1240 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「負から正の走光性」を胸に

ASIAN KUNG-FU GENERATIONと受験と高校生の自分

ASIAN KUNG-FU GENERATIONにハマったのはもう5年も前のことになる。
高校3年生の夏の頃だった。
当時は毎日のように大学受験に向けて予備校で自習をしていた。
そんなある日のことだった。

その日は、勉強が煮詰まり、モヤモヤとしていた。
音楽でも聴いて気分を変えようと、イヤホンを耳に挿してiPodをシャッフル再生。
再生されたのはASIAN KUNG-FU GENERATIONの”リライト”。

「そういえば半年前くらいに”BEST HIT AKG”を借りてiPodに入れたな。
一周聴いたくらいであまりちゃんと聴けてないな…。
まあ、”リライト”はさすがにわかるけど。
久しぶりに聴いてみるか。」

そんなことを思いながらそのまま聴いていたら、ガツンとやられた。
あれ、こんなに半端ない衝撃を与えてくれる曲だったっけ……。
その時抱えていたモヤモヤをすっ飛ばしてくれるような、その痛烈な叫びに快感すら覚えた。
音楽を聴いていて、かつてなかった感覚だった。

たとえ同じ音楽であったとしても、聴くタイミングによって自分の心に刺さる時と刺さらない時がある。
まさにこの時は、”リライト”が痛烈に刺さった瞬間だった。

この時の衝撃が忘れられなくて、僕はもう一度味わうために”BEST HIT AKG”をちゃんと聴くことにした。
しかし”BEST HIT AKG”の他の収録曲は想像とは少し違った。

「あれ、”リライト”みたいに叫んでる曲が意外と少ないぞ……」

当初の僕の期待とは異なっていたけれど、それでもやはり曲はどれもとても良いことに変わりはなきった。
何回か聴いてるうちにどっぷりとASIAN KUNG-FU GENERATIONにハマっていくことになる。

その中でも特にハマったのがアルバム”ファンクラブ”に収録されている、”バタフライ”だった。
中でも、サビで登場するフレーズ、「負から正の走光性」をとても気に入った。

「正の走光性」とは、一部の動物が持つ光に向かって行く習性のことである。
「負から正」ということは、暗いところから光に向かうという意味である。

僕はこの歌詞を大学受験に向けて日々努力する自分自身と勝手に重ねていた。

最初は受験について何も知らず、右も左もわからない、いわば暗闇の中にいた自分が、次第に様々なことを身につけて合格という”光”へと向かって行ってる様のように思えたのだ。

結果として、このフレーズは受験期における自分のキャッチコピーとなり、”バタフライ”は大学受験におけるテーマソングになった。

結果が出ないとき、不安になることもあった。
それでも愚直に”光”に向かっていれば報われるはずだ。
この曲を聴いて自分をそう奮い立たせて、机に向かい続けた。

そうしてすべての受験を終えて結果が出揃った3月に、僕は当時こんなことを書き残していた。
 

(以下当時の文章からの引用部)

「暗闇の先の霞むような光
負から正の走光性
荒んだ僕は蝶になれるかな」
(バタフライ/ASIAN KUNG-FU GENERATION)

“走光性”というのは、生き物の光の刺激に向かっていく習性のことだ。

1年前の3月、予備校に入った頃の自分を思い出す。
あの頃の僕にとって第一志望の大学に合格することなんて、それこそ”暗闇の先の霞むような光”のような僅かな可能性だったように思える。

それでも予備校の先生たちに導かれ、光に向かっていくすべを覚えた。
友達と励まし合って暗闇の中を駆け抜けていった。

ただ一筋の光に向かって。

飛べそうにもなかった”荒んだ僕”は、見事”蝶”になれたのだ。

「負から正の走光性」、これはまさに受験期の僕のテーマそのものだった。

いつか挫折しそうになったら、このときの気持ちを思い出そうと思う。

スタートなんていつだって、どこだっていい。
やり方ひとつで人は変われるのだから。”

(以上引用部)
 

ASIAN KUNG-FU GENERATIONと共に駆け抜けた受験期。
今でもASIAN KUNG-FU GENERATIONを聴けば当時の不安な気持ちや、受かったときの嬉しさを思い出す。

そんな自分も、今では23歳。
新社会人だ。
また新たな”光”に向かって歩みを続ける日々が始まった。

いつか挫折しそうになったら、またこの曲を聴いて自分を奮い立たせようと思う。
「負から正の走光性」を胸に。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい