1385 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ELLEGARDEN

親愛なる我が指針へ

大学3年生がちょっとお休みして海外留学に行くようなもんで〜

あの日彼はそう言って笑ってた。

復活!という表現はちょっと違うのかもしれない。だって、彼らは死んでなかった。そして僕らも彼らは必ず約束を果たすと信じていた。いや知っていたのだから。

待ってたよ。おかえり。
 
 

僕が彼らに出会ったのは高校生の頃だ。荒削りだけど、まっすぐで強くてとにかくかっこよかった。その頃から憧れていた。あんな風になりたいと。
それはバンドマンになりたいという憧れではなかった。僕には僕の夢があり、僕には僕が立つべきステージが待っていた。そのあり方に、生き方に憧れた。
彼らは僕の良き先輩であり、先生であり、にいちゃんだった。
呆れるくらいに彼らのCDを聴き、呆れるくらいに映像を見ていた。でも、ライブには行けなかった。ガキの頃の僕はライブハウスがこわかったのだ(笑)
細美くんはよく言ってた。辛くなったらここにこいよ。ここはおめーらの場所だって。
成人して、憧れの職についた僕は分かってはいたけど、うまくいかないことの連続だった。辛いことも沢山あった。そこで思い出した。

  ここはお前らの場所

勇気を出して踏み込むと、なるほど確かにそこは僕の家だった。仕事で実家から離れた僕に、ライブハウスは友達を、笑顔を沢山用意して待っていてくれた。その頃、もう彼らの活動は休止に入っていたが、憧れは強くなり、彼らに負けないようにおれはおれの場所で頑張る!と思えるようになった。
 

辛い時は音楽が支えてくれる。これも細美くんが言ってた。僕の人生も音楽に支えられてばかりいる。

ほら、僕の生き方や辛さの乗り越え方。君たちに教えられたことばっかりなんだよ。

彼らの魅力は、それぞれは問題を抱える人間で決して強くはない。というところだと個人的には思っている。でも、その四人が集まれば圧倒的にカッコいい、最強になれる。それが彼らの魅力であり、僕の心を突き動かす。これって、バンドマンの魅力そのものだと思うのだ。

休止した後、彼らは止まらなかった。the HIATUS 、MONOEYES、NCIS、MEANING……………それぞれ、今できることしたいこと、しなければいけないこと。それを見せてくれた。そんな今までを全て食らって、消化して、なにかを捨て、なにかをずっと抱えたまま、彼らはまた僕らの前に立ってくれる。
肉体も精神も技術も、あの頃とは違う。でと、きっと、あの頃と変わらない笑顔で僕らの前に姿を見せてくれる。そして、僕らも心も体も随分成長したけど、きっと彼らとおんなじ顔をしているのだろう。

約束したもんね。Supernovaから始まるライブで会おうって。その曲に乗せて、おれもいっぱい笑顔で伝えるよ。

ライブハウス来れるようになったんだ!あの頃みたいなビビリじゃないぜ!あ!就職できたんだ!憧れの仕事に!だからさ、おれは負けないよ!みんなにぜってー負けないからな!そんでさ、そんでさ!
 

おかえり!!待ってたよ!!!
 
 

追記だが、僕と細美くんは一回り歳が違う。僕も先輩になり、一番下の後輩とは一回り違う。毎日、おれが細美くんに憧れたように、後輩たちにはおれはそんな風に見えるかな。そう思われるように生きていこう。そんなことを思いながら日々過ごしている。
いつまでたっても追いつかないが、いつかはあんたらを越えるからな。憧れは越えるためにあるものだと思うから。
 
 

親愛なる我が指針、やっとコンパスが進路を決めた。どこまででも連れてけよ。
 
 

おかえり。待ってたよ。さぁ出発。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい