1450 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

私たちは全員、社会の奴隷である

日本マドンナ、6年振りの新曲を聴いた

日本マドンナが再結成。なんとも嬉しいニュースだ。これほど心踊る再結成は本当に久々な気がする。
 

僕が最初に彼女たちの存在を知ったのは、某動画サイトで観た『生理』という曲だった。
 

望んでもいないのに周期的に発生し、世の女性たちを苦しめ続けるそれは、決して大っぴらにできる言葉ではない。少なくとも僕は女性から「私生理なんだよねー!」などといった話はされたことがないし、常に存在をひた隠しにされるべきものなのだ。
 

しかし彼女らは、そんな本来言えないことを、全力で歌ってのけた。
 

〈ああ 女はいつでも 男に散々負けてきた!!!〉
 

〈でも こんな 生理のある内は 負ける気がしない!!!〉
 

音質は悪いし、演奏もうまいとは言えない。だが、赤裸々な感情を吐き出し、どしゃめしゃな音の塊でぶん殴る姿は、僕の耳に大きなインパクトを残した。
 

こんな野性的な音楽を鳴らすガールズバンドは、現代にどれだけいるだろう?
 

他にも彼女らが高校生時代(!)に作った代表曲『幸せカップルファッキンシット』、痛烈に皮肉る『死ねと言われて安心した』など、独創的な楽曲を数多く発表したが、2013年のラストライブを持って、4年間のバンド活動に終止符を打った。はずだった。
 

そんな彼女たちが5年の時を経て再結成。その最初の第一歩が、新曲『社会の奴隷』のPVだった。
 

めでたい。めでたいのだが、正直不安だった。
 

バンドを解散し、一度は社会に出た彼女たち。歌詞も丸くなり、ポップな路線に変わった可能性も十分にある。そんな一抹の不安を抱えたまま、再生ボタンを押した。
 

〈月火水木金土働く 私は社会の奴隷だ〉
 

〈上から言われりゃハイハイ聞いて 会社は燃えりゃしないぜ〉
 

いやいや、全然変わってない。それどころか数年間の社会人経験を詰んだことで、社会に対する怒りはとんでもなく大きくなっていたようだ。歌詞はより直接的になり、鋭さを増している。恐れ入った。
 

先日ボーカルのあんなは、自身のブログにて「ニッコリ騙して生き延びるより中指立てて死んだほうがマシだし、不幸や苦しみは飾るもんじゃなくてエネルギーにしてやる」と語っていた。
 

人間誰しも、本当の自分を出せないものだ。特に会社という組織ではそれが顕著で、みな偽りの仮面を被り、媚びへつらう。『チームワーク』というのは逆に言えば、足並みを揃えられない人間は淘汰されるという意味に等しい。
 

だから上司の理不尽な命令にも耐えるし、つまらない仕事にも身を粉にして働く。社会の中で自分を殺して生きている人の、なんと多いことだろう!
 

だが日本マドンナは違う。内心では辛い、苦しいと悩んでいる人に対して「お前は悪くない!社会なんてクソ食らえ!」と背中を押してくれる。かなりひねくれてはいるが、僕は『社会の奴隷』は最大級の応援ソングだと思うのだ。
 

と、ここまで書いたが、じゃあ自分はどうだと振り返る。明日は朝からバイト、しかも棚卸しで残業が確定らしい。うん、立派な社会の奴隷だ。畜生め。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい