1245 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

IN MY LIFE

Beatlesから繋がる思い出

「ときには立ち止まって
思い出すこともあるけれど

それ以上に僕はあなたのことを強く
愛していこうと思うんだ

 愛しい人生の中で
あなたのことを愛していこうと思うんだ」

洋楽翻訳【歌詞和訳】In My Life/The Beatles-インマイライフ/ビートルズ

数年前に潰れてしまった、
よく行っていたレコード屋の店長は言った、
ビートルズよりストーンズだ、と。
ビートルズは人並みに聴いて、
その素晴らしさも知っていたから、
気になった。

優等生と不良。
だがビートルズが来日した時は、
不良扱いされたし、

第二次世界大戦中、
本場アメリカのジャズが敵性音楽だ!と
弾圧され、こっそりラジオで聴くものだったが、今や大人の音楽。
時代と共に認識は変わるらしい。

その時代を生きていなかった僕は、
殆どが本で知った事ばかりだが、
歌手斉藤和義はデビュー曲
「僕の見たビートルズはTVの中」で、
移りゆく世の中を巧みに捉え、歌う。
彼はいわゆる、
リアルタイムのビートルズ世代でも、
ストーンズ世代でもない。
だがその影響力が楽曲の中では顕著である。

ある日、久々にビートルズを聴いてみよう、
と思った。名盤の誉れ高いラバー・ソウル。
針をレコード盤のA面に下ろし、
しばしの沈黙の後、
聴き慣れたあのギターサウンドと、
ポールの荒っぽい歌声が響いた。
B面の中盤、僕はいつも通り、
ジョンの優しい歌声に導かれて昔の彼女との、もう戻らない日々を回想していた。

「この曲の意味、理解しているの?」
僕は答えた、
いや、英語はからきし駄目なんだ。
彼女は何か言いたそうだったが、
それ以上の言葉はなかった。
今ならば、その理由がわかる。

彼女は豊かな感性の持ち主だった。
ユーモアがあり、
人の悪口は決して言わなかった。
僕は彼女から多くを学んだ。
僕等は2年半付き合って別れた。
僕から別れを一方的に切り出して。

その時、彼女の瞳に溜まっていた涙が、
恋の幕が降りるように、すーっと頬を伝った事をいまだに覚えている。

彼女は今、愛する人と幸せに暮らしている。
僕はレコードをジャケットに仕舞った。
外は良く晴れていて、部屋の窓からベランダの洗濯物が、風に揺れているのが見える。

今の僕は幸せか、と問われれば、少し迷って、
Yes,と答える。

「ときには立ち止まって
思い出すこともあるけど

それ以上に僕は今を強く
愛していこうと思うんだ

愛しき人生の中で
あなたを愛したことを忘れない」
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい