1004 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

阿部真央というアーティスト

明日晴れなくても言いたいこの事

私は阿部真央が好きだ。
と言っても、ファンになったのは最近の事だ。
だからこそ、最近好きになったなりにつらつらと書いていこうと思う。
多分、これから書くのは上から目線な、偉そうな感じで書いてしまうかもしれない。阿部真央さん、長年応援しているファンの皆さん、ごめんなさい。温かい目で見て下さい。

私が阿部真央を好きになったきっかけは、友人からの勧めだった。当時は阿部真央自体は知っており、いくつか楽曲を聴いた事もあった。しかし、それ以上でもそれ以下でも無かった。正直その時は、今のようにどっぷり肩まで浸かるほど好きになるとは微塵も思っていなかったが、友人がそれはもう強く勧めてくれた。
その中で(友人から半ば強制的に)阿部真央の楽曲を聴いていくうちに、女心だけじゃなく男心にまでも刺さる曲、思いっきり乗れる曲、はたまた儚さや悲しさ、悩みなどをストレートに感じ代弁してくれる曲など、本当に様々な角度から私の心に響いてきた。
こうして(まんまと?)友人の勧めに乗り、どんどん阿部真央にハマっていった。

そして、初めて阿部真央のライブに行ける事になった。そのライブは、今年4月6日に行われたライブハウスツアー「Closer」だった。
なぜわざわざ日付とツアー名まで出したのかというと、それだけそのライブが衝撃的で、一瞬にして心を奪われ、より阿部真央というアーティストに引き込まれたからである。
音源より何倍も感じる圧倒的な声量、力強さ、儚さ、楽しさなどの感情や気持ちを一瞬にして感じ取れる声色の多彩さ、MCの際に見せる等身大の阿部真央、全てが自分の中に強く響いてきた。同時に、シンプルでストレートに、「ファンになれて良かった」と心の底から思った。
永遠に色褪せることのない写真を持っているかのように、今もこれからもこのライブの事を忘れる事は無いだろう。

私に阿部真央を勧めてくれた友人に、この場を借りてお礼をさせて下さい。本当に感謝しています。ありがとう。今度飯奢ります。
そして阿部真央さん、これからも陰ながらではありますが、応援し続けていきます。ツアー頑張って下さい。そしてどうか健康には気を付けて下さい。
男心を代弁してくれるような、また男が聴くと耳が痛くなるような鋭い曲も、たまにで十分ですけど、待ってます。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい