1170 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

傷口に岩塩揉み込まれる

背中をさすってくれるback number

私の好きな人には好きな人がいる。その人はずっとその人のことが好きで、ただただ真っ直ぐにその人の事を思っている。

その人のどういうところが好きなのか。
最近、どんな風に会って会話したのか。
その人にどんな言葉で突き放されたのか。
私はずっと隣でそんなあなたを見てきた。

だから、あなたを好きだと気づいた時には本当に辛かった。
ああ、私の恋は報われることはないのだろうな。
私があなたを思うくらい、あなたもあの人のことを思っているなら、、、。

どこかで聞いたことある事だなと思った。
あ、「幸せ」の歌詞で同じようなところがあったな。
そう気づいたら、幸せを聴かずにはいられなかった。

「となりにいる私じゃ勝ち目が無いって事も 本当はもう知ってたの」(幸せ より)

「あなたが今しているのは 私が一番聞きたくない話なのに それでも聞き続けるのは あなたに会えなくなるよりは まだ少しだけましだから」(幸せ より)

「こんなに好きになる前に どこかで手は打てなかったのかな 」(幸せ より)

全部の歌詞が私の気持ちを代弁しているようで。
誰にも相談できず、どうしていいのか分からない気持ちを見透かされているようで。
特にサビの歌詞は私そのものだと思ってしまった。

「最初から あなたの幸せしか願っていないから それがたとえ私じゃないとしても ちゃんと最後は 隠した想いが見つからないように 横から背中押すから 誰よりも幸せにしてあげて」(幸せ より)

もともと、相談にのっていて、うまくいけばいいなと思ってた。
でも相談にのっているうちに、どれだけあなたがあの人を大切に真っ直ぐに思っているのかが分かって。
そんなところに惹かれていく自分がいて。
でも、自分は相談相手で友達だから。
この想いは隠さなきゃ。
 

back numberに傷口に岩塩揉み込まれた。
もう、胸が苦しくて。本当に辛かった。
どうしようもないくらい私はその人のことが好きなのだなと再認識させられた。
涙が止まらなかった。

でも、ここで救われたのはこの「幸せ」を聴かずに一人で考え込んで泣くのと、「幸せ」を聴いて泣くのとでは随分違ったのだろうなということ。

「幸せ」を聴くことで、back numberが隣にいてくれた。
隣で背中をさすってくれた。

ただ、そんな気がした。

back numberがいてよかった。
一人で泣かずにすんだ。
どんな場面でも、隣で背中をさすってくれるバンド。
これからもお世話になります。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい