1373 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

とにかくキュウソネコカミのライブが楽しみ過ぎるって話

笑いだけの面白さではない、面白さ

始めてキュウソのワンマンに行く。
アルバムはほとんど全部持ってるし、ライブを観るのは過去にフェスで2回ほど見たことがあるが、ワンマンは初めてだ。

2014年4月1日メジャーデビュー。キュウソがメジャーデビューして4年が経った。
トップバッター常連だったキュウソも、今ではフェスでトリをやるようなバンドにまで成長している。
今までのキュウソも面白かったが、今のキュウソは違った意味で、最高に面白い。今まではバラエティーを観ている感じの面白いだったが、今は青春ドラマを観ているような面白い。笑えるだけではなく、喜怒哀楽を全部グチャグチャにしてくれる面白さだ。
とくに最新の『にゅ〜うぇいぶ』は最高。良い意味でメジャーを無視した、過去のキュウソを彷彿とさせる自由なアルバムだった。
『止まったら死ぬかもしれない』というフレーズが今のキュウソには生々しく熱い”5RATS”、メジャーでそこまで言って大丈夫か?とハラハラしてしまう”☆断捨離☆”、そういうファンも居るだろうに、あろうことかメンヘラを歌にしてしまう”メンヘラちゃん”、映画のタイアップを経験しているのに、映画のことをdisる”NO MORE 劣化実写化”。キュウソは未だに噛み付きまくっているのだ。
噛み付くだけではない。キュウソ史上最もかっこいいのではないかと思う”邪邪邪VSジャスティス”はギラギラの照明で照られたステージで歌ってる姿を想像して熱くなるし、”わかってんだよ”はめちゃくちゃエモい!!
キュウソが歌う”弱いくせに強がってる主人公”は等身大で、形のないに親友のような感覚になる。強がりも本音も、それでもこうなりたい!っていう強い意志も全てを飲みこんで、それを同じ温度で聞いてくれる親友のような親近感がある。
更に言うと、このアルバムの”わかってんだよ”の前に収録されている”サクランボウイ”はタイアップのために書いた曲で、その曲は残念ながらタイアップに採用はされなかった。(『にゅ〜うぇいぶ』のライナーノーツより)そういった『うまくいかなかったこと』すらもキュウソらしさに変えてしまう強さがめちゃくちゃ好きだ。

もう何時間かあとに始まるキュウソのライブが、本当に本当に楽しみだ。
僕はこれをカフェでスマホに打ちながら、興奮で手に汗をかいている。”DQNなりたい、40代で死にたい”とか”KMDT25″とかの面白い曲も、”ウィーアーインディーズバンド!!”、”ビーフ or チキン”といったカッコイイ曲も、”ハッピーポンコツ”、”何も無い休日”みたいなグサっと刺さってしまう曲も、全部好きだ。
色んなバンドが現れて、キュウソはもう若手バンドではなくなった。ファン層が被ってるバンドも現れて、メジャー5年目になり中堅になった彼らが今後は何を歌っていくのか。『優しい歌は歌えないし ロキノン系にはなれそも無い』”キュウソネコカミ” と歌っていた彼らがどんなバンドになっていくのか。これからが楽しみ過ぎる。長く長く息をしてほしい。バンド名の通り、これからも噛み付きまくってほしい。

とにかく、まずは今日のライブが本当に楽しみだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい