1445 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「だって、あたしたちエバーグリーン」

ふくろうず解散に寄せて

『まだ やってないことあったっけな
 全部 やったしやってないって感じ
 エバーグリーン、ずっと』

エバーグリーン。音楽においては、「時を経ても色褪せない名曲」といったニュアンスで使用される。
デビューからずっと、「ごめんね」と歌い続けてきたふくろうずは、結果的に解散ライブとなったその夜の最後の曲に、正にその日の為に作られたかのような、この「エバーグリーン」という曲を選んだ。
僕がふくろうずの数ある名曲の中で、最も好きな曲だ。

僕がふくろうずに出会ったのは、去年の夏ごろだった。
YouTubeでたまたま聴いた「びゅーてぃふる」の、曲の美しさ、飾り気のない真っ直ぐな歌詞、そして何よりもPVのメンバーの姿が魅力的に感じられた。
結果的に、ふくろうずとしてのライブを観ることは叶わなかったが、ボーカル内田万里さんの弾き語りツアーには足を運んだ。
ライブ後に握手して頂いた時のあの笑顔を、今でも鮮明に思い出すことが出来る。

僕は普段、何かにつけて考えすぎてしまうところがある。
考えて考えて、考えすぎてしまうばかりで、何事においてもなかなか行動することが出来ない。
そしていつも、自分に対して不甲斐なさとやり切れない気持ちを感じている。
だからこそ、そんな自分さえも「それで良いんだよ」と歌ってくれるような、優しいふくろうずの音楽を一気に大好きになった。
過去の作品を聴き漁り、来る日も来る日も毎日、夢中になってひたすらふくろうずばかりを聴いていた。

内田万里さんは、凄く変な歌詞を書くと僕は思う。曲のテーマとして選ばれるのは、恋愛という、ごくごく普通のものであるが、描かれる感情の動き。人間の持つとても醜い部分。どこか人間関係に冷めている様。
本来ならこっそり蓋をしておいても良いそれを、内田万里さんは歌う。それも分かりやすい、ありふれた言葉でだ

だが、解散してしまった今だからこそ、ありふれていると言えども、自分の感情や心の動きに敏感な人間でないと、ふくろうずの音楽は届かなかったのかなと感じてしまう。
やり切れない気持ち、割り切れない気持ち、憎しみ、悲しみ、怒り、人を深く深く愛する気持ち、深く愛したからこそ生まれる新たな憎しみ。
そんな自分自身の心を理解し、醜さに気づき、やり切れなさを感じ、そして思い悩む人間にしか、ふくろうずの音楽は響かなかったのではないか、と考えてしまう。

ふくろうずとして、最後のアルバムとなった、「びゅーてぃふる」発売時、内田万里さんが、「バンドを続けるためにはもっと売れたい」といった趣旨のことを話していた記憶がある。
その最後となったアルバム、「びゅーてぃふる」を聴いた時、新参者でありながら、「このアルバムは絶対に売れる。やっとふくろうずが正しい場所で評価されるのではないか。」と生意気にも思った。

ふくろうずの過去の作品を聴いていると、その音楽性の変遷ぶりに、自分たちが目指す景色に、少しでも近づきたいと、必死にもがく姿を素人ながらに感じる。
時に全曲打ち込みで作ったり、バンドサウンドが前面に出たり、バンドの核となる部分は全く変わらないのだが、その核となる部分を表現する方法を、模索していたのだろうな、というのが、聴けば聴くほど強く感じられる。

そんな歴史の全てが詰まったのが、最後のアルバム「びゅーてぃふる」だった。
磨かれてきたサウンドの純度の高さ、内田万里さんという人間の魅力が凝縮された歌詞。
結果としては、本当にそうなってしまった訳だが、ふくろうず10年間の集大成とも言える作品だと、強く感じた。

だがしかし、ふくろうずは解散してしまう。たくさんの名曲達を残して。
解散の理由は自分なんかには分からないし、知る由もない。
永遠なんてないんだよと、必ず終わりが訪れるんだよ、ということを突きつけられた気がして、ただひたすら悲しかった。
あるバンドマンは、「バンドが続いていくことは奇跡」だと言った。
ふくろうずの奇跡は、無情にも早すぎる終わりを迎えることとなった。

内田万里さんは自身の連載(ホンシェルジュ)の中で、
『わたしたちの作ってきた音楽も、いつかは「消滅」するんだと思います。
ビートルズの音楽のように、100年後も残っているとは思えません。
でも、完全に消え去ってしまうその日まで、ほんのわずかにでも良いから誰かの心の中でそっと輝いていて欲しい。
そう願っています。
そうしたら、わたしはバンドをやってきて良かったなあと思えます。』と語っている。

確かに、100年後に残っている音楽ではないかもしれない。
いつか完全に消え去ってしまう日だって、来るだろう。
でも何年経っても、何十年経っても、いや、何百年後も、ふくろうずのことを深く愛した人達の、そして僕自身の心の中で、ふくろうずの音楽は輝きを放ち続ける。
そして、その輝きは増していくのだろう。

だってふくろうずは、僕らのエバーグリーンなのだから。ずっと。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい