1087 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

運が良いってなんだろう。

BRAHMANが教えてくれたこと

ただの紙切れと化したチケット。
代わりに詰め込まれた希望もしていないスケジュール。

ライブの予定をキャンセルせざるを得ない時
深い失望と倦怠感が襲う。

つい先日も楽しみにしていたライブを諦めた。
母親となり、仕事をかかえ、
やりたいことよりも、やらなければいけないことを優先する生活は、とても窮屈だ。
 
 

ライブハウスやフェスだけが自分を解放できる場所。
と言ってしまうと家族には申し訳ないが
自分に嘘はつきたくない。
とにかくライブという楽しみがあるからこそ、日常を頑張れるのは確かなのだ。
 

ライブを泣く泣く諦めた可哀想な私は
焼肉やら寿司で誤魔化そうとしたが
もはや咀嚼すら億劫なほど、ライブ以外なにもかもがめんどくさい正真正銘のダメ人間となっていた。
 
 
 
 

そんな中、もうひとつ楽しみにしていた最後の砦
ブラフマンのライブat福岡ドラムロゴス。

私はこのライブでひとつ決めていたことがあった。
決して観やすい場所を守るためにしがみつかないこと。

ここを離れてなるものかという考えに脳が征服されると
その瞬間から音楽を心から楽しめなくなる気がする。
何がなんでも前へ、という気持ちは捨てて
その時の感情に任せて身体を動かそうと思った。
 
 

しばらく落ちついて観たあと
TOSHI-LOWがマイクスタンドごとモッシュゾーンに飛び込んできた時
いつもならば月曜から始まる仕事が頭に浮かび
怪我を恐れて安全地帯に避難する。

けれどこの日ばかりは身体が前に動いた。
TOSHI-LOWに群がる屈強な男子たちから、時にグーパンチを食らい、時にダイバーのスニーカーが頬をえぐり脳が揺れたが
私は負けなかった。

おかげで、いつも遠くから眺めるだけだったTOSHI-LOWと
それを下で支える勇者たちを近くで観ることに成功した。
鬼に少しでも近付こうとする人の波が寄せては返し
転んで撤退する人もいたが
鼎の問では鬼の汗が顔面に降り掛かる距離にまで到達し
私はしばらく洗顔を控えたいほど
この上ない幸せな気持ちになった。
 
 
 
 

行きたかったライブを諦めた。
日常はしんどいし世間は世知辛い。
色々な鬱憤があったが、それを吹き飛ばすくらいのパワーがブラフマンにはあって
もう充分満足だった。
 

ところがブラフマンはそのまま私を帰さなかった。
 

九州北部豪雨で被害を受けた朝倉に
TOSHI-LOWは足を運び
直に惨状を目に焼き付け、朝倉の人達の声を聴いている。
 

出産前の帰省中、流された女性の話。
 

運が良いってなんだろう。
運が悪いってなんだろう。
 

TOSHI-LOWが語りかけた言葉。
 
 

私は圧倒的に運が悪く、行けなかったライブの様子をSNSにアップする人達は絶対に運が良く
よって私は不幸だ
 

なんて凹んでいた自分にビンタしたい気持ちになった。
恥ずかしくてたまらない。

こうして音楽を聴けるのは
ライブに行けるのは
運が良いからなのだ。

仕事がしんどい?
仕事があるだけ、働ける身体があるだけいいじゃない。
たまには1人になりたい?
家族がいることがそもそも幸せなことなんだ。
 

自分の置かれている状況、環境を
運が良いと捉えるか悪いと捉えるかは自分次第。

幸せは自分の心が決めるのだ。
 

そんなことを思いながら満月の夕を聴いて
泣かずにいられるはずがなかった。
 
 

私もいい年だし、もともと頑固だから
人の言葉で簡単に心が動いたりしないけど
 

あれだけ被災地に足繁く通い、行動をおこしている人の言葉は信じたくなる。
説得力に溢れている。
 

こんなバンドに出会えた私は
最高に運が良いと
胸を張れる。
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい