1252 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ELLEGARDENに救われる人生

止まっていた時間が動き出す瞬間

その知らせは突然だった。
 

「ELLEGARDEN 10年ぶりのライブツアー決定!」
 
 

平凡に終わるはずだった2018年5月10日は、この知らせでELLEGARDEN活動再開の発表日となり、日本中のエルレファンを笑顔にした。
わたしもその中の1人で、誰かに嬉しさを共有したくなって、友達に連絡した。
街中の人全員に知らせたいぐらいだった。
 

わたしは急いで背負っていたリュックからイヤホンを取出し、耳につけ、Supernovaを流した。始まりの合図だ。止まっていた時間が動き始めたのだ。
 

生のエルレをわたしは観たことがない。
CDを聴けば、DVDを観れば、そこにいるELLEGARDENをわたしは知らないのだ。
何度もDVDを観て、その度にもう少し早く生まれたかったと思った。
この景色をわたしも観てみたいと何度も思った。
だけど不思議と、エルレの曲を聴くとその時代にタイムスリップしたような、懐かしい気持ちになるのだ。
色褪せずに、止まっていた時間さえもわたしは大好きだった。
 
 

気づけばエルレを好きになってからずっと、ELLEGARDENに救われる人生だった。
暗闇でMiddle Of Nowhereを聴いていたあの日も、Lonesomeを聴いていたあの日も。
わたしの青春にはいつもエルレが一緒だった。
活動休止中にエルレを知ったわたしを、画面越しにしかライブをみたことのないわたしでさえも、こんなにも虜にしてしまうELLEGARDENの力は、音楽の力は、どれほど無限大なのだろうか。
 
 

21歳になったわたしは、ライブハウスに通うようになり、たくさん仲間ができた。
ELLEGARDENを待つもどかしさを、共有できる仲間ができた。
5月10日の宮城の空は、雲一つなくて、星が綺麗で、スターフィッシュがよく似合う空だった。
 

“こんな星の夜は すべてを投げ出したって
どうしても 君に会いたいと思った”
 
 

エルレが大好きなみんなに、すごくすごく会いたくなった。
 
 

朝起きて、エルレが活動再開することが信じられなくてオフィシャルサイトをみた。どうやら活動再開は本当らしい。
何度みても、嬉しくて、涙が溢れる。
 

東北で、わたしが生まれた宮城で、ELLEGARDENが観れるかもしれないこと、実感がわかない。
このツアーの日程に東北を組み込んでくれたこと、嬉しくて嬉しくて言葉にできない。
活動休止後もたくさん東北に来て歌って、わたしたちを笑顔にしてくれた細美さんには感謝してもしきれない。
 
 

動き始めた新たな時間、新たなELLEGARDEN
わたしはこの時代に生まれて本当に良かった。
昨日からはそう思っている。
なんてったって、わたしはELLEGARDENの第2章をこれからは観れるのだ。
 

どんなに嫌なことがあっても、乗り越えられる自信がある。
大好きなELLEGARDENがライブハウスに帰ってくるのだから。
 
 
 

おかえりなさい、ELLEGARDEN。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい