそこにはあった。
すると不思議なことに仕事、恋愛、人間関係もうまく行くようになった。
ライブはぼっち参戦でもいいやと思っていたら、オメでた仲間ができた。
幸せを感じるたびにその幸せに終わりがあると身構えていた自分は一つのライブでいなくなった。

人生がまた楽しくなった。

「生きててよかった。」そう思える日が来ることを「消えたい。」と望んでいた自分に教えてあげたい。

今はただ2月のツアーとこの先のオメでたの活躍が楽しみでしょうがない。

オメでたは私にとって「今を前向きに、そして未来に引っ張り上げてくれるバンド」だ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい