1515 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

10年分の感謝を伝えに

おかえりELLEGARDEN

「全員笑顔にすっかんな:-)」

2018年5月10日18時。
たった一言。細美さんのブログが突然更新された。

ELLEGARDENの活動再開の報せ。
どれだけこの瞬間を待ちわびたか。
このたった一言でどれだけの人間が救われたことか。

思い返せば以前も細美さんの一言に救われたことがある。

2011年3月11日 東日本大震災。

あの日から数日間、避難所で過ごした。
ラジオから聞こえてくる現実に目を背けたくなった時は、避難所に持ち込んだ音楽プレーヤーで音楽を聴いて過ごした。

中でも特に支えになったのはELLEGARDENのの音楽だった。

無性に感謝を伝えたくなり、細美さんのラジオにメールを送ってみた。
すると、数時間のうちに返信がきた。

「すぐにそっち(東北)に行くから待っててくれ。」

その一言だけで、何も出来ない無力感で沈んでいた気持ちが一気に楽になった。

後から知ることになるが、この時既に細美さんは東北の復興支援に向けて動き出していた。
そんな多忙な中、自分だけではなく、周りに聞く限り、東北から送られてきたメールに対し返信をしていた。

その事実を知った時、本気で生涯ついていこうと思った。

正直に書くと、当時の細美さんは1ファンである私からみても心配になるくらい、精神的に参っている感があった。
余計なお世話かもしれないが最悪の事態を想像しては、そうならないことを強く願うほどだった。

原因は分からない。
でも少なからずELLEGARDENが活動休止してしまったことが起因しているのではないかと思った。

元気を貰いっぱなしの分、どうにかして恩返しが出来れば。
その頃から常に考えるようになった。

そんな中でようやくELLEGARDENが今年の夏に帰ってくる。
チケット争奪戦で行けるかどうかも分からないけれど、もしも運良くライブに行けるのであれば、今までの感謝を伝えてこようと思う。
 

私の人生には常にELLEGARDENが一緒にいてくれた。

大袈裟ではなく、ずっと一緒にいてくれた。

どうしようもなく嬉しい時も、
どうしようもなく楽しい時も、
どうしようもなく悲しい時も、
どうしようもなく寂しい時も、

ずっと一緒にいてくれた。
きっとこれからも。

ELLEGARDENに出会わなかった人生なんて考えられない。

4人に会えなかった10年間分の感謝を伝えてこよう。

おかえりELLEGARDEN。
ずっと信じて待っていたよ。
10年分の恩返しをしにいくよ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい