1525 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Aviciiを聴けなくなった日

でも僕は、Aviciiが好きだ

驚いた。本当に驚いた。

4月21日に報道された、Aviciiことティム・バークリングの訃報。あまりにも突然のニュースであったし、今も信じられない、というのが正直なところである。

僕がAviciiを聴き始めたきっかけは、某動画サイトで観た『Wake Me Up』のPVからだった。カントリー調のギター、キラキラなシンセ、破壊力抜群のサビ……。

『Wake Me Up』は今まで聴いたどの音楽とも違う、ポップでポジティブな雰囲気に満ち溢れていた。衝撃を受けた僕はすぐにアルバムを買い、毎日聴いた。

『True』、『Stories』の2枚は、間違いなく最高のEDMアルバムであったし、2017年に発表された『Without You』も、少し憂いを帯びた作品ではあったが、大好きだった。まさかこれが生前最期の作品になるとは思ってもみなかったが……。
 

……訃報を知った僕が最初に取った行動は、『Wake Me Up』を聴くことだった。本来ならば自然に体が動き出すはずなのだが、この日は違った。

「あれ……?」

何かがおかしい。気分が高揚しない。

トム・ペティ、チェスター・ベニントンなど、洋楽を代表する有名ミュージシャンの死。去年から立て続けに起きた訃報の数々に、僕は「悲しい」と思ったものだ。だがAviciiは違う。不思議にも、悲しさはなかった。代わりに、心にぽっかりと穴が空いたような喪失感だけが、心を支配していた。

そのとき気付いた。「ああ、俺Avicii大好きだったんだ」と。

ティムが腕を高く挙げ、リズムに合わせて手をパーとグーの形にしながら観客を煽る姿。『Avicii JAPAN TOUR 2016』東京公演にて、「トキオーッ!」と高らかに叫んだ姿……。彼の言動全てが、テンションを上げようと試みる僕の体をガッチリと固めていた。

これからはAviciiを聴いても、以前のように純粋に楽しむことは出来ないだろう。でも相変わらず、毎日聴くのだろうなと思う。

僕は忘れない。4月21日を。

この日は、Aviciiを『Aviciiとして』聴けなくなってしまった日なのだから。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい