1165 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

荒川ケンタウロスがいる日常

バンドの物語が続いていくこと

「おすすめのバンドは?」と尋ねられた時、荒川ケンタウロスの名前を挙げることにしている。
 

男性5人組、鳩が目印のおしゃれバンド。
 
 

このバンドが奏でる音を聴いてほしい。あわよくば、一緒にライブに行ってほしい。

きっと好きになるよ、とっても素敵だよ、と推し、せっせと荒ケン仲間作りに勤しむ。
 

彼らの音楽を聴くと、ありふれた日常が、物語のように変わっていく気がする。何気ない瞬間が愛おしく感じられる。
 

「大人になるってなんて 自由で不自由なことなんだろう あこがれになってしまえば楽になるのかな」【RPG】
 

「どこまで逃げてもこの町は 君の面影に出会うばかり 高層ビルに遮られて 今となってはもう景色も変わって」【ニュータウン】
 

懐かしい景色、子供のころの思い出、誰もが感じたことのある寂しさ。

それらが呼び起こされて、記憶の中から転がり出してきて、きらりと光るような気がするのだ。

声高に、勇気や希望を叫ぶのではなく、明日からも自分の日常をしっかり生きようと思わせてくれる。
荒川ケンタウロスはそんなバンドだ。
 
 

「バンド」なんてものを好きでいると、「大切なお知らせ」という文字に対しては、反射的に身構えてしまう。
 

「大切なお知らせ」という言葉の裏には、かなりの確率で、解散や活動休止、脱退、メンバーの体調不良などの良くない知らせが待っているものだ。
 

だから、彼らから発信された、「今後の活動に関するお知らせ」という言葉を目にした時、とっさに「その日が来てしまったのか」と思った。
 

覚悟を決めてクリックした時、1番最初に「まずはじめに、悪い話ではありません」とあった。

そこには、

「結論として、僕たちはバンドを継続させようと思っています」
「それぞれの人生を大切にしつつ、ライブもこれまでよりもっとするだろうし、CDでの音源もきっと出します」
「何より、このまま荒川の楽曲たちが忘れ去られるのは悲しいから」

という言葉が並んでいた。
 

安堵で視界がじんわりと滲んだ。彼らの音楽がある日常は、これからも続いていくのだ。
 
 

その後にふと、彼らの物語の始まりの曲、そして私と彼らとの出会いの曲、【天文学的少年】の歌詞が頭に浮かんだ。
 

「いつの時代に 生まれようとも どこの世界で 亡くなろうとも 君をとりまくことの全てが 奇跡そのものだよ」【天文学的少年】
 
 

バンドが、続いていくことは、奇跡だ。

どんなに人気のあるバンドでも、ある日突然終わりの日を迎えてしまうことがあるから。

そんな世界で、そのバンドに出会えたこと、好きになれたことも奇跡だと思う。

奇跡と言ったら大げさで、偶然の連鎖かもしれないけれど、彼らに出会えたことが嬉しいし、見つけ出した自分を誇りに思う。
 

「忘れ去られるのは悲しい」と言うが、私が荒ケンの曲を忘れ去ることは絶対に無い。

誰が忘れても、その優しいメロディーを、美しい歌詞のひとつひとつを、ライブのあたたかさを、私は覚えている。
 

「僕がひとりよがりを止めないから たくさんの輝きをなくしてしまっていたのでしょうか ホントの自由はどこまでも不自由と隣り合わせだ」【ティーティーウー】
 

2年前の「時をかける少年」リリースツアーのファイナル渋谷WWW。アンコールが終わってメンバーがステージ袖に帰った後、誰からともなく歌い始めた【ティーティーウー】。それはやがて大合唱となり、その声に応えてメンバーが再びステージにやってきた、あのあたたかくて幸せな時間を、いつまでも覚えていたい。
 

またライブにだって行きたい。
CDを手に取る喜びを味わいたい。
 

次のステップに進む彼らの音楽が、私たちの日常を輝かせてくれることを楽しみにしている。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい