1004 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

何人たりとも偽れない、これがlynch.の音

アルバム『SINNERS-no one can fake my bløod-』を聞いて

「これ本当にベースだけ録り直したの!?」
それがlynch.の新譜『SINNERS-no one can fake my bløod-』を初めて聞いた時の第一印象だった。
リミックスを施しているとはいえ、本当にベースだけを録り直した作品なのかと思わず疑ってしまった。それくらいどの曲も原曲とはまったくの別物に感じられたからだ。
世のベースプレイヤーの方々に怒られてしまうかもしれないが、まさかベースひとつでこんなにも曲の印象が変わるとは正直まったく思っていなかった。

この『SINNERS-no one can fake my bløod-』は、昨年の明徳(B.)不在時に製作された『SINNERS-EP』と『BLØOD THIRSTY CREATURE』を明徳のベースにリテイクし、さらにリミックスを加えた作品である。
「no one can fake my blood」とは「誰も私の血を偽れない」とでも訳すのだろうか。
ここで言う「bløod」とはおそらくバンドの誇りのことを指しているのだろうと想像する。
『SINNERS-EP』ではモノクロだったジャケットも、この『SINNERS-no one can fake my bløod-』では色が付き、まるで血飛沫を浴びたかのように赤く彩られている。

アルバムはインスト曲の『SIN』で幕を開ける。
一度水底に沈んでから、何かが新たに始まる──そんな印象を受けた。それは2017年にlynch.が置かれていた状況とどこかリンクする。
次の『SORROW』でもやはり何かが新たに始まるような印象を受けた。原曲は悲しいだけのメロディーに聞こえたのが、こちらは光さす希望の歌のようにも感じられるから不思議だ。
快進撃のように駆け抜ける『BLØOD』、〈欠落をかかげ〉という歌詞が今改めて胸に響く『BLACK OUT DESTROY』は破壊力抜群で、でもサビでは優しいメロディーと疾走感が共存する、lynch.特有の不思議な魅力を持つ曲だ。
『KALEIDO』は元から綺麗な印象の曲だったが、綺麗さがさらに増して、雪が降っているイメージを浮かべた。
個人的には『EXODUS-EP』収録の『BE STRONG』も雪が降っているイメージが浮かぶ曲だが、『BE STRONG』が悲しみの雪が降り積もるイメージなのに対し、こちらはクリアな雪の結晶というイメージで、別れを歌った悲しい歌詞ではあるものの悲観的ではない印象を受ける。
『THE WHIRL』はベースの音が低くうねるように響く。葉月(Vo.)はまるで一人言のようにブツブツと歌っていたかと思えば、サビでは〈笑えよ この二人を どうか〉と切なく狂おしく歌い上げる。狂気と綺麗なメロディーが共存する、これもlynch.特有の曲だ。
lynch.の魅力のひとつは、ひとつの曲の中に凶暴性や狂気をはらんだ攻撃的な激しさと綺麗なメロディーが共存しているところだと思う。
『CREATURE』はカウベルの音が印象的な曲だが、それだけではなく晁直(Dr.)のドラムの音に明徳のベースの音がまるで蛇のように絡みつく。途中明徳のスラップも炸裂し、原曲と比べてより攻撃的な曲になっている。
原曲と比べてベースが重すぎず聞きやすくなった印象を受けた『DIES IRAE』。だが、ただ聞きやすくなっただけではなく、葉月の歌を筆頭に、より凶暴で攻撃的な曲になった。ベースのズシッと地を這うような音がたまらなく好きだ。
『TRIGGER』では多彩なギターの音とうねるようなベースの音が絡み合い、ベースがうねりを増していくにつれ、それに比例するかのように曲も最高潮に盛り上がっていく。
昨年『TRIGGER feat. J』としてミュージックビデオにもなったこの曲だが、玲央(G.)のギターソロから悠介(G.)のギターソロ、そして明徳のベースソロへとまるでバトンをつなげるような各弦楽器陣の見せ場である間奏で、明徳は大先輩にリスペクトを込めつつ、J(LUNA SEA)のベースソロとの違いを明確に出した。これは明徳の出したひとつの答えだと思った。

アルバムを全体通して聞くと、明徳のベースがより低く、うねるような音になっているのがわかった。
そしてベースの音が出るところでは出るが、決して出すぎてはいない。

正直、私にとって『SINNERS-EP』と『BLØOD THIRSTY CREATURE』はあまり聞き返すことの少ない音源だった。
それがこの『SINNERS-no one can fake my bløod-』で一気にどの曲も好きになった。
それはやはり明徳のベースによるところが大きいと思う。
lynch.はこの5人でないと。そう改めて思った。
葉月があるインタビューで言っていた「音の面でも明徳が重要」という言葉を再認識した。
これがlynch.の音だ!とはっきり主張したアルバムであり、またそれを証明したアルバムだと思う。
だからこそ今このタイミングで出すことが重要だったのだ。
何人たりとも偽れない、これがlynch.の音だと。

この『SINNERS-no one can fake my bløod-』を「再録だからいいや」などと思っている人は損をしていると思う。
lynch.はこの5人の音じゃないといけないと思う名盤だからだ。
そして新しくlynch.を知った人にはこれを聞いて欲しいと思う。
これはlynch.の入門盤とも言えるかもしれない。
9曲という曲数ながら収録時間の面や音の面でも聞きやすくなっているのと、もうひとつ、価格面でも手を出しやすいと思うからだ。

私は最初にこの『SINNERS-no one can fake my bløod-』のリリースを知った時、『SINNERS-EP』で手を貸してくれたベーシストの皆さんに失礼なんじゃないかと思った。
しかしそう考えることのほうが実は失礼だったのかもしれない。
2017年のlynch.に手を貸してくれたベーシストたちにリスペクトを込めながら、明徳は自分のアレンジで『SINNERS-EP』と『BLØOD THIRSTY CREATURE』の楽曲たちを見事にブラッシュアップしてみせた。受けた恩を音で返した。これが明徳の、いや、lynch.の出した答えだ。

また、この『SINNERS-no one can fake my bløod-』のリリース発表に合わせて公開された、久しぶりの5人体制となったlynch.のアーティスト写真を初めて見た時、嬉しさと同時に、学生時代に理科の授業で見た心臓模型を思い出した。
赤は動脈、青は静脈だと教わった。
その写真──現時点での最新のlynch.のアーティスト写真は、赤く写ったメンバーと青く写ったメンバーがひとりずつ半分重なるようにして写っている。
一目見た瞬間、まるで動脈と静脈のようだと思った。
そのようなところがタイトルにある「bløod」にふさわしいと、そう思う。

いつだったか葉月はlynch.のことを「闇属性」のバンドだと表したことがあった。
2017年のlynch.はまさに闇の中にいるような状態だっただろう。
だがlynch.は闇の中から希望をこじ開けた。闇さえも希望に変える。それがlynch.だ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい