1525 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

短編映画

2というバンドと私の話

私は「2」というとんでもないバンドに出会ってしまったようだ。

初めて聴いたのは「Family」という曲だ。まずMVに圧倒された。今もっている全てを振り絞って身を削っているギリギリ感とヒリヒリ感。でも一体感もあって清々しい姿を見せてくれた。素直にかっこいいと思った。

離れても一緒いすぎても
面倒臭くても むかついても

家族は僕の夢と歌うこの歌が大好きになった。まず、家族のことを歌っている曲をあまり聴いたことがなかったため、新鮮だった。家族のことを思いたくなる。アレンジも台風が過ぎ去るように一瞬で、途中竜巻が起こっているのようなギターのフレーズ。

2の曲は全部大好きな曲だがその中でも特に「LONELINESS BOY」という曲が大好きだ。

地図からはみ出し続ける
無謀な冒険者
君はそう 皆よりきっと素敵な社会不適合者さ

LONELINESS BOY LONELINESS BOY
けど独りの痛みに慣れないでね
たまには誰かを傷つけては
優しさに気づいてね

こんなに優しいうたがあるとは思わなくて、涙が溢れた。ひねくれまくっている自分の曲だとさえ思ってしまった。そのままでいていいよと言われている気がしてならなかった。

セカンドアルバムの「LUCKY BOY」という曲の

鉛筆の芯をよく折って
消しゴムをしょっちゅう無くす
少年だった僕は今
ギターピックをすぐ割り

この曲を初めて聴いたとき「共感」という気持ちをもった。私は歌を聴いて共感したことがほとんどなかったため、この歌詞は自分のための歌なのでは?と思ってしまった。この歌詞から浮かぶ映像と普段の学校の風景があまりにも一致していたことに自分自身驚いた。
だから、この曲が存在している事が本当に本当に嬉しい。

もうひとつ特に好きな曲がある。それは「DEAD HEAT」という曲だ。

おまえがずっと羽ばたいてる間
俺は地面を這いつくばってた
おまえが今翼折れたのなら
俺が今度は羽ばたくから

私には友達がいる。大好きな友達だ。私にも彼女にも夢がある。それは似ているけど違う。お互い夢が叶って欲しいけど、仲良く手を取り合ってゴールする気もない。そんな気持ちとリンクした。私の夢がいつか叶ったら、友達に羽ばたく姿を見てほしいと思った。

他にも「BOY AND GIRL」の甘酸っぱい気持ちや、「GO 2 THE NEW WORLD」の新しい境地に飛び込むワクワク感と不安のギリギリの間の気持ちなど、こんなにたくさんの歌に共感したことがなかったため、本当に嬉しかった。

心の奥の奥にある引き出しをそっと開けて、そこに全力で叫んできてくれたのだ。

音楽は癒されるもの、盛り上がるもの、楽しいものなどたくさんある。しかし、心の琴線に触れるような音楽は数少ない。2の音楽は私にとって後者だ。

2の音楽全部に共通するイメージがある。それは青空が広がっていて、雨上がりの水溜まりが少し残っていて、周りに誰もいなくて、植物や建物からしか音が聞こえないような孤独だけど美しい空間にそっと流れ始める音楽だ。
その中空間に1人ぼっちで寂しい気持ちのときに、2が優しく大声で全力で歌ってくれているイメージだ。

こんな映画みたいなシュチュエーションをいつか映像に残しておきたいと思った。想像しただけでワクワクする。

そう考えると2の音楽は70分くらいの一瞬で終わるような短い映画みたいだなと思う。気づいたら終わっていて、そのあと余韻が長い感じの、そんな映画だろう。

今度のツアーでは私の住む街にも2がライブをしにやってくる。

そのときはきっとライブハウスに青空が広がって土砂降りで虹がかかるような映画が始まるだろう。72分くらいの映画かな。

会えるのが本当に楽しみだ。

長々と語ってしまったが、つまり私は2が大好きだ。

2に出会えて本当によかった。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい