1384 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

マイヒーローと日本武道館

SUPER BEAVERと私

いよいよこの日がやってきた。

2018年4月30日、SUPER BEAVER
都会のラクダSP 日本武道館

当日のセットリストやライブ内容は、各音楽情報サイトより素晴らしいライブレポートがでているので、私は自分の感じたことを音楽文として残したい。

「いつか武道館に立ってほしい。」

発表のあるずっと前からそう思っていた。きっと同じように感じていたSUPER BEAVER(以下ビーバー)のファンは多いのではないだろうか。

武道館という場所が音楽家にとってどういうところなのか私には想像もつかない。
誰もが一度は夢に見る場所、目標にする場所のひとつなのではないかなと思う。

武道館にライブを観にきたのは今回が初めてではない。けれど、ビーバーが武道館に立つって意味は私の中でこれまでのライブとは少し違っていた。

ビーバーの音楽は私の生活の一部といえる。
迷いがあるとき背中を押してくれ、つらいときに寄り添ってくれ、嫌いになりそうな自分を優しく肯定してくれる。

私にしか分からないたくさんの想いがビーバーの音楽には詰まってる。

彼らの放つ音楽に、その言葉に、何度も何度も救われてきたんだ。

だからこそ、日本武道館という特別な場所にビーバーが立つということを特別に感じたのかもしれない。

開演前に遠く感じたステージは、彼ら4人が現れるとその距離を全く感じさせなかった。
物理的な距離が離れても、近くに感じることができるのはビーバーのおかげなのか、私が好きすぎるのか。おそらくどちらも正解だろう。

どこにいたって届けてくれるバンドであることには違いない。

ビーバーの音楽は不思議と自分のために作られた曲のように聴こえてくる。私と同じように感じる人はたくさんいるかもしれない。
本当は誰のために作られた曲なのだろうか、きっとそれはビーバーがよく言う「あなた」。
そのあなたに私もちゃんと含まれていた。

日本武道館公演は本当に素晴らしいものだった。ライブパフォーマンスはもちろん、武道館ならではの特別な演出もあって、ビーバーの曲がいつも以上に意味を持って伝わってきた。

そして、「武道館公演おめでとう、いつも支えてくれてありがとう。」と、言葉にしなくてもそういった想いや愛が色んなところから溢れでているライブだったようにも思う。

会場ではステージを真っ直ぐ見つめる人、何度も涙を拭う人、タオルを力強く握りしめる人、そんな人たちをたくさん見かけた。
彼らの姿をみて、ビーバーの音楽に救われているのは私だけではないことにこの日改めて気づかされた。

私にとって大切なビーバーは、その人たちにとっての大切でもあった。

何だかそのことがすごく嬉しかった。

みんながそれぞれ、ビーバーの音楽と自分自身を少なからず重ね合わせているように思う。
それは嬉しいときだけでなく、泣きたいときもそう。
自分に向き合うことは結構なエネルギーを使うし、正直向き合いたくないことの方が多い。

それでもビーバーを聴くのは、今の自分を信じたいし、本当は逃げずに向き合いたいからなんじゃないかな。

と私は思う。

日本人でなければおそらく出会ってなかったと思うSUPER BEAVER。

日の丸の下に彼らが立った日。

それは”美しい日”であり、そこには紛れもなく”素晴らしい世界”が広がっていた。

今の時代に生まれて良かった。
そんなことを思う理由のひとつに間違いなくSUPER BEAVERの存在がある。

この日からまたそれぞれが新しいスタートをきった。私は何か特別なことを始めたわけではないけれど、また一歩ずつ自分らしく進んでいきたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい