1174 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

NEW ALBUM「ENSEMBLE」超個人的全曲レビュー

Mrs. GREEN APPLEと私

ミセスの音楽を聴いている時だけは余計な事を忘れて楽しい気持ちになれる。私はきっと死ぬまでずっとMrs. GREEN APPLEの音楽を聴き続けるんだろうなとこのアルバムを聴いて思いました。
そんな素晴らしいアルバムの全曲レビューを超個人的な目線で書きました。
拙い文章で伝わりにくい表現も多いと思いますが、私と同じくミセスの音楽を愛してやまない方々に読んで頂けたら嬉しいです。

1.Love me, Love you (ENSEMBLE Version)
このアルバムの幕開けに相応しい、ENSEMBLEバージョンってこういう事か!そうだよね!って思うようなイントロとアウトロが加わりパワーアップした”Love me, Love you”。シングルバージョンで既に大好きだったのに好きが増しすぎてどうしたらいいの…。好き…。好き…。

2.PARTY
ミセスの今までの音楽性、そして人生における喜怒哀楽の全てを詰め込んだような曲。
私はきっと、これからの人生で楽しい時も悲しい時もこの曲を聴くと思うし、どんな感情にも寄り添ってくれる曲だと思う。

3.WanteD! WanteD!
リリースされた当初はこんな曲もやっちゃうんだ!という驚きとワクワクでいっぱいだったこの曲も、今ではライブの定番曲で聴くと安心感さえ覚える。
リリースされてすぐにライブで何度か聴いて、その後ライブに行けずFCライブで久しぶりに聴いて改めてこの曲ってやっぱり凄いな~と思った。単純に盛り上がれるというか、キラーチューンだなと思った。
アルバムの中でもそういう役割をしていて凄く良い。

4.アウフヘーベン
“パブリック”のアンサーソングという事で、かなり楽しみだった”アウフヘーベン”。イントロの涼ちゃんのピアノが凄いと聞いてたけど、本当に凄い。元貴さんが高2の時に作った曲だから、その頃の言葉の選び方だったりが懐かしくて、Progressiveとかを思い出す。今のミセスも大好きだけどミセスを好きになった頃のこの感覚もやっぱり忘れられない。

5.はじまり feat. キヨサク from MONGOL800
元貴さんが音楽を始めるきっかけとなったMONGOL800のキヨサクさんとコラボした”はじまり”。「あの日の泣いている僕を 励ませる歌唄おう」という歌詞の「僕」はおそらく元貴さんの事で…こんなの聴いたらファンはもう…泣き崩れます…。と同時に夢は叶うんだって事を教えてくれる、勇気をくれる曲。

6.They are
この曲はもう…泣き崩れるどころじゃない…。
元貴さんが憂いという感情を普遍的な言葉でここまでストレートに書いた歌詞って今までにあっただろうか。憂いを描く時の元貴さんの歌詞はどちらかというと何かに例えたり、抽象的だったりするなと思っていたから「今日もただ“独りで寂しい”と君の前で思ってしまう」とか「名誉じゃなくていい お金なんかは後でいい」とか、それ以外にも全編通してストレートな歌詞で驚いた。

7.WHOO WHOO WHOO
“They are”の後にこの曲ですよ…。
振り幅!!
この振り幅こそがMrs. GREEN APPLEという気もしますが、どれだけ私を混乱させれば気が済むんですか!(褒めてる)
昨年のMEET YOUツアーで初披露された時に「音楽のノリ方は自由でいいんだ」というニュアンスのMCがあって、この曲はまさにそういった事を提示する曲だなと思う。難しい事を考えずに身を委ねて純粋に盛り上がれる曲。

8.スマイロブドリーマ
「Yeah!!! 間違っちゃうくらいがいいね        Yeah!!! 躓いちゃうくらいがいいね」
という歌詞にどれだけ救われた事か。この曲の歌詞は、小さな事で悩みすぎてしまう私の心を優しくほぐしてくれる。

9.SPLASH!!!
ミセスのポップセンスが爆発した一曲。”StaRt”や”Speaking”を彷彿とさせるサウンドが懐かしく、デビュー当初のミセスを思い出させる。これを聴いて懐かしいと思うのも不思議な感覚で、当時はむしろこういったサウンドの曲が増えていくものだと思ってた気がするな。

10.REVERSE
2016年の冬、In the Morningツアーで初めて披露されてからずっと音源化されるのを待ってた!やっと!!
ラップ調というのかな、今までになかった曲調で初めて聴いた時から大好き!!
ライブバージョンよりパワーアップしてて、ちょっと具合悪くなるくらい毒々しさが増してる。(褒めてる)

11.Coffee
だいぶ前に元貴さんのインスタでサビだけ公開されてた”Coffee”。インスタに上げてた音源とは全く違うジャズ的なアレンジで、お洒落だけど儚くて切なくて。これもどちらかといえば”They are”と同様にストレートな歌詞だなと思った。

12.On My MiND (Album Version)
「貴方はね貴方だけのね
道を歩めている しっかりと歩めてるよ」
そうであったらいいな。もし今がそうじゃなかったとしても、そうあれるように頑張ろうと思う。

13.どこかで日は昇る(Album Mix)
この曲の歌詞を改めて見返して、なんだか昨年はずっとこんな事を思ってたなと思った。当時はぐちゃぐちゃな感情の中にいて冷静になれなかったけど、冷静になって改めて聴くとこの曲の歌詞は昨年の私が思っていた事の全てが詰まっている。これは昨年の私のテーマソングと言っても過言ではない。それくらい大きな存在。

以上、13曲の超個人的全曲レビューでした。
幕張メッセ2daysやミュージックステーションへの初出演も決まり、どんどん手の届かない存在になりつつある彼等。
あんなに近くでライブを見ていたのに今やテレビの中の人のようで寂しさもありますが、こうやって新しい作品で「あぁ、良い意味で何も変わってないな」と思わせてくれるからもう大好きを通り越してしまいそうです。
寂しいからって嫌いになんてなれるはずがない。
私はきっと死ぬまでずっとMrs. GREEN APPLEの音楽を聴き続けるだろう。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい